<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

<114> ゲイリー・ヤング氏の訃報と共に考えたこと

LSAの授業の中ではリサーチ・プロジェクトがあります。これはアロマテラピーに関する研究の中から興味のあるトピックを選んで各自が研究発表する方法で最終的には10,000字ほどのミニ卒論としてまとめます。これもやりかたがあり、まずはリサーチする方法から学ぶのですが、インターネットで出てくるものは本当でないことが多いので、どうやって真実を検討するかを学びます。

本になっているものも、同じテーマが書かれているものを何冊も読んでみると比較検討ができます。テンプル大学で勉強していた時に最後に論文を書く授業を1つ履修しなくてはならなくて、探してみると比較的簡単なクラスと最も高度なクラスの選択肢がありました。卒業目前の最後のセメスター(学期)なのでCNNやJapan Timesにも登場するジェフ・キングストン教授の最も高度な論文クラスを履修することにしました。タイトルが"Japanese Occupation in Southeast Asia during WWII"だったので、第二次世界大戦中の東南アジアにおける日本人の職業?と思い一応教授にメールをしたのですが、返事が全部化けていました(昔の話です)。もう一度送っても同じ。しょうがない、履修しちゃえ!で履修したら"Occupation"は「職業」じゃなくて「占領」のことで、日本が東南アジアを侵略、占領してどのようなことをしたか、ということだったんです。パイナップル畑の話ではなかったんですね。

何しろ大変な歴史の勉強をすることになりました。だって学校で何も教えてもらっていない話です。どうして私は何も知らないんだろう?と不思議に思いながら授業を受けました。先生はテンプル大学人気ナンバー1の素晴らしい教授で、特に男性の生徒たちは大ファンのようで、惚れ惚れと教授の話に聞き入っています。でもあるとき中国人の歴史家の書いた日本人の占領下での出来事をまとめた本を読む宿題が出て(英語版)、読んで驚き、ショックで、あまりにひどくて眠れない思いをしました。次の日の授業の前に先生に泣きそうになって「本当に日本兵がこんなことをしたんですか・・・」とヨレヨレになって聞きました。キングストン教授は冷静に「そうしたら同じことを書いた日本人の歴史家と、アメリカ人の歴史家の本があるから読んでみなさい」と指導してくれました。驚くことに日本人の本には全く違うことが書かれており、アメリカ人の本にはその中間のことが書かれていました・・・真実ってなんでしょう?この授業で学んだことは事実は書く人の立場によって変わるんだと気がつきました。だから1人の意見を丸呑みしてはいけない。多角的にクリティカルな態度で臨まなくっちゃいけない。これが大きな収穫でした。

デボラ・リップシュタット教授の講演がTEDにあります。映画「否定と肯定」に描かれていることですが、ホロコースト否定説と闘った歴史学者です。彼女の言葉に「物事には真実と見解、嘘があります」これは一度見ておくといいです。最初は朝日新聞の記事で読み、いたく感動しました。以下は字幕付きのショート・トークですが素晴らしいです(ここだけリンクがうまくはれないのでコピペしてください)
https://www.ted.com/talks/deborah_lipstadt_behind_the_lies_of_holocaust_denial?language=ja

私の言いたいことは、何を信じるか信じないか慎重になってほしいということです。フェイクニュースや怪しい健康法やサプリメント、疑わしい儲け話やネットワークビジネスなどいくらでも世の中にはあります。それが言葉巧みに私たちの恐れやコンプレックス、野望や怠け心に迫ってくるんです。それを見極めるって大事なことです。アロマテラピーの情報もそうです。脅すような言い方、なんでもわかっているような言い方、突飛な使用法、自分の売っているものだけが良いなど様々です。

よく皆に聞かれるアロマテラピーのネットワークビジネスについてですが、最近亡くなられたというゲイリー・ヤング氏の日本語版と英語版のWikipediaの情報です。英語版にはもっと詳しく書かれていますが、彼の会社のウェブサイトと比較すると雲泥の差があります。シュナウベルト博士の生徒だったと言う経緯もあり、お話は色々と聞いていました。ビジネスの天才と言えるかもしれませんが、アロマテラピー業界にはかなり問題視する人々は多いです。学歴詐称から無免許医療行為、逮捕などについても書かれており、2016年のアメリカのヤングリビングの200万人の会員の94%が1年間1ドル以下の収入だったと伝えています。2014年のFDAからの警告状も載せておきます。



アメリカ食品医薬局(FDA)からの警告状

それで何を信じます?


[PR]
by lsajapan | 2018-06-17 00:46 | 世の中のこと