<   2017年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<103> オマーンへの旅:その2

オマーンの首都マスカットで数日過ごした後、飛行機で1時間45分でサラーラに移動しました。様々なところに行きましたが、やはり1万2千本のフランキンセンスの木が植樹されているワディ・ダウカの乳香公園が何とも印象的でした。ここはユネスコ世界遺産にも指定されています。
b0164641_23131280.jpg
フランキンセンス(乳香木)が自生している場所はオマーン、イエメン、ソマリア、インドなどです。それぞれ学名が異なります。オーバーラップするものもありますが、その中でもオマーン西南部のサラーラ(ドファール地方)のフランキンセンス(Boswellia sacra)が最上級品と言われています。
b0164641_2253413.jpg

b0164641_9124610.jpg
乳香木は落葉性の低木で、2m程から大きくても8mまでです。8〜10年で樹脂を産生し始めます。
b0164641_912854.jpg

樹皮は薄く、紙のように剥がれます。マンガフという用具を使用して薄く樹皮を剥がして1週間程置くと、ミルク状の白い樹液が固まって樹脂となります。樹脂は手作業で集められます。薄いグリーン〜白〜薄茶〜茶色と様々なグレードの樹脂があります。
b0164641_0341928.jpg
グリーンホジャリ

次にウバール遺跡を訪ねました。ウバール遺跡は1992年にNASAの衛星が特定して、100mもの砂に埋まっていた失われた古代要塞都市“シスル”を見つけ出します。コーランやアラビアンナイトにも登場した都市で、紀元前3000年頃からフランキンセンスの交易の中心地として栄えました。世界遺産のフランキンセンス・トレイルの出発点でもあります。港湾都市でもあり、船でもフランキンセンスを積み出しました
b0164641_23355296.jpg

b0164641_2336720.jpg
なぜ滅びたかと言うと、乳香で栄えたウバール市民は不道徳で強欲であったために、アラーの神により滅ぼされたと言います、実際、地震か地盤沈下によるものと考えられています。
b0164641_2315578.jpg
シバの女王とソロモン王にも関係が深いと考えられている場所です

その昔、フランキンセンスは金と同じくらいの価値があり、宗教儀式や火葬に使ったり、薬や香料としても珍重されました。現在はそこまでいかなくても、今だに名産地であるのは変わりありません。そして現代では石油と天然ガスが産出するので、本当に金運に恵まれた国ですね。となりのイエメンではコレラが流行し、ISが活動し、女性が虐げられているなんて信じられない程です。そしてイエメンには石油や天然ガスのような自然資源がないと新聞で読み、ショックを受けました。同じアラビア半島の最南端の2つの国なのに・・・・

マスカットからサラーラに飛行機で移動し、一泊した後に4WD2台に分乗して私たちはルブ・アル・ハリ砂漠に向かいます。スムーズなハイウェイは王様がきちんと整備しただけあって超快適。途中から砂漠の風景になり、舗装道路出はあるけれどコンクリートは敷いていない砂漠道になり、その後、砂漠の道はなくなって砂丘になりました。そこに入って行く時にはムサレムさんとハッサンさんは各々自分の車のタイヤの空気をプシューッと勢いよく抜きます。「インパクトを和らげるためですか〜?」と聞くと「その通り」の返事。その後は大アドベンチャーの始まり。砂丘の砂は毎日形を変えるのですから、風景や地形では方向も行く道を判断できないです。通常のガイドツアーはGPSを付けるそうですが、ムサレムさんは何にも見ない〜!!どうしてかと聞けば「そんなことベドウィンに聞くな」だそうです。
b0164641_22475851.jpg
b0164641_22585335.jpg
ラクダに注意

そして何だかどこに向かっているのか全くわからないまま、砂漠をどんどん進んで行きます。永遠のような気持ちさえするような長い時間、1年間に3mlしか降らない雨がザーザー降りだし、そんな中で砂漠を走ると雨煙がスーッと上がり、幻想的な風景を見せていました。かなり揺れるので写真は上手く撮れませんでした。その後、さらにデコボコの砂の上を登ったり降りたり、だいたい天井くらいの高さがあるようなところも乗り越えていました。大丈夫なのかな?と思いましたが、さすがプロ。でも帰り道はハッサンさんが2回砂にはまり込み、ムサレムさんと2人でシャベルを使って掘り返していました。手伝うことはありますか?と聞きたいところですが、却って足手まといでしょう・・・でもすぐに解決していました。
b0164641_22491796.jpg
雨がやっと上がると虹が見えて、皆の歓声と共に楽しく写真を撮っていると「ダブルレインボーだ!」との声。本当に2重になっています。素敵。夕日も見ることができました。
b0164641_22495752.jpg
ところでこのルブ・アル・ハリ砂漠はオマーン、イエメン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦に広がるアラビア半島の3分の1を占めます。英語では"Empty Quarter"と呼ばれており、アラビア語でも「不毛の地」という意味だそうです。65万平方キロメーターなので、日本の国土の2倍よりは少し小さいくらいです。こんなところで迷ったらどうしよう!
b0164641_2251155.jpg
設置トイレへの道
b0164641_23172761.jpg
宿泊したベドウィンテント

雨が降ったせいで空には厚い雲がかかり、星空は見えず・・・これもフランキンセンスと同じくらい楽しみにしていたのに。でも一晩のうちに空模様は変わるかもしれないから、ムサレムさんも「1時と4時にチェックして星が見えたら起こします」とのことでした。その晩、トイレに行きたくなり時計を見たら4時半。意を決して皆の寝息の聞こえる中、1人で何も見えないテントの外に出て行きました。宇宙人やオオカミやサソリ、変態などに出会わないかヒヤヒヤしていると、フッと上を見上げると満天の星。驚いてテントに帰ってから皆を起こし、全員で空を見上げて大喜び。とてもきれいでカルデア人やアル・ビルニー、アル・キンディーたちはこの星空を眺めていたのかな?と考えてしまいました。流れ星もいくつも見て、そのうちに金星が登って来ました。(でも方向が太陽とは違うので別の天体?)
b0164641_23191089.jpg
そして朝日

朝食後、8時半には出発し、運良く砂漠の灼熱の砂は経験せずに済みました。前日の雨が幸いしたようです。結局、ルブ・アル・ハリ砂漠では、雨、雷、虹、夕日、星空、流れ星、ご来光フルコースで見ることができました!

次はオマーンの名門香水店アムアージュのことについて書きますね。そしてフランキンセンスのアイスクリームやフランキンセンス・ウォーターのことも順次書きますのでお楽しみに!
[PR]
by lsajapan | 2017-05-16 23:24 | 海外にて

<102> オマーンへの旅:その1

b0164641_15261839.jpg
めずらしくゴールデンウィーク中に休暇を取り、オマーンにフランキンセンスの木(乳香木)と砂漠の星空を見に行きました。中東は現在様々な問題が起きていて敬遠されがちですが、安定した平和な国はいくつかあります。
b0164641_15271279.jpg
美しいスルタン・カブース・グランド・モスク
b0164641_15281819.png
アラビア半島
b0164641_15284016.png
その南東部がオマーン

オマーンはアラビア半島の南東にあるおとぎ話に出て来るような国です。実際、アラビアンナイトにも出て来る土地です。1970年までは様々な部族が住んでおり、部族同士の争いもあったそうですが、現在のカブース国王になってから急激に国が整えられて来たそうです。自然資源(石油と天然ガス)が豊富でインフラ、社会保障制度がある程度しっかりしており、人々が安泰に暮らしています。スルタンがしっかりと国を統治していると違うのでしょう。そして全てがきれいで清潔な雰囲気は(この土地には長い歴史がありますが)やはり新興国だからなのでしょう。
b0164641_15343211.jpg
カブース国王の写真です。あらゆるところに飾られています。これはアムアージュ本店で。
b0164641_15311477.jpg
デンゼル・ワシントン似のガイドのトゥビーさんがコーランを持って説明。この後にイスラム教についてのインフォメーション・センターで女性たちの生の声を聞くことができとても勉強になりました。とても向上心があり,頼もしいです!
b0164641_16211976.jpg
モスクに入る時には長袖、足首の見えないバンツ、スカーフを巻く必要があり、トゥビーさんに全員指南を受けました。モスクの入り口では4人の男女がジーッと入場者の服装チェック
b0164641_15323027.jpg
名門香水店アムアージュの庭にあるフランキンセンスの木

国土は日本の85%の大きさで人口は442万人(東京は1200万人)、イスラム教の中でも穏健なイバード派が主流です。アラビア語が公用語ですが、地方により方言がかなりあるようです。数字すら読めない私には全くわかりませんが
b0164641_15381788.png
外側がアラビア数字。4、5、6が想像を絶する形・・・・覚えられな〜い!

ドーハ(カタール)を経由して首都のマスカットにまずは行き、観光やアムアージュ(王室が経営に関わる香水会社)やグランドモスク、スークなどに観光し、その後にフランキンセンスで有名なサラーラに移動します。なかなか出版にこぎつけない「ペトラ」に出て来るラクダのキャラバンもサラーラから出発しています。主人公ライラの愛するハドロンはこの土地の出身です。彼の家のフランキンセンスの植林地がイナゴの大群に襲われるシーンや砂漠を旅するシーン、砂漠の夜の星空など、やっと体験することができました。
b0164641_1546550.jpg
うっすらとオレンジ色の素敵なルブ・アル・ハリ砂漠
ガイドのベトウィン出身のムサレムさんは4WDでスイスイと砂漠の小山を越えて運転。砂漠の旅はエキスパートと一緒でないと危険だとおっしゃっていました
b0164641_15505949.jpg
ムサレムさんの従兄弟のハッサンさんはアサヤを使ってベドウィンの踊りを披露してくれました(ポロシャツを着ているのが惜しい・・・黒いディスターシャだと素敵です。かわねちゃんがチョイワルオヤジと命名していました)

「ペトラ」の中でハドロンはとてもハンサムだと何度も繰り返されますが、オマーンに行って驚いたのはハンサムが多い!3人に1人は2度見どころか4度見くらいのハンサムでした。それにディスターシャを着ていると崇高に見えるので、それだけで魅力50%アップでしょうか?女性も黒いアバヤに身を包み、美しくメイクアップした目と香りでうっとりです。ディスターシャを着た男性も何人か集まっている近くを通ると何とも言えない芳しい香りがします。これは伝統的な習慣だそうですが、皆きちんと伝統を守っているところが素敵です。すっかりディスターシャとアバヤのファンになってしまいました。とってもエレガントです。
b0164641_15544543.jpg
フランキンセンス・スーク
b0164641_15555278.jpg
ガイドのムサレムさんとフランキンセンスの木

フランキンセンスの木にやっと会えて感無量。樹脂も染み出ていたところを味見させていただきました。甘くエキゾティックな香りが広がります。アロマテラピーの世界ではBoswellia cariteiiと呼ばれていますが、サラーラに行くとBoswellia sacraと表記されています。いろいろと調べた結果わかったことは、これは同じ植物を指し、学名の命名者H. J.カーターが混同したようです。(で、自分の名前を付けた)他にいくつかの学名が知られていますが、インドやソマリア産の近縁種です。

サラーラ(ドファール地方)は地図でもわかるようにアラビア海に面したインドからのモンスーン気候で雨期があります。雨期には霧や雨が多く、その湿った空気がサラーラの農業を発展させる要因でもあります。(ココナッツ、バナナ、ざくろ、パパイヤ、ナス、インゲン豆など)その湿った空気が山でせき止められた向こうの高地にフランキンセンスは自生しています。ここでも微気候(micro-climate)が関係し、独特の環境が最上級のフランキンセンス樹脂をつくり出します。

さらに詳しいフランキンセンスについての情報ですが、5月20日の午前中に開催する「オマーン報告会」までにしっかりとまとめようと思います。是非いらしてください。フランキンセンスの研究やフランキンセンス・ウォーター、そして話題のフランキンセンス・アイスクリームにも挑戦したいと思います。最高級品のフランキンセンス樹脂(ホジャリ)もお土産に用意しました。まだ柔らかく、ガムのように噛むこともできます。口内炎や消化器障害、泌尿器感染症などたくさんの効果があります。そしてフランキンセンスの精油も仕入れて来ました。5月中旬よりフランキンセンス・セールをしたいと思います。(樹脂、精油、ハイドロレート、ティンクチャー)
b0164641_15571899.jpg
アル・ブスタン・パレス・ホテルで。腰に正装の際、身につけるハンジャルを着けています

砂漠のことやシバの女王の遺跡、世界遺産のフランキンセンス・トレイルのことなどはその2で紹介しようと思います。
[PR]
by lsajapan | 2017-05-08 16:06 | 海外にて