<113> AAC-AAIC 2018 

6年ぶりにインドネシアに行き、ジャワ島のジョグジャカルタで精油の会議にスピーカーとして出席して来ました。カート・シュナウベルト博士とピエール・フランコム氏もいらっしゃり、楽しい時間を過ごすことができました。各自2回ずつプレゼンテーションがあり、活気のある4日間でした。
b0164641_02104652.jpg
シュナウベルト博士の精油の抗腫瘍作用についての講演
b0164641_02105464.jpg
ピエール・フランコム先生のインドネシアの薬用精油について
b0164641_02111813.jpg
アジル博士の講演です。インドネシアの伝統医学の研究をされており、
富山大学でも長く研究をされていたそうです。
 この講演では女性の一生を通した芳香植物やジャムウの使用についてでした。
私の香道の講演では司会を務めていただき、とても興味を示してくださいました。
b0164641_02044726.jpg
私の香道についての講演、前日には日本のアロマテラピーについて講演しました。
皆、自分の国と違うので驚いたり、思い当たることがあるなどのいろいろなフィードバックをいただきました。
b0164641_02042630.jpg
Q&Aコーナー。フランコム先生に中国の参加者からの質問殺到。司会のアジル博士はインドネシア人、お隣は韓国の美容外科のお医者様、私、フランコム先生の顔ぶれなのに中国語でマイクを持って質問してくるので、アジル博士は真っ青になって翻訳ヘッドフォンをヘジャブの上から付けて英語に翻訳。それも過酷な質問でフランコム先生がフーンと考え込み、一生懸命に答えていらっしゃる。1人1問ずつの約束なのに、その方は中国語でガンガンと3問も質問してました。
b0164641_02053166.jpg
いくつかのグループごとにセクションを分けて講演をし、
Q&Aの後は楯をいただき記念写真
b0164641_02245254.jpg
毎晩パーティーがあって、華やか。
これは最終日のプランバナンでのフェアウェルパーティー
b0164641_01562406.jpg
カンファレンスの後にはボロブドゥール寺院の日の出を3時起きで見に行きました。真っ暗闇でガイドさんが懐中電灯を照らして満月の下、ボロブドゥール寺院の敷地に入り、ジャスミンサンバックやイランイランの香りと共に少しずつ石の階段を登って行きます。しばらくすると、だんだん明るくなって来て、あちこちからアザーンが聞こえて来ます。ムラピ火山から朝日が登ります。あまりに素晴らしくて感無量。そしてバケットリストを1つ遂行完了。
b0164641_01321502.jpg
ジーンとしていると向こうから見たことのある人が・・・・あれれ?6年前にここにやって来た時にご一緒したシリッシュさん!「あれ〜前回ご一緒しましたよね・・・今回のカンファレンス来てたんですね〜」と向こうもびっくりで声をかけて来ました。すごい偶然。「どうしてここに?」と聞くと「ポスト・カンファレンスツアーでここに来ているんだよ」ということで、フェリさんとフランコム先生も少しするといらっしゃり、偶然の再会を喜びあいました。気の利くガイドさん「はい皆さん、朝日の方を向いて下さ〜い!」一生ものの写真が撮れました。アリトナさん、ありがとうございます
b0164641_01531850.jpg
おまけですが、ちょうど日曜日でインドネシアでは学期末にあたり、子供達がたくさんスクールトリップで来ていて、可愛い可愛い。なぜか珍しいらしく「セルフィー一緒に撮って下さい!」と言われ、パチリ。こちらもプライスレス。
b0164641_01595816.jpg
携帯操作にそれぞれ夢中になっていますが、それはそれで何となく絵になる光景。礼儀正しくて、元気でお利口さんです。
b0164641_02002264.jpg
他にもカユプテ・プランテーションに行ったり、素晴らしいパフォーマンスを見たり、踊ったり歌ったりと日々の生活からは離れた楽しい4日間でした。5月30日に報告会をしますので、ご都合がつく方はどうぞいらして下さいね!今回は大発見も多くありました。これからゆっくりまとめて報告しようと思います。





[PR]
by lsajapan | 2018-05-05 02:31 | 海外にて
<< <114> ゲイリー・ヤング氏... <112> ラヴェンダーに関する記事 >>