「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

<18> 錬金術とエッセンシャルオイル

最近は錬金術の本を何冊か読んでいます。事の始まりは去年の秋、サンフランシスコの帰りに空港のSFMOMA(サンフランシスコに行った事のある人は避けて通れない存在、San Francisco Museum of Modern Art —サンフランシスコ近代美術館です)のショップで見つけて、あまりの美しさに跳びついた錬金術の本なのです。アート関係の本として売られているので,カラー白黒両方の中世の錬金術の作品満載でとっても濃くて、枕元に置いておいたら吸い込まれそうでした。でも読んでいるうちに疑問がいっぱい。ヘルメス・トリスメギストスってなんでしょう?エメラルド・タブレットって??水銀と硫黄?なんでフラスコの中にいろんなものがはいっているの?今まで知っていたような、でもニアミスで調べずに通り過ぎた言葉やコンセプトがたくさん盛り込まれているようで、引き込まれるように読んで行きました。

第五精髄・・・これは知っていますよね。やはりこれはなんと言ってもエッセンシャルオイルそのものだと思えます。もしかすると賢者の石、エリクシールそのものなのでしょうか?多分。エッセンシャルオイルは古代ギリシャ人たちの考えた四大元素(火土風水)にはぴったり当てはまらないけれど、全ての要素を持っているしプリマ・マテリアのように神と同一視できるものでもないけれど、どうやら四大元素の性質をつなぎ合わせているものらしいです。ならば物質の変性、人間の変性も可能かもしれません。プラトン曰く「第五精髄は四大元素を超えたもの」で、道教哲学と共に考えるとまるでTAOにあたるもの・・・とさえ思えます。何しろ錬金術師たちは蒸留器を使って物質から第五精髄を抽出しようとしたのですから、エッセンシャルオイルは成功例なんでしょう。

そう言えば化学の世界でもつながることはあります。19世紀のドイツの化学者のケクレは芳香化合物の研究をし、ベンゼンの構造式(ケクレ構造、亀の甲)を思いついたとき、ウロボロスが自分の尻尾をくわえて環状になってクルクル回っている夢を見たそうです。そこでベンゼンの六員環構造を思いついたそうです。ウロボロスは自分の尾をくわえたヘビ、もしくはドラゴンで、きれいな円の形になっている錬金術の根本思想の象徴です。輪廻転生や黄金変成にも通じることで、終わりなき永遠を意味し「1は全体、全体は1」という世界観を表したものです。ケクレも錬金術に興味があったと思いますし、少なくとも彼の脳裏にはウロボロスが存在していたわけです。

こんなわけで、エッセンシャルオイルは錬金術的産物であり、このアプローチでエッセンシャルオイルを見つめて行くと、たくさんの秘密が見いだせると思います。化学でエッセンシャルオイルを理解するのも1つの方法で、第五精髄として理解するのも1つの方法ですね。

     サンフランシスコのダウンダウン、サードストリートにあるSFMOMA
b0164641_10135946.jpg

[PR]
by lsajapan | 2010-03-30 10:20 | インスピレーション

<17> Plant Language プラント・ラングエージ

2月はカート・シュナウベルト博士をお迎えして“プラント・ラングエージ”のセミナーやその他のクラス、対談、インタビューなどを10日間に渡り通訳としてご一緒しました。とても有意義な日々で、お話好きで心優しくインテリジェントなシュナウベルト博士ととても楽しく過ごすことができました。博識で、ロマンティックなところもあり、エッセンシャルオイルへの思い入れも通じるところがあり、朝から晩までこの期間だけで1年分くらいのおしゃべりをしました。

学生時代にはワインのオークションにも加わり、いろいろなオークションハウスに出入りし、現在でもミュンヘンの自宅の地下のワイン貯蔵庫にはたくさんのワインを隠し持っているそうです。なのでエッセンシャルオイルの香りの表現も多様で、ソムリエがワインの香りや味を表現するような方法で話してくれます。あるオイルを嗅いだ時に自分の頭の中でどんなことが起こったか、それがどんなに非日常的で不思議な経験だったか、後で考えるとまるで一種のドラッグのように感じた・・・という話しもありました。だからエッセンシャルオイルやアブソリュートを使って瞑想するのは楽しいですよ。自分の内側から思いがわき起こったり、環境からの情報がいつもと違ったものに思えるのです。シュナウベルト博士が1つ例をあげていたのはブルーロータスですが、お勧めはピンクロータスでこれはブルーロータスよりもう少し軽い香り(それでも重みがある陶酔するような花の香りです)で、シュナウベルト博士はこのロータスの香りを“限りなく官能的だが僧院にいる感じを併せ持つ”と言います。仏教的で東洋的な深さとエキゾティックな香りのロータスやアガーウッド(沈香)のオイルはそんな感じがぴったりです。オスマンサス(金木犀)のアブソリュートも見せてくれましたが“これは自分の内側から金色に輝き出す香り”と表現していました。私が「オスマンサスのお花は本当に金色で輝いている感じですよ!」と言うと、シュナウベルト博士は本当のお花が咲いているところを実際には見たことがないので,驚いて感動していました。

“プラント・ラングエージ”の内容ですが、純粋なエッセンシャルオイル(間に仲介業者が入らない、原料植物と蒸留器の見える取引をしたもの)は一般に言われている危険性よりも実はずっと安全なものであること。偽和されたものの中に危険性は最も多く存在し、予期できないような問題も多くは“混ぜ物”や信用できないものから起こされるという知識。そして偽和されていないオイルの複雑で穏やかな香りは、植物が長い歴史を経て進化してきた“非選択的”効果があるということ。薬のように1つの薬が1つのターゲット(症状、菌など)というような公式では解明できない多様な効用をエッセンシャルオイルは持っている、それは1つの種である特定の植物が存続をかけて進化してつくりあげてきたものである。というところでしょうか・・・核になっている基本理念としてはこのような内容です。

エッセンシャルオイルは植物が生き延びよう、より繁栄していこうという意志の体現で、それを私たちが使わせていただいているわけです。ローズの意志、ラヴェンダーのサバイバル・テクニック、メリッサの進化・・・・すべてエッセンシャルオイルに秘められています。勉強ばかりしていても、人にばかり使っていても実際の植物の意志はわかりません。だから自分でもっと楽しんで恐れず、意識的にエッセンシャルオイルを生活に取り入れてほしいと思います。

セミナーではフランスの医師が癌の3期、4期の患者さんたちの化学療法の副作用を緩和するために使用して効果的だったエッセンシャルオイルの紹介や、アメリカの自然療法士(ナチュロパス)が患者さんやその家族が家で治療の補助として使用する方法を紹介しました。

タイムのケモタイプの実際の産地の様子や効果、コルシカとクロアチアのヘリクレサムのオイルの化学成分の違いや、環境が違って必要なものが代わって来たから違う化学成分をつくり出したが、それでも結果的に効果は全く同じだという“種の目的”のようなものは化学成分だけでは説明できないというお話も楽しかったです。

また世界中を旅行して植物の写真を撮っているので、モロッコからセビリア、プロヴァンス、ミュンヘン、南アメリカなどでの馴染みのある植物が自生しているところ,栽培されている景色などをプロジェクターで見せてもらいました。それと共にその見ている植物からのオイルの香りを嗅ぎながらセミナーが進められました。2日間は夢のように過ぎる・・・・という感じでしょうか?

LSAのオリジナル・ブランドの“ロタンシエル”は6割がシュナウベルト博士のセレクション・オイルです。シュナウベルト博士の本“アドバンスト・アロマテラピー”の中や今回のセミナーで紹介されたエッセンシャルオイルで要望の多いものは今月注文し、今月後半には入荷する予定です。3月27日にはレシピを紹介する“プラント・ランゲージ応用編”も開催しますので関心のある方はどうぞご参加下さい。

      写真はシュナウベルト博士の撮ったピンクロータスです
b0164641_13564387.jpg

[PR]
by lsajapan | 2010-03-02 14:09 | セミナー