<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<101> インドネシアからのお客様

b0164641_10292850.jpg
安部先生の帝京大学医真菌研究所にフェリさんとリスキナさんと一緒に伺いました

インドネシアの最大手香料会社インデッソのシニア・マネージャーのフェリさんが来日されました。フェリさんはアジア香料原料国際会議(AAC-AAIC)のカンファレンスの実行委員長なので、2012年のバリ島でのカンファレンスの際に大変お世話になりました。400人も集まっていたのに日本人は私だけだったので、来年度の会議には日本からの参加者を増やそうとプロモートを兼ねての来日です。来年4月にはジョグジャカルタで会議があり、その後はボロブドゥール遺跡や様々な香料原料農家を訪ねるツアーをします。メインスピーカーにはロバート・ティスランド氏、ブライアン・ローレンス氏が予定されており、シュナウベルト博士、長島司先生、安部先生の研究室からどなたかが参加する予定です。私も30分の枠ですが、スピーカーとして参加する予定です。実はすでにAAC-AAIC実行委員会の委員になっています。
b0164641_1031221.jpg
安部先生と羽山先生と一緒に
b0164641_10215936.jpg
フレグランスジャーナル社訪問の際のグループショット。一番背の高い方がフェリさん、私のお隣が津野田会長とリスキナさん

インドネシアはメインの5つの島1万もの群島で成っており、様々なスパイスや熱帯の植物に恵まれています。シュナウベルト博士はずっとインドネシアのファンで、旅行したりリサーチしたりしています。特にCO2抽出のスパイス類には優れた抗腫瘍作用が研究されており、注目されています。
b0164641_10282638.jpg
2012年にボロブドゥールを訪ねた時

今回のフェリさんの来日で2日間ほどですが、安部先生の研究室やフレグランスジャーナルの訪問の他、ランチミーティング、ハラルレストランで食事をしたりと興味深いことがたくさんありました。一緒に行動したリスキナさんは東京農業大学で国際バイオビジネス学の博士課程で研究されている女性で、9年間日本に住んでいらっしゃり、ナツメグの研究をされています。最初の3年で日本語読み書きマスターしたそうです。見習わないとですね・・・
b0164641_10315963.jpg
夜はハラルレストランにご一緒させていただきました。美味しかったです

敬虔なムスリムの方たちの考え方も垣間みて、とても平和的で自分だけでなく周りの方たちも幸せになるようにとの心がけが素晴らしかったです。インデッソ社は農家からのパチューリやヴェティバーなどの特定な香料原料植物の買い上げに関して、最低価格を保証しているそうです。農業に携わっている方たちの生活を保障しなければ天然香料の供給も安定せず、モチベーションも上がらないからだそうです。

リスキナさんはナツメグ農場の指導に携わり、特定な面積に対して1本のナツメグの木を植えることにより、収穫量を増やし病気を防ぐことがわかっています。でも実際は密生させて育てているところが多く、間引くことを勧めるのですが、お爺さんの代から大切にしている木を切ることはできないと断られるそうです。私が「じゃあ別のところに移植すれば?」と言うと「いえ、すでに3000ヘクタールもの土地でそう言う状態なんです」それではどこにも持って行けそうもないですね。植物には気候や土壌だけでなく、文化が深く関係しており、それを科学や能率で片付けきれない難しさをお話ししてくれました。

2012年にバリ島やジャワ島の観光客が行かないようなエリアに連れて行ってもらい、農場見学をしましたが、働いている人達は学校にあまり行っていないようでした。少し外で学習する機会があれば、様々な工夫やアップデートも出来そうな雰囲気もありました。そんなところにリスキナさんのような方が協力者として参加して行くと発展していくんだなと納得しました。

フェリさんは帰国後にフレグランスジャーナル社や安部先生にメールを書かれ、皆が親切で大歓迎してくれて、何年も前からの友人のように接してくれたことを感激されておりました。「これからはアジアだ!」の標語でアジアの天然精油原料に注目して、お互いに協力、研究、発展できるといいという1つの方向性が決まり盛り上がっています。
b0164641_10333481.jpg
フェリさんから津野田会長にインデッソ創業者のバイオグラフィーと社史の本を進呈。他にもスパイスティーやフレーバー製品などをお土産にされていました

もうすぐAAC-AAICのウェブサイトができあがりますので、またお知らせします。精油の重要な部分を占めるスパイスや熱帯地方の植物、パチューリ、カユプテ、レモングラス、ヴェティバー、ジンジャーなどインドネシアの植物はその文化と共にとっても魅力的です。
[PR]
by lsajapan | 2017-04-29 10:38 | 近況報告

<100> シュナウベルト博士との8日間

b0164641_10273774.jpg
4月のセミナーに合わせて来日されたシュナウベルト博士は、いつも我が家に泊まります。朝から晩まで(時々主人とスポーツクラブに行って泳ぐ)合宿状態。様々なことをディスカッションしたり、アロマテラピーや健康に関することだけでなく社会情勢から音楽、料理、ワインのことなど3人でいつもながらとても楽しく過ごし、勉強になった8日間でした。最後に箱根に行って日本の温泉も体験していただきました。バーデンバーデンとの比較などもおもしろかったです。(写真は広尾のラ・ビスボッチャにて。シュナウベルト博士と長島先生、私と主人の4人で)
b0164641_1022246.jpg
(授業は多岐に渡り、日本では知られていない情報も満載です)
今回は私がまだ翻訳途中の「プラント・ランゲージ」についての勉強会を在学生を中心に行ない、植物の進化と二次代謝物のあり方、そしてシステム生物学にも話が波及しました。ひとつずつの細胞や器官についての研究だけでは見えないものがあり、それを各構成要素が一緒になって働くと新しい特性を示すことがある。それは個々を調べても理解できないし立証できない。生命体は全体を見渡さなければ、いろいろなことが明らかにならない。このような見解で精油を見てみると、理解がさらに深まります。

精油の成分はまず単品、グループ(官能基)で勉強する。でもそこで勉強は終わりではなく、相互作用についてもっと意識を向けるべきである。ということです。成分だけで判断せずに植物全体で作用や効果を理解するべきで、全体を見渡してその種が何を表現しているかを学ばなければ、自然療法としての価値がない。化学での理解はひとつのステップであり、そこで止まれば一般的な医薬品と同じ扱いになってしまう。そうですよね。

癌についてのセミナーでは、抗癌作用、癌予防のための精油、癌の治療の副作用を軽減するための精油などの話をして下さいました。これはフランスやアメリカ、インドの医師や学者たちが研究した成果を集めたもので、実際にシュナウベルト博士主催のカンファレンスにスピーカーとしていらっしゃる方たちです。自分や家族、そして周りの方たちを少しでも助けることができるので、必ず良質な偽和のない精油だけを使用してください。素材が悪ければ意味がありませんから・・・偽和のない良質な精油を使用し、注意深くという前提条件つきでレシピを紹介します。これはアン・マリー・ジロー・オベール医師の提示したレシピです。

<口内炎> ベイローレル、キャロットシード、ティートゥリー、ニアウリ、ローマンカモミールどれか1つを精油を混ぜた重曹を加えた水をマウスウォッシュとして使用。(100cc の水に重曹小さじ1杯/精油は3滴)
<感染予防> ラヴィンサラ、タイムCT ツヤノール、パルマローザ
各2滴ずつ(合計6滴)1日2回、化学療法を受けた後に10日間に渡って内用。感染症予防に大変有用
<肝臓浄化> グリーンランドモス、レモン、ローズマリーCT ベルベノン 各1滴(合計3滴)1日3回、化学療法を受けてから10日間続ける。トランスアミナーゼやガンマGTのレベルを下げる(肝臓の細胞膜を強化する)

癌予防に関してはティスランドの”Essential Oils Safety”にも出ていますが、d-リモネンやカルボン、1,8シネオール、酢酸リナリル、ゲラニオールなどの効果が示された論文がまとめられています。インドの研究者のスパイスの抗癌作用の研究ではジンジャーやクミンなど様々なスパイス類が効果を示しており、これは日々の食生活に活かせることができます。

来年になりますが、カート・シュナウベルト博士のコースを開講することになりました。実践的なフランス式アロマテラピーと言えば良いのでしょうか。半年くらいのコースです。高度な勉強になりそうなので初心者向けではなく、ブラッシュアップのためのコースになると思います。でもまずは本の翻訳を完了させなくては・・・・

2009年から始めたブログが、ゆっくりの更新でもついに100回となりました。これからも様々なトピックで皆に正しい情報と新しい知識を常にシェアして行きたいと思います。
[PR]
by lsajapan | 2017-04-18 10:30 | セミナー