<87> スプリチュアリティとは その3

Hubblesiteより「カリナ星雲」
b0164641_1553137.jpg
地上では桜もきれいですが、やっぱり宇宙はすごいですね。

精油150種類とキャリアオイル30種類を書き終えました!まだレシピのページや最初の基本的な部分がこれからですが、メインの部分を書き上げて一安心です。出版するころにはまたセミナーをして、今回見つけ出した面白い精油の話をできればなと思います。本当にリサーチは楽しいです。それと共にワンダ・セラー氏の「ペトラ」という小説も校正の段階に入りました。翻訳が終わったのが1年以上前なので、少し時間がかかってしまっていますが・・・こんな感じなのでなかなか毎週ブログをアップできませんが、今回シリーズでご紹介して来たトピックを続けます。あともう1回続けて終了になりそうです。

************************************
<86>からの続きです:

中世
中世ではキリスト教が広まり、宗教心のあり方や信心深さをスピリチュアリティとしました。信者たちは三位一体の考えで神と子と精霊(Holy Spirit)の存在に祈ります。神はヤフウェ、子はキリスト、そして精霊とはミステリアスで強い風のような存在だと言われています。宗派で見解が違いますが、個人的に手助けしてくれる存在であったり、必要な時に囁いてくれる力を表すこともあります。精霊は人々と常に一緒にいて、心を自由に楽しく幸せに保つ助けをしてくれます。11世紀になるとスピリチュアリティは、より精神的なものを指し、物質や官能的な人生の側面と相反するものという考え方に変化して行きます。13世紀には社会的、心理学的な意味合いを持ちます。社会的には聖職者の領域を指し、心理学的には内面にある純粋な意図や動機、愛情、その性質などを意味しました。辛い時代を乗り越えるためには信心深さが必要で、それがその人のスピリチュアリティであり、神との関わりが強いヒーリング効果をもたらしました。
b0164641_1632220.jpg
ミュンヘンの教会にて
b0164641_1634282.jpg
これはミュンヘンの別の教会ですが、黒死病の時の恐怖を描いています。

近代
18世紀に科学が発達する前は、世の中の事象は物質世界を超えた天界や天使や悪魔の影響で起こると信じられて来ました。重力や細菌などの科学的な見解が出て来ることで、今までの考え方が大きく覆されます。それでもスピリチュアリティは人間社会の重要な精神性として残りますが、個人の考え方により迷信的にとらえられるようになってきます。一方、19世紀の終わりの世紀末には降霊術や交霊術などが流行し、エマヌエル・スウェーデンボルグ(17〜18世紀の科学者、神秘主義者)やヘレナ・ブラヴァツキー(19世紀の神智学者)などの著作がもてはやされました。神や天使との会話や死後の霊魂の存在、霊とのコミュニケーションなどを扱います。欧米社会でのスピリチュアリズムはキリスト教との兼ね合いが重要で、聖書の教えに背くことがあると、人々が離れて行ったり、協会側から弾圧される危険性は常にありました。この動向は「スピリチュアリズム」として扱われていますが、現在の日本での「スピリチュアル・ブーム」で扱われているのは、この「スピリチュアリズム」と「スピリチュアリティ」の両方が混在しているようです。意識をどこに置くかで次元が変わると言えるでしょう。
b0164641_154489.jpg
エマヌエル・スウェーデンボルグ
(私はサンフランシスコで1987年に結婚しましたが、結婚式をしたのがスウェーデンボルゲン・チャーチだったんですよ!すごく素敵なパシフィックハイツにある小さな特別な教会です…30年前なんて信じられません)

現代
1960年代のニューエイジ運動では、宗教色とスピリチュアリティが少し異なる意味合いに使用され始めます。内面の探究、精神世界との関わりが大きくとりあげられ、東洋文化を代表とする様々な異文化の様式を取り入れて悟りや目覚めを求めて瞑想や内省に励む人々が増え、一種のブームとなりました。流行ものには常に質の悪いグループがおり、ビジネスとしての悪用や新興宗教なども台頭して社会問題にまで発展しました。スピリチュアリティは他から与えられた形式で集団催眠的、自己陶酔的なものでも、雰囲気に流されてファッション的に行なうものでもなく、自分の内面との深い関わり合いが重要であることが理解されて行きます。でも人間は常に弱いもので、人生の辛い局面では高次の存在と思われるものに飛びつきたくなるものです。

********************************
それでは次回は最終回です。1週間〜10日くらいでアップする予定です。今回の一連の「スピリチュアリティとは」の記事は現在発売中の「アロマトピア」に載っています。他にも様々な終末医療に関する記事やグリーフケアについて、現場のお医者様たちのお話がたくさん載っており、じっくりと読めます。やはり生命や魂についてよく考えてみるのは大切なことですね。特に自分や家族が重大な病気にかかったときや、死と向き合わなくてはならないときのことなどが書かれています。

私も母との会話をたくさん思い出し、亡くなる1ヶ月くらい前に「亡くなった両親や兄さん、姉さんが皆一緒にいて、その家を訪ねて来たのよ」とその前夜に見た夢を話してくれました。今日は帰るからと言って、帰って来たのだけれど、お姉さんが門のところまで一緒に送りに出て来てくれて、いつまでもいつまでの心配そうに見ていたと話してくれました。そしてちょっと遠くを見て「みんな一緒にいるのかしらねえ・・・」と懐かしそうな顔をして言っておりました。思い出しても泣いちゃいます。でもきっと今頃、末っ子なのでみんなに甘やかされているんだと思います。

本当に面白いなと思いますが、母の法事が終わったあとや、父の事を手伝ったあとに必ず天国からプレゼントをくれるんです。父が弟家族と住むことになって(至近距離ですが)引越しを手伝った最後に父が「そうだそうだ、これいる?ママが昔から持っていた北斎の東海道五十三次の版画コレクション」昭和40年くらいの朝日新聞社発行のフルセット。すごい。「パパいらないの?」「持って行きなさい」一番喜んでいたのは主人でしたが。そして三回忌が終わった後、父が「高島屋から電話があってリフォームのために預かっている宝石どうしますかって。3年くらい前に預けてそのままだったらしいよ。とってくれば?」素敵なアクアマリンでした。あといくつかあるのですが、どう考えても空を見上げてニッコリしてしまいます。
[PR]
# by lsajapan | 2016-03-31 15:56 | インスピレーション

<86> スピリチュアリティとは その2

寒さと暖かさが交互にやって来て、何だかいつもハズレの服を着てしまう今日この頃です。精油の本もまだまだ書き上がらないのに締切は近く、ベッドできちんと眠りたい・・・です。それでは先週の続きの記事をアップします。今回はスピリチュアリティの歴史の前半を紹介します。
b0164641_0202149.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたスワン星雲(HUBBLESITEより)現実とは思えない美しさ。コンピューターグラフィックスではありません。現実の世界です。

スピリチュアリティの起源
歴史として見ると、最初はアニミズム(精霊信仰)から始まったと考えられています。アニミズムとは生物、非生物を問わず全ての存在にはスピリットが宿るという考え方です。日本でも「八百万の神」という考え方があり、世界各地の先住民たちはその土地それぞれの信念体系に基づいたスタイルでアニミズムを実践して来ました。ネイティブアメリカン、インディオ、アイヌ、チャモロ、マオリ、アボリジニーたちなどに見られ、共通することは自分たち以外の存在に敬意を持ち、超自然的な見解を日々生活の一部にしていたことです。そしてシャーマンの存在が欠かせず、特別な力を持ち変性意識のもと高次の存在と交信したり、憑依させて自分の身体を通して目に見えない存在に語らせました。シャーマンは儀式や占いをし、病気は邪悪なスピリットが起こすと考えたので、薬草や特別な石などを使ってそのようなスピリットを祓い、ヒーリングを行ないました。結局この考えは科学が発達して病原菌などの病因が理解されるまで、世界中で続きます。
b0164641_0112279.jpg
女性のシャーマン。1880年頃(米国のグラフ雑誌:ライフ・マガジンより)

ネイティブアメリカンの青年期に入る男性はビジョン・クエストという精神修行を行ないます。他の文化圏でも別の呼び方で様々な方法で成人になる通過儀礼があります。ここでは最初の4日間は絶食し、1人で落ち着く場所を探して瞑想に入ります。この時にビジョンに現れて来た精霊やパワーアニマル(狼、鷹、ヘビなど自分に特別な親和性と力を与えてくれる動物)に向かって祈り、語りかけます。この期間に人生の目的や社会に貢献する一番良い方法を見いだします。しっかりと自分のスピリチュアリティを意識して見据えるパワフルな経験となるのではないかと思います。

古代文明
古代文明では神官、僧侶、巫女などが神や精霊と交信し、儀式を執り行ったり、異次元の世界からのメッセージを受け取り、予言をしたりヒーリングをしたりしました。日々の生活において自分たちを守り、手助けをしてくれる存在を信じて祈りを捧げることは世界中のどんな時代の人々も共通して行なってきたことです。目の前の物質的なものだけに捕われず、自分たちよりも高次の存在を自然現象や動植物の中に見いだしました。これらの存在を意識し崇め、相互作用することがスピリチュアリティの実践でした。世界の宗教の特色に見られるスピリチュアリティは、その宗教の発達した背景が深く関わっていると考えられています。砂漠の民たちは一神教で神と自分の関係性を突き詰め、他の神の介入を許しません。自然環境に恵まれ、山や谷、森やジャングル、海や川などがあるところでは多神教が発達します。
b0164641_094085.jpg
日本の仏閣の緑の深さは比較するとよく理解できます。外国から帰ってくると、成田の上空から緑一杯の日本の土地を感謝する気持ちで一杯になることがよくあります。この写真は数年前に訪ねた京都の鞍馬山のふもとにある貴船神社です。
b0164641_0123720.jpg
ムスリムの礼拝風景
b0164641_0131535.png
ユダヤ教の嘆きの壁
b0164641_0141838.jpg
コーランに書かれている言葉で「この世の終わりには親も子もなく、頼れるのは神と自分だけ」という究極の教えがあります。この環境ならそう考えるかも知れません。

来週は中世から近世へと話を進めますね!
[PR]
# by lsajapan | 2016-03-11 00:22 | インスピレーション

<85> スピリチュアリティとは:その1

b0164641_7434172.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたオリオン星雲 (HUBBLESITEより)

2月も今日で終わりですね。春の気配も感じつつも朝晩はまだまだ寒い日が続きます。私は現在150種の精油の本を執筆中です。ピエール・フランコム氏のフランス語の文献も取り入れてリサーチを重ねています。今回は頸椎症が再発しないように、本気で体力作りしながらの執筆です。少し遅れ気味で心配ですが頑張ります!

今回は次号のアロマトピアに寄稿した記事の一部を紹介します。長いので、3回に分けて少しずつ載せることにしました。毎週アップしていこうと思います。「スピリチュアル」に関する特集で、私は「スピリチュアリティの歴史ーーヒーリングとの関わりと過去から現在までの変遷」というタイトル記事を担当しました。その最初の出だしのところです。

「スピリチュアリティとは」

スピリットとは人間や動物に宿る生命力であり、語源はラテン語の”spiritus” (スピリトゥス、呼吸、活力、勇気)から来るもので、その形容詞が「スピリチュアル」ということになります。名詞にすると「スピリチュアリティ」で、一般的には「霊性」や「精神性」と訳されます。

定義は様々で、宗教的、文化的にも違う概念でとらえられています。神とのつながりから見いだすもの、自分の中から禅や瞑想,内省によって見いだすものなどその道も多岐に渡ります。現在、一般的にとらえられている「スピリチュアリティ」の意味合いは、その人の精神世界との関わり方を示し、「スピリチュアル」であることは精神世界や輪廻転生、高次の存在を信じるタイプの人々を指します。ちなみに「スピリット(霊性)」と「魂(ソウル)」とは完全に一致するものではありません。
b0164641_654117.jpg
魂は特に東洋思想では輪廻転生するその生物に宿った人格を持つ永遠の存在を指します。古代エジプトでもスピリットはカー、ソウルはバーと分けて考えています。「カー」(スピリット)は生命力を象徴します。人間が生まれる時にカーは吹き込まれ、死ぬ時に身体から離れます。一方「バー」(ソウル)は魂や個性を表し、身体が死んでも生き続けます。バーは人間の頭部と鳥の身体を持つ存在として墓から飛び立ちます。そして来世でカーと合流して再び人間として機能します。
b0164641_6534684.jpg
写真の「口開けの儀式」はミイラを墓に入れる前に神官が行う儀式のひとつで、親族や友人の前で死者のミイラの口を開ける動作をして、感覚を呼び戻して呼吸ができ言葉をしゃべれるようにします。さらに供物を飲食できる能力が与えられます。困ったことがあると亡くなった家族に手紙を書き,助けを願いました。日本の先祖供養と少し似た考えを持っていたのではないかと思います。

この続きは来週に続きます・・・次回は「スピリチュアリティの起源」
[PR]
# by lsajapan | 2016-02-29 07:50 | インスピレーション

<84> 歴史に見る世界の香りの媚薬と効果

もう1月も終わり・・・信じられなほど早いペースで日々が過ぎて行きますね。この分だと春ももうすぐと思いたいところです。私は現在150種類の精油の本を書いています。今回の本はフォーマットデザインなどが先に決まっており、写真も多く入る今までになかったタイプなので、とても楽しみにしています。6月出版なので2月はかなり集中しなくてはなりませんが、頸椎症を再発させないように気をつけて取り組んで行こうと思います。

ちょっと先走り気味ですがバレンタインデーにちなんで、今回は去年「アロマトピア」に寄稿した媚薬の記事を紹介します。リサーチは前々から少しずつしていたので、ネタはいっぱい。ロマンティックなレシピものせてみました。ホロホロ鶏など少し珍しい鳥類は、ナショナル麻布マーケットで売っています。
b0164641_22394929.jpg

世界中で愛されてきた媚薬
全ての文化圏にはいつの時代にも“媚薬”や“惚れ薬”の類いは存在し、人々は昔から常にどのようにして愛する人の気持ちを向けることができるかを研究してきました。”Love Portion(媚薬)”と言うと古典の文献では魔法の薬と考えられており、手に入れるのが難しいサイの角、ツバメの舌、ドラゴンの血、ベラドンナやマンドレークなどが材料に入っています。基本的にその時代において貴重でエキゾティックなスパイス類や刺激物、強壮作用のあるものや香り高いもの、甘くカロリーのあるものが多く、珍しいもの(もしくは実際には存在しないものを本物のように見せかけたもの)はより珍重されたようです。また、砂糖やチョコレート、ブラックペッパー、ヴァニラなど現代の生活ではもはや刺激物とは感じられないほど日常的に使用するものも含まれています。古来より媚薬には人々を陶酔させる成分や秘薬的なストーリーがあるだけでなく、香りが重要な役割を担っているようです。
媚薬の概念は様々で、大きく分けると以下のようになります:
*ロマンティックな気分にさせるもの
*暗示作用を通じて心の抑制を解くもの
*心身をリラックスさせるもの
*興奮剤、刺激活性剤
*健康増進作用、滋養強壮作用のあるもの
*中枢神経を刺激し、性的な強壮作用を持つもの

中国では陰(女性)と陽(男性)が結合すると気(スピリット、エネルギー)が生まれると考えました。宇宙との関係でも同じく陰と陽の均衡が完全にとれれば、宇宙の波動と一体化できるとされています。
Kama Sutraには幸せなカップルになるためのアドバイスが以下のように書かれています。「食べ物や飲み物でお腹いっぱいにしてはいけない。さもないと卒中や関節炎を起こす。男性は強壮作用のある食べ物:芳香植物や肉、卵などを食べると良い。健康で活発な身体は女性を惹き付けるために必須である」
アリストテレスも「自分自身がある程度の体力がなければ、媚薬は役立たない」と記述しています。このように健康という前提の元に媚薬を勧めています。

香りの媚薬的使用
古代エジプト人は香を霊的体験と結びつけ、香の神ネフェルトゥムを香の煙により喚起することができたと言われています。そして古代ギリシャ人は香の使用法をエジプトから学び、祭礼にはフランキンセンスとミルラを使いました。神聖な香であるはずなのに、ディオニュソス神の祭礼では集団催眠的に利用され、陶酔状態をつくりだしました。さらにローマ帝国でのバッカス神の不道徳な祝宴へと発展して行きます。使用されたフランキンセンス、ミルラ、オニカ、ガルバヌム、ナタフ(蘇合香)は樹脂で、植物ステロールが含まれており、生化学的にはヒトのホルモンと酷似しています。これにより媚薬的な働きをします。

タントラ儀式では女性はパチューリを首、アンバーグリスを乳房、ムスクを鼠径部、ジャスミンを手、サフランを指に塗り、男性はサンダルウッドを額、胸、腋下、鼠径部に塗りました。肉体の基底に宿る眠れる蛇(クンダリーニ)を覚醒させ、精神性へと昇華させる神聖な儀式でありながら、快楽的で媚薬的な香りが使われます。ここではヒトまたは動物の分泌物:ステロイドを想起させるもの、またはそのものが多用されています。
b0164641_2212445.jpg
          ジャワ島のボロブドゥール遺跡のレリーフ

インドをはじめとする南アジア地域ではナツメグとメースを宗教儀式や媚薬として使用した歴史があります。少なくとも11世紀から使用されている有名なCNS活性による向精神作用のあるスパイスです。パウダー状にしたナツメグは中程度〜強度の抗精神作用、幻覚を引き起こす作用があります。意識を失う、社交的になる、気分が変化する、喉が渇くなどの反応が出て、ドラッグ類と似た反応だと言われます。精油中のミリスチン3.3~13.5%とエレミチン0.1~4.6%で、MAO(モノアミン酸化酵素)を抑制することにより幸福感を説明できるのではないかとされています。ミリスチンは神経伝達物質であるセロトニンをラットの脳の中で増加させるので向精神作用があるのではないかという報告もあります。
b0164641_22122138.jpg
              ナツメグとメース

クレオパトラは全身にジャスミンとサンダルウッド、またはフランキンセンスとローズを使用して政治的交渉をしたと言われています。その船の紫色の帆はローズウォーターに浸されました。シナモン、ジュニパー、フランキンセンス、ミルラ、サイプレスなどをブレンドした香料キフィがたくさん積まれ、この香りで「風まで恋に落ちた」と博物学者のプルタルコスが記述しました。古代の文献を紐解くとギリシャ、ローマ、中近東の女性は樹脂を使用することが多く、それが女性に似つかわしいとの記述も見られます。但し、使用でできる人々は限られており、階級によって使用する香りも違いました。階級や職業が違うと匂いの違いが激しいので、できるだけ同じ階級の中で社交をしたという報告もあります。
b0164641_22495535.jpg
              クレオパトラのレリーフ

マルグリット・モーリーは「生命と若さの秘密」に以下のように記述しています。「魂が神秘に近づく時、薫香は常にあります。世界中の寺院や教会は薫香やローズの香りに満ちています。・・・・恋に落ちた人々は香りに力を借ります。匂いのない媚薬はありません。旧約聖書のエステル記の主人公、エステルは香油につかり、クレオパトラの髪はミルラの香りがしたそうです」

17世紀の医師ニコラス・カルペパーは「マデラワインにジンジャー、シナモン、ルバーブ、ヴァニラを入れると媚薬的効果がある飲み物になる」とCulpeper’s   Complete Herbalに書いています。甘い食前酒のような感じですが、ジンジャーはセロトニン受容体に働きかけることにより、副交感神経を優勢にします。シナモンは加温作用、中枢神経の興奮を鎮静する作用があります。

一方、南の島々ではココナッツの甘い香りと熱帯の花々が媚薬として有名です。特に画家ゴーギャンをタヒチから離さなかったのは、モノイオイルだったとも言われています。モノイとは“芳香”という意味ですが、ココナッツオイルにティアレ(タヒチアン・ガーデニア、Gardenia tahitensis)という白い花を入れて浸出したオイルです。他の材料も加えることもあり、家々によって独自のレシピがあります。皮膚と髪を柔らかくし、甘く安心感のある優しい香りがします。女性たちのモノイオイルの香りはゴーギャンの絵から漂って来そうです。源流をたどるとタヒチにはマオリ人たちが約2000年前に移住して来て、儀式用に使用したものと言われています。ここでも媚薬と宗教儀式のオーバーラップが見られます。
b0164641_22124324.jpg
                 ティアレ

また、ミクロネシアの小島ナウルでは、女性たちが良い香りの花とココナッツミルクをブレンドしたものを擦り込み、芳香植物をブレンドした生薬を飲むと何日も身体の内側から良い香りを放ち「男たちが山のように寄って来る」といいました。トロブリアンド諸島(パプアニューギニア)では、ミントとココナッツオイルを煮詰めたものを眠っている意中の女性の胸に呪文を唱えながら数滴たらすと、自分のことを深く愛してくれるという媚薬の言い伝えがあります。

アラブ首長国連邦の女性は身体にはサンダルウッド、沈香、サフラン、ローズ、ムスクなどをつけ、髪にはアンバーグリス、ジャスミンなど、耳にはシヴェット、ローズ、サフランなどを混ぜたムカマリヤという赤い香油をつけます。夫と極親しい家族以外の男性がいる場に香油をつけて出るのは不倫と見なされます。男性は沈香、ローズ、サンダルウッドなどを耳の後ろ、手の平、ひげ、鼻孔につけます。イスラム世界ではアルコールは飲用が禁じられているだけでなく、皮膚にも使用できないので、香油の使用が原則です。ドバイでは白装束の男性の近くを通りかかるとほぼ例外なく沈香の深い香りがしました。香水店で売られている商品も圧倒的に沈香ベースのものが多く、暑く乾燥した土地ではとても心地よい魅力的な香り立ちとなっていました。

香りの情動に与える影響
オーストリアの調香師のパウル・イェリネクは以下のようにカテゴライズしています。植物性と動物性が含まれていますが、アンブレットシードやコスタスルート、ラブダナムなどは動物性香料の代用品として使用されている植物性香料です。

催淫:アンブレットシード、コスタスルート、シヴェット、カストリューム
官能的:チュベローズ、ジャスミン、バルサムトゥルー、ラブダナム、ベンゾイン、オレンジフラワー
陶酔させる:ローズ、バルサムペルー、ベンゾイン、イランイラン、マグノリア、ネロリ、カシア
b0164641_22131049.jpg
               イランイラン

さらにイェリネクはプロフェッショナルの香気判定士たちに樹脂と体臭について判定してもらい、やや酸味のある香りのミルラは金髪の人の体臭、甘い香りのフランキンセンスが黒髪の人の体臭、髪の匂いはオニカ、皮膚の匂いはナタフが似ているという結果になりました。この樹脂とフローラル系のオーデコロンをブレンドすることにより催淫性の強い香りができあがりました。これは体臭的な匂いと心地よい香りが結びつくことで媚薬的な効果を生み出すと言う例です。

マルグリット・モーリーは各個人の精神状態に影響する香りをブレンドすることを研究し続けました。適切な香りを使用すると知覚能力は明瞭となり。心地よい気分になれると記述しています。嗅覚神経は12の方向に分岐しており、梨状皮質では香りを知覚し、海馬と扁桃体では記憶との照合と情動への直接的な影響を与えることにより、香りが適切であった場合は媚薬的にも働くことになります。理論は介在せず本能的に反応します。香りが閾値に達していなければ本人も気づかないで影響を受けることになります。

このように香りの媚薬的な効果は、意識下で私たちに影響を与える可能性もあり、マインドコントロールや魔法にかけられるという言葉が似つかわしいサブリミナル効果、そして不思議な雰囲気に満ちています。

香りの媚薬の材料
媚薬は麻薬的成分や毒性成分を致死量に行かないくらいの微妙なレベルで使用するものが多く見られました。これらを少量使用することにより薬用として使用できるものも多くあります。ここでは危険なものは避けて、香りの良い媚薬の材料を集めてみました。

<植物性>
高麗ニンジン、ジンジャー、ブラックペッパー、オールスパイス、サフラン、シナモン、コリアンダー、クローブ、ナツメグ、トウガラシ、フランキンセンス、ヤドリギ、ロータス、ローズ、ジャスミン、ワイルド・オーキッド(Orchis mascula)、ヴァニラ、クラリーセージ、バジル、タイム、ローズマリー、セイボリー、オレガノ、ザクロ、イチヂク、アプリコット、マンゴー、バナナ、クルミ、アスパラガス、トリュフ、オニオン、黒糖、チョコレート、コーヒー
b0164641_22412049.jpg
広尾のラ・ビスボッチャのトリュフのフェットチーネ・・・美味しいけれど、いつも食べ終わる頃には鼻血が出そうになります

<動物性>
ムスク、アンバーグリス、シヴェット、カストリューム、蜂蜜、牡蛎、ホロホロ鶏(ギニアヘン)、羊、鳩、鶏卵、ウズラの卵、キャビア、鰻

芳香の媚薬的効果のあるレシピ
<18世紀のポルトガルの媚薬:エンジェルウォーター>
オレンジフラワーウォーター600ml、ローズウォーター600ml、マートルウォーター300ml、ムスクアルコール400ml、アンバーグリス400ml
これを現代版にすると:
ネロリ精油、ローズ精油,マートル精油 各2滴、アンジェリカシード精油、ラブダナム精油 各1滴をスピリタスウォッカ100mlに混ぜて一晩置き、1リットルの精製水に混ぜる
肌水やスプラッシュのように使用する。アンジェリカシード精油には光感作があるので注意。

<媚薬デザート:バナナ・フランベ>
バナナ2本、バター50g、ブランデー60ml、オレンジジュース60ml、ブラウンシュガー20g、ナツメグ1滴、ネロリ1滴、バニラエッセンス1滴
b0164641_2224454.jpg

<媚薬飲料:ローマンウォーター>
ザクロ2つ、ローズウォーター5ml、冷水300ml、レモン汁1/2個分、蜂蜜
b0164641_22201148.jpg

おしまいに
今回の記事を書き進めるにつれて、宗教儀式に使用されるものと媚薬として使用されるものがオーバーラップするという意外な事実に気がつきました。でもよく考えてみると、非日常的な感覚と陶酔に満ちた経験は究極の幸福感を導くものとして結局は似たものなのかもしれません。香りの反応は社会的、民族的、時代的な背景が強く影響するとは言え、甘く深いうっとり陶酔する香りはいつの時代も人々の心を惹き付けて来たと言えるでしょう。
[PR]
# by lsajapan | 2016-01-28 23:44 | インスピレーション

<83> ロタンシエル・ニューイヤーセール

L’Authentiel Autumn Sale 2016
ロタンシエル・ニューイヤーセール

新年明けましておめでとうございます
今年もたくさんの情報と高品質の精油類をご紹介して行きたいと思います。どうぞよろしくお願いします。2日は初売りということで福袋とニューイヤーセールをします。オフィスは4日からオープンしますが、メールでオーダーをいただいた順に対応させていただきます
b0164641_15524661.jpg

人気のある福袋は30セット限定です
年末セールで売り切れになったアイテムも新たに入荷しました
今回のセールはロタンシエルの全てのアイテム(http://lsajapan.shop-pro.jp参照)で
3万円以上のお買い上げで現在の価格設定の10%オフとさせていただきます
以下のアイテムは割引合計金額に入りますが、割引適用になりません
*価格はすべて税別です
*締め切りは1月15日です

 ロタンシエル福袋  ¥12,000(税別)(定価¥30,000以上の商品です)30セット限定
<必ず入っているもの> 1か2が必ず入っています。2は2名様のみです
(1)1年間有効の¥10,000分セミナーチケット(どのセミナーにも使うことができます。 
おつりは出ませんが、残額分のセミナーチケットを発行します)
(2) 1年間有効の¥20,000分セミナーチケット
➢通信教育やスカイプコースなどにも使用することができます。
<どれかが入っています> (1)は2名様のみ。本人以外でも鑑定可
(1)アロマテラピー占星術鑑定チケット:5mlのパーソナルブレンド付き
(2)ネリー・グロジャン博士のミュジアムで販売している各種クレイのアソート
➢ローズクレイ、イエロークレイ、レッドクレイ、ホワイトクレイ
(3) ロタンシエル精油アソート
(4)ハイドロレート:ローズマリー、メリッサなど
(5)天然フラワーワックス:ローズ、チュベローズ、ジャスミンサンバック
(6)アロマテラピー基剤:シアバター、アルガンオイル、ヒポファン、ヘイゼルナッツなど
(7)マダガスカル産ヴァニラ浸出油(マッサージオイルに。ホホバベース)
(8)LSA本校オリジナル・トリートメント・ヴィンテージビデオ
➢元IFA会長ロッテ・ローズがデモンストレートしています。
➢VHSが見れるのであればLSAのオリジナルシークエンスを勉強するまたとないチャンスです。(ビデオは非売品です。現在のLSAのシークエンスとは少し違います。モデルのボリュームがなかななかすごく、日本との体格差を感じさせる雰囲気はあります)
(9)オーガニック・ニゲラ(ブラッククミン)シード
➢スパイスとして使用し消化器系、免疫系に効果を示すことが様々な研究でわかっています
➢ピエール・フランコム氏の2015年の発表で鎮痛、抗炎症作用が紹介されました
➢2008年と2011年のCell Biology InternationalとMemorial Sloan-Kettering Cancer Centerでの研究では抗酸化、抗高血圧、抗癌作用が発表されています
(10) その他お楽しみ

<キャリアオイル>
オーガニック・アルガンオイル Argania spinosa  モロッコ産 50ml ¥2,200
モロッコ産のオーガニック認定(QAI, USDA) のあるアルガンオイルです。この植物は北アフリカの半砂漠地帯に治療薬としてベルベル人の間で使用され続けて来た伸びの良い、酸化の遅いタイプのベースオイルです。アンチエイジング効果や創傷治癒効果があり、皮膚の炎症や座瘡,湿疹に使用されています。抗酸化作用の強いオメガ6が豊富で、ビタミンEはオリーブオイルの2倍含みます。保存期間は約1年間です。
b0164641_15554512.jpg

オーガニック・シアバター(未精製)Vitellaria paradoxa ガーナ産      100g ¥1,200
西アフリカ産の樹になる実から採ったシア脂です。酸化しにくく、サバンナ地帯でマッサージに古来より使用されて来ました。オーガニック認定(QAI とUSDA)とフェアトレード認定があります。皮膚のモイスチャーライザーとして理想的な成分を持ち、特にビタミンAが癒傷作用を持ち、治りにくい傷跡や虫さされ、湿疹、日焼け後、乾燥肌に効果的で、改善を劇的にスピードアップさせます。未精製シアバターに含まれるケイ皮酸は抗老化、美白に効果が証明されています。リンパドレナージュ用のクリームを作る時にホホバ4に1の割合で加える(もっと多くてもよい)とスキンケア効果もあるトリートメントバターができます。リップクリーム、ハンドクリーム、フェイシャルクリームなどに。リッチなクリーミーな質感で、保湿効果が抜群です。保存期間は2年が目安です。

ヒポファンCO2オイルHippophae rhamnoides  北インド(ヒマラヤ)産 10ml ¥1,600
b0164641_15563312.jpg

皮膚と粘膜のために効果的なベースオイル。果実はビタミンCとEが抱負でカロチンや他の栄養素が含まれ、濃いオレンジ色をしています。重要なオメガ3、6、9、7脂肪酸を多量に含み、これらは現在私たちの知るスキンケア製品の最も効果的な成分です。特にオメガ7が高含有で、合計で38%近くあります。植物油の中にはこの脂肪酸は滅多に見られません。これはたいへん効果的な再生作用、防御作用、創傷治癒作用、保湿作用があります。オメガ7脂肪酸は損傷を受けた敏感な粘膜の天然の最も優れた治療薬です。シーバックソーンCO2エクストラクト他の使用適応症は、下腿潰瘍とその他の治癒の難しいか遅い怪我、褥瘡、微小循環の悪さ、日焼け,火傷、放射線による火傷、皮膚の赤み、敏感肌、皮膚のアレルギー反応、皮膚の手術後のスキンケア、創傷ケア、口腔や喉の創傷ケア(子供たちのためも)、皮膚感染症、ヘルペス感染症、水疱瘡、膣感染症や乾きなどです。症状によりますが、通常1〜5%の調合で効果的に使用できます。また、抗酸化作用、抗しわ作用があるので乾燥や老化の気になるお肌に有用です。ロシアでは日焼け後の肌のケアに使用したり、宇宙飛行士の放射線の被爆を避けるためにも使用されているそうです。保存期間は約1年間です。CO2抽出のために濃い色素(オレンジ)をしています。

ブラッククミン(ニゲラ)オイルNigella sativa エジプト産 50ml ¥1,200
b0164641_15574298.jpg

地中海沿岸原産のクロタネソウ属の一年草の種子から常温圧搾で抽出されたオイルです。精油を1%含みます。The Hadith of Islam(預言者ムハンマドの言行録)には「カロンジ(ブラッククミン)は死以外のすべての病気のための治療薬だ」と書かれています。ツタンカーメンの埋葬室からも見つかっており、古代エジプトではクレオパトラや歴代ファラオたちに愛用されたと言われています。現在の研究では種子に含まれるチモキノンが強力な鎮痛作用、鎮痙作用、抗炎症作用を示すことが証明されています。ピエール・フランコム氏の研究では特に痛みに対して効果的としょうかいされています。その他、免疫強化、抗ヒスタミン効果、発毛促進、抗酸化作用などが顕著です。ディオスコリデスやイブンシーナの文献にも紹介されています。ビタミンA,B,Cとミネラル類を多く含み、フリクション剤としてもマッサージオイルとしても使用できます。日光と高温を避けて2年間のうちに使用して下さい。

タマヌ Calophyllum Inophyllum マダガスカル産  30ml ¥2,000
b0164641_15583661.jpg

ラヴィッジに似た香りですが、これは少量で使用するベースオイルです。ラヴェンサラと1:1で帯状疱疹、口唇ヘルペスに塗布すると早急に痛みや水疱が改善されます。皮膚に対して特効を示し、素晴らしい瘢痕形成作用があります。火傷、切り傷、手術跡、湿疹、虫さされなどに精油を入れずにそのまま使用することができます。希少でフランス式アロマテラピーでは欠かせないものです。IFAの機関誌アロマテラピー・タイムス2015年冬号にもアンチエイジングのためのスキンケアの紹介で、傷や傷跡を癒すためのベースオイルとして紹介されています。(25ページ)

<エッセンシャルオイル> 
エレミ Canarium commune カンラン科 フィリピン産 部位:樹脂     5ml ¥1,200
b0164641_15592240.jpg

フィリピンに育つ熱帯の樹木“ピリ”の樹脂をフランスに運んで蒸留したものです。約55%がリモネンで、他にフェランドレン、サビネン、エレモール、テルピネオールなどを含みます。他の樹脂からの精油と同じく呼吸器系の障害に効果的で、去痰作用、鎮静作用、強壮作用、収斂作用があります。ブレンドして合うオイルはクラリーセージ、フランキンセンス、ローズマリー、ラヴェンダー、コリアンダーなど。
禁忌、注意事項:生理学的適用ではなし

ホーウッドCTリナロール Cinnamomum camphora クスノキ科 中国産 部位:木部10ml¥1,200
b0164641_1604369.jpg

ショウノウノキはケモタイプが多いことで知られています。カンファー、ラヴェンサラなど成分の違いが顕著です。リナロールが85%含まれます。皮膚に優しく鎮静作用、殺菌作用,鎮痙作用、免疫強化作用に優れます。皮膚に強い精油を使う時にブレンドすると相殺作用で皮膚刺激を和らげます。ローズウッドと同じように使用できます。ローズウッドが絶滅危惧種にリストされているので、サステイナビリティ(持続可能)なホーウッドのリナロールタイプを使用するのは理にかなっています。香りはローズウッドと酷似。
禁忌、注意事項:生理学的適用ではなし

コパイバ Copaifera officinalis マメ科 ブラジル産 部位:樹脂 10ml ¥1,200
b0164641_16118100.png

南アメリカのアマゾン川,オリノコ川流域を中心とした熱帯地方に生育し、20mもの高さに育ちます。精油の70%以上を占めるセスキテルペン類が特徴です。特にβ-カリオフィレンがどの植物よりも多く含まれていることから(約50%)、抗炎症作用に優れます。また、強力な鎮痛作用があり殺菌効果が高く、粘膜機能の回復、分泌の正常化、癒傷作用、抗腫瘍作用に優れます。コラベノールなどの抗癌物質が含まれていることが知られています。また、広範囲のバクテリアに有効で、特に大腸菌や緑膿菌にも効果が認められています。サトルアロマテラピーでもコパイバは崇高な波動を持つと言われています。ティートゥリーのように一般的な傷や火傷、真菌感染症、ウィルス感染症、寄生虫感染症にも使用することができます。風邪の諸症状に吸入やチェストラブ、入浴に使用します。優しいバルサミックな香りです。
禁忌、注意事項: 皮膚に使用する時には稀釈すること

ユズ Citrus junos ミカン科 高地県産 部位:果皮 10ml ¥2,400
b0164641_161508.jpg

高知県産の減圧蒸留法で抽出した柚子精油が入荷しました。クマリンは含まれておらず、圧搾法の精油より長く保存できます。香りは繊細でオーデコロンやボディケア製品に少量加えると他のシトラス類にはない独特のニュアンスが出ます。主成分はリモネン(76%)で、他にγ -テルピネン、β -フェランドレン、リナロール、シトラールなどが含まれています。柚子湯で有名なので、循環促進作用、強壮作用、疲労回復作用などが主な作用ですが、他に自律神経バランス作用があります。洗練された穏やかな香り。
禁忌、注意事項: 皮膚に使用する時には稀釈すること

ビターオレンジ Citrus aurantium ミカン科 イタリア、シシリー産 部位:果皮  10ml ¥2,000
b0164641_1562434.jpg

シシリー産のビターオレンジが入荷しました。スィートオレンジと比べるとあまり使用されていないようですが、香料業界ではこちらのオレンジオイルの方が香りが繊細とされています。消化促進、交感神経を鎮め軽い催眠作用や抗不安作用があります。
禁忌、注意事項:光感作(1%までで使用すること)

ウィンターセイボリー Satureja montana シソ科 フランス産 部位:葉 5ml ¥1,400
b0164641_1622181.jpg

フェノール類(カルバクロール55%)が多い精油は皮膚刺激に注意しなくてはなりませんが、素晴らしい殺菌作用と免疫刺激作用後あります。古代ローマでは精力剤として使用しました。無気力やだるさのある方に。必ず稀釈し、ラヴェンダーやニアウリ、ホーウッドCTリナロールなど皮膚に穏やかな精油とブレンドして使用すること。
禁忌、注意事項:皮膚刺激作用あり、使用は短期間に留めること

オリガナム Origanum vulgare シソ科 スペイン産 部位:葉 5ml ¥1,400
b0164641_163263.jpg

ウィンターセイボリー同様、フェノール類(カルバクロール65%)が多い精油は皮膚刺激に注意しなくてはなりませんが、素晴らしい殺菌作用と免疫刺激作用後あります。シナモンバークと共に最も殺菌作用の強い精油として知られます。必ず稀釈し、ラヴェンダーやニアウリ、ホーウッドCTリナロールなど皮膚に穏やかな精油とブレンドして使用すること。
禁忌、注意事項:皮膚刺激作用あり、使用は短期間に留めること

ダルマチアン・セージSalvia officinalis シソ科 スペイン産  10ml ¥1,400
b0164641_1633210.jpg

コモンセージ(ダルマチアン・セージ)は皮膚再生作用に優れ、怪我や傷跡、スキンケア、ヘアケアに古来より使用されて来ました。Salviaは「救済」という意味があり、古代ローマでは聖なる薬草として知られていました。ホワイトセージと同じように空間や人を浄化するために使用され、実際にデトックスセラピーにも精油やハイドロレートを使用します。ケトン類のツヨンを含むので,長期間多用しないようにします。シュナウベルト博士はセリュライトや創傷治癒(セージ5滴、ヘリクリサム5滴、50mlベース)のためのレシピを提案していますし、ネリー・グロジャン博士はデトックスと女性ホルモンのバランス作用のためには必ずブレンドに加えます。様々な意味でパワフルな精油なので1%までの稀釈で禁忌に触れないように使用しましょう。香りがフランス産の物よりマイルドです。禁忌、注意事項:妊娠中、授乳中、癲癇のある方

レッドマートル Myrtus communis フトモモ科 モロッコ産 部位:葉、小枝 5ml ¥1,000
b0164641_147116.jpg

穏やかな北アフリカ原産の植物で、古代エジプトやギリシャ、ローマでも使用された記録が残っています。呼吸器の症状やスキンケア、リラクゼーションのために使用します。子供にも安心して使用でき、17世紀の医師ニコラス・カルペパーは女性のための植物と考え、美容のために使用することを勧めています。
禁忌,注意事項:生理学的適用ではなし

ヒマラヤンシダーウッド Cedrus deodora マツ科 インド産 部位:針葉  10ml ¥2,000
b0164641_1513689.jpg

ピエール・フランコム氏の研究でにわかに注目を集めている精油です。50%を占めるヒマカレンは鎮痛作用に優れ、痛みのコントールや緩和に外用することを勧めています。“Heavenly base note”(至福のベースノート)と言われている香りです。スキンケアにはオールスキンタイプでドライスキンにもオイリースキンにも効果的です。瞑想やヨガ、クラウンチャクラの覚醒のためにサトルアロマテラピーでは使います。ジャスミン、オレンジ、ネロリ、各種アブソリュート類、ナツメグやカルダモンなどのスパイス類とよくブレンドでき、甘く穏やかな香りです。
禁忌、注意事項:生理学的適用ではなし

ジャスミンサンバック Jasminum sambac モクセイ科 インド産 部位:花 2ml¥4,000 5ml ¥8,000
b0164641_1555528.jpg

茉莉花の異名を持ち、深夜に花開きます。グランディフローラムが日没と共に開花するのと比べる
と、サンバックは本当に“月のオイル”なのでしょう。深いジャスミンティーの香りは非日常的な気分にさせてくれます。ホホバに1%加え香油にすると、この植物が育った南国の穏やかな空気が流れて来るようです。1%の香油にしたものを5〜6滴程バスタブに入れることもできます。8000個の手摘みの花から1グラムのアブソリュートが採れます。鎮静作用、抗うつ作用、鎮痙作用などがあります。
禁忌、注意事項:生理学的適用ではなし

<ハイドロレート(芳香蒸留水)>  200ml ¥2,600 500ml ¥5,400
芳香植物を水蒸気蒸留して得られる微量のエッセンシャルオイルと親水性抽出物を含んだ蒸留水を指します。多くの呼び名があり、理想的なハイドロレートとは、湧き水を使って有機栽培または野生の植物を水蒸気蒸留して最初の20リットルの蒸留水を指します。飲用、化粧水、外用に使用します。皮膚の敏感な方や子供のためにバスに入れたり、塗布したりします。内用の方法は500mlの常温のミネラルウォーターに大さじ1杯が目安です。外用はそのまま使用します。バスには1回50mlから200ml使います。

一般に市販している芳香蒸留水(フローラルウォーター)は保存剤が入っていたり、本物ではなく、エッセンシャルオイルまたアブソリュートを乳化剤で水に溶かしたものが売られたりしています。これらはスキンケアに使用することは問題ありませんが、内用には使用できません。

ハーブティーとの違いは、ハイドロレートは色素や渋みがとれて飲みやすくなり、手軽にいつでも飲め、植物の破片が含まれていないので長く保存することができる点です。水溶性成分と少量の精油分を含んだ安全で洗練された蒸留水です。冷蔵庫で保存して、何も混入しないように扱えば1年間使用できます。

メリッサ・ハイドロレート Melissa officinalis
不眠、緊張、ストレス、心理的な悩みのある方にネリー・グロジャン博士は常に勧めています。16世紀の医師パラケルススはメリッサの精油をエリクシール(不老不死の薬)と呼びました。皮膚のかゆみ、湿疹、アレルギーにスプレーしたり、冷湿布します。更年期の不快感、PMSに。

ローズマリー・ハイドロレート Rosmarinus officinalis
エネルギーのない方や疲労感がとれない、だるい、覇気がないなどの悩みがある方に。消化器の問題がある方や循環の悪い、冷え性の方にも向いています。グレープフルーツジュース200mlに大さじ2杯程入れて飲んで下さい。またはレモン汁を200mlのミネラルウォーターにいれたところに大さじ2杯入れます。夏の強壮ドリンク、冬は白湯かお湯に加えて飲むことができます。
禁忌、注意事項:特になし

セイボリー・ハイドロレート Satureja montana
エネルギーのない方にはネリー・グロジャン博士は必ず処方しています。疲労感がとれない、だるい、覇気がないなどの悩みがある方は、まず2週間飲んでみて下さい。消化器の問題がある方や循環の悪い、冷え性の方にも向いています。
禁忌、注意事項:特になし

<ご購入方法>
*ご注文はe-mailでcontact@lsajapan.com宛にお申込み下さい。事務局より受注のご案内を送信します
*ご注文後1週間お振込のない場合は(振込希望の場合)キャンセルと見なし、次のお客様を優先します
*学校での代金引き換えのお取り置きは1ヶ月以内に限らせていただきます
*その他、ウェブサイトの“ご注文に関する注意書き”を参考にして下さい
[PR]
# by lsajapan | 2016-01-02 16:05 | ロタンシエル