<103> オマーンへの旅:その2

オマーンの首都マスカットで数日過ごした後、飛行機で1時間45分でサラーラに移動しました。様々なところに行きましたが、やはり1万2千本のフランキンセンスの木が植樹されているワディ・ダウカの乳香公園が何とも印象的でした。ここはユネスコ世界遺産にも指定されています。
b0164641_23131280.jpg
フランキンセンス(乳香木)が自生している場所はオマーン、イエメン、ソマリア、インドなどです。それぞれ学名が異なります。オーバーラップするものもありますが、その中でもオマーン西南部のサラーラ(ドファール地方)のフランキンセンス(Boswellia sacra)が最上級品と言われています。
b0164641_2253413.jpg

b0164641_9124610.jpg
乳香木は落葉性の低木で、2m程から大きくても8mまでです。8〜10年で樹脂を産生し始めます。
b0164641_912854.jpg

樹皮は薄く、紙のように剥がれます。マンガフという用具を使用して薄く樹皮を剥がして1週間程置くと、ミルク状の白い樹液が固まって樹脂となります。樹脂は手作業で集められます。薄いグリーン〜白〜薄茶〜茶色と様々なグレードの樹脂があります。
b0164641_0341928.jpg
グリーンホジャリ

次にウバール遺跡を訪ねました。ウバール遺跡は1992年にNASAの衛星が特定して、100mもの砂に埋まっていた失われた古代要塞都市“シスル”を見つけ出します。コーランやアラビアンナイトにも登場した都市で、紀元前3000年頃からフランキンセンスの交易の中心地として栄えました。世界遺産のフランキンセンス・トレイルの出発点でもあります。港湾都市でもあり、船でもフランキンセンスを積み出しました
b0164641_23355296.jpg

b0164641_2336720.jpg
なぜ滅びたかと言うと、乳香で栄えたウバール市民は不道徳で強欲であったために、アラーの神により滅ぼされたと言います、実際、地震か地盤沈下によるものと考えられています。
b0164641_2315578.jpg
シバの女王とソロモン王にも関係が深いと考えられている場所です

その昔、フランキンセンスは金と同じくらいの価値があり、宗教儀式や火葬に使ったり、薬や香料としても珍重されました。現在はそこまでいかなくても、今だに名産地であるのは変わりありません。そして現代では石油と天然ガスが産出するので、本当に金運に恵まれた国ですね。となりのイエメンではコレラが流行し、ISが活動し、女性が虐げられているなんて信じられない程です。そしてイエメンには石油や天然ガスのような自然資源がないと新聞で読み、ショックを受けました。同じアラビア半島の最南端の2つの国なのに・・・・

マスカットからサラーラに飛行機で移動し、一泊した後に4WD2台に分乗して私たちはルブ・アル・ハリ砂漠に向かいます。スムーズなハイウェイは王様がきちんと整備しただけあって超快適。途中から砂漠の風景になり、舗装道路出はあるけれどコンクリートは敷いていない砂漠道になり、その後、砂漠の道はなくなって砂丘になりました。そこに入って行く時にはムサレムさんとハッサンさんは各々自分の車のタイヤの空気をプシューッと勢いよく抜きます。「インパクトを和らげるためですか〜?」と聞くと「その通り」の返事。その後は大アドベンチャーの始まり。砂丘の砂は毎日形を変えるのですから、風景や地形では方向も行く道を判断できないです。通常のガイドツアーはGPSを付けるそうですが、ムサレムさんは何にも見ない〜!!どうしてかと聞けば「そんなことベドウィンに聞くな」だそうです。
b0164641_22475851.jpg
b0164641_22585335.jpg
ラクダに注意

そして何だかどこに向かっているのか全くわからないまま、砂漠をどんどん進んで行きます。永遠のような気持ちさえするような長い時間、1年間に3mlしか降らない雨がザーザー降りだし、そんな中で砂漠を走ると雨煙がスーッと上がり、幻想的な風景を見せていました。かなり揺れるので写真は上手く撮れませんでした。その後、さらにデコボコの砂の上を登ったり降りたり、だいたい天井くらいの高さがあるようなところも乗り越えていました。大丈夫なのかな?と思いましたが、さすがプロ。でも帰り道はハッサンさんが2回砂にはまり込み、ムサレムさんと2人でシャベルを使って掘り返していました。手伝うことはありますか?と聞きたいところですが、却って足手まといでしょう・・・でもすぐに解決していました。
b0164641_22491796.jpg
雨がやっと上がると虹が見えて、皆の歓声と共に楽しく写真を撮っていると「ダブルレインボーだ!」との声。本当に2重になっています。素敵。夕日も見ることができました。
b0164641_22495752.jpg
ところでこのルブ・アル・ハリ砂漠はオマーン、イエメン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦に広がるアラビア半島の3分の1を占めます。英語では"Empty Quarter"と呼ばれており、アラビア語でも「不毛の地」という意味だそうです。65万平方キロメーターなので、日本の国土の2倍よりは少し小さいくらいです。こんなところで迷ったらどうしよう!
b0164641_2251155.jpg
設置トイレへの道
b0164641_23172761.jpg
宿泊したベドウィンテント

雨が降ったせいで空には厚い雲がかかり、星空は見えず・・・これもフランキンセンスと同じくらい楽しみにしていたのに。でも一晩のうちに空模様は変わるかもしれないから、ムサレムさんも「1時と4時にチェックして星が見えたら起こします」とのことでした。その晩、トイレに行きたくなり時計を見たら4時半。意を決して皆の寝息の聞こえる中、1人で何も見えないテントの外に出て行きました。宇宙人やオオカミやサソリ、変態などに出会わないかヒヤヒヤしていると、フッと上を見上げると満天の星。驚いてテントに帰ってから皆を起こし、全員で空を見上げて大喜び。とてもきれいでカルデア人やアル・ビルニー、アル・キンディーたちはこの星空を眺めていたのかな?と考えてしまいました。流れ星もいくつも見て、そのうちに金星が登って来ました。(でも方向が太陽とは違うので別の天体?)
b0164641_23191089.jpg
そして朝日

朝食後、8時半には出発し、運良く砂漠の灼熱の砂は経験せずに済みました。前日の雨が幸いしたようです。結局、ルブ・アル・ハリ砂漠では、雨、雷、虹、夕日、星空、流れ星、ご来光フルコースで見ることができました!

次はオマーンの名門香水店アムアージュのことについて書きますね。そしてフランキンセンスのアイスクリームやフランキンセンス・ウォーターのことも順次書きますのでお楽しみに!
[PR]
# by lsajapan | 2017-05-16 23:24 | 海外にて

<102> オマーンへの旅:その1

b0164641_15261839.jpg
めずらしくゴールデンウィーク中に休暇を取り、オマーンにフランキンセンスの木(乳香木)と砂漠の星空を見に行きました。中東は現在様々な問題が起きていて敬遠されがちですが、安定した平和な国はいくつかあります。
b0164641_15271279.jpg
美しいスルタン・カブース・グランド・モスク
b0164641_15281819.png
アラビア半島
b0164641_15284016.png
その南東部がオマーン

オマーンはアラビア半島の南東にあるおとぎ話に出て来るような国です。実際、アラビアンナイトにも出て来る土地です。1970年までは様々な部族が住んでおり、部族同士の争いもあったそうですが、現在のカブース国王になってから急激に国が整えられて来たそうです。自然資源(石油と天然ガス)が豊富でインフラ、社会保障制度がある程度しっかりしており、人々が安泰に暮らしています。スルタンがしっかりと国を統治していると違うのでしょう。そして全てがきれいで清潔な雰囲気は(この土地には長い歴史がありますが)やはり新興国だからなのでしょう。
b0164641_15343211.jpg
カブース国王の写真です。あらゆるところに飾られています。これはアムアージュ本店で。
b0164641_15311477.jpg
デンゼル・ワシントン似のガイドのトゥビーさんがコーランを持って説明。この後にイスラム教についてのインフォメーション・センターで女性たちの生の声を聞くことができとても勉強になりました。とても向上心があり,頼もしいです!
b0164641_16211976.jpg
モスクに入る時には長袖、足首の見えないバンツ、スカーフを巻く必要があり、トゥビーさんに全員指南を受けました。モスクの入り口では4人の男女がジーッと入場者の服装チェック
b0164641_15323027.jpg
名門香水店アムアージュの庭にあるフランキンセンスの木

国土は日本の85%の大きさで人口は442万人(東京は1200万人)、イスラム教の中でも穏健なイバード派が主流です。アラビア語が公用語ですが、地方により方言がかなりあるようです。数字すら読めない私には全くわかりませんが
b0164641_15381788.png
外側がアラビア数字。4、5、6が想像を絶する形・・・・覚えられな〜い!

ドーハ(カタール)を経由して首都のマスカットにまずは行き、観光やアムアージュ(王室が経営に関わる香水会社)やグランドモスク、スークなどに観光し、その後にフランキンセンスで有名なサラーラに移動します。なかなか出版にこぎつけない「ペトラ」に出て来るラクダのキャラバンもサラーラから出発しています。主人公ライラの愛するハドロンはこの土地の出身です。彼の家のフランキンセンスの植林地がイナゴの大群に襲われるシーンや砂漠を旅するシーン、砂漠の夜の星空など、やっと体験することができました。
b0164641_1546550.jpg
うっすらとオレンジ色の素敵なルブ・アル・ハリ砂漠
ガイドのベトウィン出身のムサレムさんは4WDでスイスイと砂漠の小山を越えて運転。砂漠の旅はエキスパートと一緒でないと危険だとおっしゃっていました
b0164641_15505949.jpg
ムサレムさんの従兄弟のハッサンさんはアサヤを使ってベドウィンの踊りを披露してくれました(ポロシャツを着ているのが惜しい・・・黒いディスターシャだと素敵です。かわねちゃんがチョイワルオヤジと命名していました)

「ペトラ」の中でハドロンはとてもハンサムだと何度も繰り返されますが、オマーンに行って驚いたのはハンサムが多い!3人に1人は2度見どころか4度見くらいのハンサムでした。それにディスターシャを着ていると崇高に見えるので、それだけで魅力50%アップでしょうか?女性も黒いアバヤに身を包み、美しくメイクアップした目と香りでうっとりです。ディスターシャを着た男性も何人か集まっている近くを通ると何とも言えない芳しい香りがします。これは伝統的な習慣だそうですが、皆きちんと伝統を守っているところが素敵です。すっかりディスターシャとアバヤのファンになってしまいました。とってもエレガントです。
b0164641_15544543.jpg
フランキンセンス・スーク
b0164641_15555278.jpg
ガイドのムサレムさんとフランキンセンスの木

フランキンセンスの木にやっと会えて感無量。樹脂も染み出ていたところを味見させていただきました。甘くエキゾティックな香りが広がります。アロマテラピーの世界ではBoswellia cariteiiと呼ばれていますが、サラーラに行くとBoswellia sacraと表記されています。いろいろと調べた結果わかったことは、これは同じ植物を指し、学名の命名者H. J.カーターが混同したようです。(で、自分の名前を付けた)他にいくつかの学名が知られていますが、インドやソマリア産の近縁種です。

サラーラ(ドファール地方)は地図でもわかるようにアラビア海に面したインドからのモンスーン気候で雨期があります。雨期には霧や雨が多く、その湿った空気がサラーラの農業を発展させる要因でもあります。(ココナッツ、バナナ、ざくろ、パパイヤ、ナス、インゲン豆など)その湿った空気が山でせき止められた向こうの高地にフランキンセンスは自生しています。ここでも微気候(micro-climate)が関係し、独特の環境が最上級のフランキンセンス樹脂をつくり出します。

さらに詳しいフランキンセンスについての情報ですが、5月20日の午前中に開催する「オマーン報告会」までにしっかりとまとめようと思います。是非いらしてください。フランキンセンスの研究やフランキンセンス・ウォーター、そして話題のフランキンセンス・アイスクリームにも挑戦したいと思います。最高級品のフランキンセンス樹脂(ホジャリ)もお土産に用意しました。まだ柔らかく、ガムのように噛むこともできます。口内炎や消化器障害、泌尿器感染症などたくさんの効果があります。そしてフランキンセンスの精油も仕入れて来ました。5月中旬よりフランキンセンス・セールをしたいと思います。(樹脂、精油、ハイドロレート、ティンクチャー)
b0164641_15571899.jpg
アル・ブスタン・パレス・ホテルで。腰に正装の際、身につけるハンジャルを着けています

砂漠のことやシバの女王の遺跡、世界遺産のフランキンセンス・トレイルのことなどはその2で紹介しようと思います。
[PR]
# by lsajapan | 2017-05-08 16:06 | 海外にて

<101> インドネシアからのお客様

b0164641_10292850.jpg
安部先生の帝京大学医真菌研究所にフェリさんとリスキナさんと一緒に伺いました

インドネシアの最大手香料会社インデッソのシニア・マネージャーのフェリさんが来日されました。フェリさんはアジア香料原料国際会議(AAC-AAIC)のカンファレンスの実行委員長なので、2012年のバリ島でのカンファレンスの際に大変お世話になりました。400人も集まっていたのに日本人は私だけだったので、来年度の会議には日本からの参加者を増やそうとプロモートを兼ねての来日です。来年4月にはジョグジャカルタで会議があり、その後はボロブドゥール遺跡や様々な香料原料農家を訪ねるツアーをします。メインスピーカーにはロバート・ティスランド氏、ブライアン・ローレンス氏が予定されており、シュナウベルト博士、長島司先生、安部先生の研究室からどなたかが参加する予定です。私も30分の枠ですが、スピーカーとして参加する予定です。実はすでにAAC-AAIC実行委員会の委員になっています。
b0164641_1031221.jpg
安部先生と羽山先生と一緒に
b0164641_10215936.jpg
フレグランスジャーナル社訪問の際のグループショット。一番背の高い方がフェリさん、私のお隣が津野田会長とリスキナさん

インドネシアはメインの5つの島1万もの群島で成っており、様々なスパイスや熱帯の植物に恵まれています。シュナウベルト博士はずっとインドネシアのファンで、旅行したりリサーチしたりしています。特にCO2抽出のスパイス類には優れた抗腫瘍作用が研究されており、注目されています。
b0164641_10282638.jpg
2012年にボロブドゥールを訪ねた時

今回のフェリさんの来日で2日間ほどですが、安部先生の研究室やフレグランスジャーナルの訪問の他、ランチミーティング、ハラルレストランで食事をしたりと興味深いことがたくさんありました。一緒に行動したリスキナさんは東京農業大学で国際バイオビジネス学の博士課程で研究されている女性で、9年間日本に住んでいらっしゃり、ナツメグの研究をされています。最初の3年で日本語読み書きマスターしたそうです。見習わないとですね・・・
b0164641_10315963.jpg
夜はハラルレストランにご一緒させていただきました。美味しかったです

敬虔なムスリムの方たちの考え方も垣間みて、とても平和的で自分だけでなく周りの方たちも幸せになるようにとの心がけが素晴らしかったです。インデッソ社は農家からのパチューリやヴェティバーなどの特定な香料原料植物の買い上げに関して、最低価格を保証しているそうです。農業に携わっている方たちの生活を保障しなければ天然香料の供給も安定せず、モチベーションも上がらないからだそうです。

リスキナさんはナツメグ農場の指導に携わり、特定な面積に対して1本のナツメグの木を植えることにより、収穫量を増やし病気を防ぐことがわかっています。でも実際は密生させて育てているところが多く、間引くことを勧めるのですが、お爺さんの代から大切にしている木を切ることはできないと断られるそうです。私が「じゃあ別のところに移植すれば?」と言うと「いえ、すでに3000ヘクタールもの土地でそう言う状態なんです」それではどこにも持って行けそうもないですね。植物には気候や土壌だけでなく、文化が深く関係しており、それを科学や能率で片付けきれない難しさをお話ししてくれました。

2012年にバリ島やジャワ島の観光客が行かないようなエリアに連れて行ってもらい、農場見学をしましたが、働いている人達は学校にあまり行っていないようでした。少し外で学習する機会があれば、様々な工夫やアップデートも出来そうな雰囲気もありました。そんなところにリスキナさんのような方が協力者として参加して行くと発展していくんだなと納得しました。

フェリさんは帰国後にフレグランスジャーナル社や安部先生にメールを書かれ、皆が親切で大歓迎してくれて、何年も前からの友人のように接してくれたことを感激されておりました。「これからはアジアだ!」の標語でアジアの天然精油原料に注目して、お互いに協力、研究、発展できるといいという1つの方向性が決まり盛り上がっています。
b0164641_10333481.jpg
フェリさんから津野田会長にインデッソ創業者のバイオグラフィーと社史の本を進呈。他にもスパイスティーやフレーバー製品などをお土産にされていました

もうすぐAAC-AAICのウェブサイトができあがりますので、またお知らせします。精油の重要な部分を占めるスパイスや熱帯地方の植物、パチューリ、カユプテ、レモングラス、ヴェティバー、ジンジャーなどインドネシアの植物はその文化と共にとっても魅力的です。
[PR]
# by lsajapan | 2017-04-29 10:38 | 近況報告

<100> シュナウベルト博士との8日間

b0164641_10273774.jpg
4月のセミナーに合わせて来日されたシュナウベルト博士は、いつも我が家に泊まります。朝から晩まで(時々主人とスポーツクラブに行って泳ぐ)合宿状態。様々なことをディスカッションしたり、アロマテラピーや健康に関することだけでなく社会情勢から音楽、料理、ワインのことなど3人でいつもながらとても楽しく過ごし、勉強になった8日間でした。最後に箱根に行って日本の温泉も体験していただきました。バーデンバーデンとの比較などもおもしろかったです。(写真は広尾のラ・ビスボッチャにて。シュナウベルト博士と長島先生、私と主人の4人で)
b0164641_1022246.jpg
(授業は多岐に渡り、日本では知られていない情報も満載です)
今回は私がまだ翻訳途中の「プラント・ランゲージ」についての勉強会を在学生を中心に行ない、植物の進化と二次代謝物のあり方、そしてシステム生物学にも話が波及しました。ひとつずつの細胞や器官についての研究だけでは見えないものがあり、それを各構成要素が一緒になって働くと新しい特性を示すことがある。それは個々を調べても理解できないし立証できない。生命体は全体を見渡さなければ、いろいろなことが明らかにならない。このような見解で精油を見てみると、理解がさらに深まります。

精油の成分はまず単品、グループ(官能基)で勉強する。でもそこで勉強は終わりではなく、相互作用についてもっと意識を向けるべきである。ということです。成分だけで判断せずに植物全体で作用や効果を理解するべきで、全体を見渡してその種が何を表現しているかを学ばなければ、自然療法としての価値がない。化学での理解はひとつのステップであり、そこで止まれば一般的な医薬品と同じ扱いになってしまう。そうですよね。

癌についてのセミナーでは、抗癌作用、癌予防のための精油、癌の治療の副作用を軽減するための精油などの話をして下さいました。これはフランスやアメリカ、インドの医師や学者たちが研究した成果を集めたもので、実際にシュナウベルト博士主催のカンファレンスにスピーカーとしていらっしゃる方たちです。自分や家族、そして周りの方たちを少しでも助けることができるので、必ず良質な偽和のない精油だけを使用してください。素材が悪ければ意味がありませんから・・・偽和のない良質な精油を使用し、注意深くという前提条件つきでレシピを紹介します。これはアン・マリー・ジロー・オベール医師の提示したレシピです。

<口内炎> ベイローレル、キャロットシード、ティートゥリー、ニアウリ、ローマンカモミールどれか1つを精油を混ぜた重曹を加えた水をマウスウォッシュとして使用。(100cc の水に重曹小さじ1杯/精油は3滴)
<感染予防> ラヴィンサラ、タイムCT ツヤノール、パルマローザ
各2滴ずつ(合計6滴)1日2回、化学療法を受けた後に10日間に渡って内用。感染症予防に大変有用
<肝臓浄化> グリーンランドモス、レモン、ローズマリーCT ベルベノン 各1滴(合計3滴)1日3回、化学療法を受けてから10日間続ける。トランスアミナーゼやガンマGTのレベルを下げる(肝臓の細胞膜を強化する)

癌予防に関してはティスランドの”Essential Oils Safety”にも出ていますが、d-リモネンやカルボン、1,8シネオール、酢酸リナリル、ゲラニオールなどの効果が示された論文がまとめられています。インドの研究者のスパイスの抗癌作用の研究ではジンジャーやクミンなど様々なスパイス類が効果を示しており、これは日々の食生活に活かせることができます。

来年になりますが、カート・シュナウベルト博士のコースを開講することになりました。実践的なフランス式アロマテラピーと言えば良いのでしょうか。半年くらいのコースです。高度な勉強になりそうなので初心者向けではなく、ブラッシュアップのためのコースになると思います。でもまずは本の翻訳を完了させなくては・・・・

2009年から始めたブログが、ゆっくりの更新でもついに100回となりました。これからも様々なトピックで皆に正しい情報と新しい知識を常にシェアして行きたいと思います。
[PR]
# by lsajapan | 2017-04-18 10:30 | セミナー

<99> プラント・ラングエージがもうすぐ翻訳完了

b0164641_1549810.jpg
3年前に出版が決まってから、様々なことがあったこともありますが、今やっと集中して翻訳することができています。カート・シュナウベルト博士の「プラント・ラングエージ」(原題:アメリカで出版された題名は別で写真に出ている通り)・・・・表紙をめくると私のコメントが一番最初に出て来ます。本当にすごい名誉なことと思います。

「シュナウベルト博士は最新鋭のアロマテラピーの見解をこの本の中で見せてくれ、植物と人間の共進化を深く理解させ、私たちにたくさんの答えをくれる」バーグ文子、ロンドンスクールオブアロマテラピージャパン

ついでにもう1人の同じページのコメントは、スザンヌ・カティさんです。「ハイドロゾル」の・・・・彼女もネリーとカートに師事しているんですよね。今まで一度もお会いするチャンスはありませんでしたが。

今月末にシュナウベルト博士が来日されます。皆、とても楽しみにしてくださり、セミナーはすでに定員いっぱいです。(数名は入れるところがあるかもしれませんが、後はキャンセル待ちです)でも、上手くいけば夏には出版になるかもしれませんので、少し内容を紹介します。

『プラント・ラングエージ』より:多少省略、簡略化しています

 もし本当に自然から学ぼうとするのなら、それが我々の場合は精油からというわけだが、その純粋さと正真正銘の本物であることを解明することが、本当に学べるか否かを決定する要となる。商業の多くの領域において、欺瞞が経済の不可欠な部分となっている事実を考えると、精油の領域でも同じようにはびこっているのは驚くことではない。

 標準化した精油を使用していたら、自然から何も学べない。アメリカではアロマテラピーに使われる大部分の精油は調合されたもので、純粋な本物ではないし、1つの植物原料のみからでもない。実のところ、アメリカとイギリスの多様なアロマテラピー協会の最も見逃すことの出来ない不首尾は、真正な精油の問題に取り組まないことであろう。産業的で操作処理された精油を売っている会社がこれらの協会に浸透し、誰が本物の精油を売っているのか見分けがつかなくなっている。

 精油が実際に真正で本物であることを確かめるために、最も簡単な方法はその産地を知ることである。理想的なのは、生産会社の名前を知ることだ。精油のサンプルは生産者の本物のサンプルと比較することができる。販売者の原産国についての不明瞭な説明は、産業的につくられていることを示し、概ねグラースまたはニューヨークの香料原料会社から直接または媒介として供給されているものだ。分析表は甚だしい偽和を感知するために有用ではあるが、一般的には精油が本物であることを証明することはできない。

 有機体論の概念は本物の精油の活性と、対照的に大きな仲買会社による操作された普通の商業製品を理解するために重要な影響を持つ。薬理学は分子現象には限界があり、本物の天然由来のための尺度がない。有機体論の見解では、本物の精油によって誘発された生理作用は、生命体である植物全体が生き残りと繁殖の成功を賭けて闘って来た遺伝子発現によるものであり、ただの成分の組み合わせではない。

 本物の精油は生物学的進化の試練を通して、最も効果があった二次代謝物の組み合わせによって特徴付けられている。本物の精油でさえ、元々の二次代謝物の成分構成は蒸留の間に化学反応によりすでに変化している。しかし、商業的精油の中には、合成ではなく単離した天然由来のものから構成しているものもあるが、それでもローズマリーの植物の象徴である精油をつくりあげた本来の意図である“進化によるデザイン”は失われている。

 それに精油がユーカリプタスやオレンジから単離された成分が、どうやってローズマリーになるかという哲学的な問題点もある。加えて原料植物の表現することに違いがある。ユーカリプタス精油から単離された成分がローズマリー精油を再構成(人工的に構成)するために使われるとき、成分の名前は同じであろうとも立体化学や異性体の存在比率は違うことが多い。結果的に西側のアロマテラピーではほとんどの人が使っている再構成したローズマリー精油は、その中に入っている混合した成分に本来備わっている作用を果たす。しかし、ローズマリーの全生命体に表れている生命をサポートして来た性質は失われている。

***************
まだ校正していませんが、難しい文体ながら心に深く届く内容です。やはり彼のような思考回路と知識を持った方が説明すると説得力があります。日本にいる間はずっといろいろなお話しをして、学ぶことが山盛りです。過去10年間の友情と知識のシェアに感謝・・・・そして一度も「早く訳せ」と言わない奥ゆかしさ。甘えないで頑張ります!!
b0164641_16103434.jpg
これなんでしょう?実はレユニオンの畑からいただいて来た小さなターメリックの根茎を2週間程前に植木鉢に植えて、室内で管理していたら・・・すごい生命力ですね。
[PR]
# by lsajapan | 2017-03-10 16:12 | 近況報告