<   2009年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

<8> 京都にて

先月京都に行きました。友人であるお坊さんを訪ねて坐禅をするのと鞍馬山に行くのが目的です。メンバーはセミナーが終わったばかりのマーティン・スタブス先生と私、主人、そして夏休みで帰国している息子の4人です。車で行くことにして交代で運転をして5時間半ほどで京都に到着。

まずは三十三間堂を訪ね、息子は大好きな風神、雷神にうっとりと見とれ、日本の仏教美術の授業を大学で今期は取ったのでガイド役も多少こなし「解剖学的に正しくない彫刻も多いんだよ。この筋肉は実際には存在しないし、腹筋がこんなに何カ所も盛り上がることはないでしょ?」といろいろと教えてくれます。「イタリアのダビデ像などは解剖学的にかなり正確なんだけれど、日本の仏教美術はそうではない。力強く見せるためなどの目的もあると思うけれど」そう言う眼で見ると本当に違うところが眼につき始めます。「でも神様仏様が人間と同じ身体の構造である必要がないじゃない」なんてきり返しつつ、マーティン先生に目を向けると中央にある大きな千手観音の前で感無量の様子。「本当にここに連れて来てくれてありがとう」と心の底から言われてました。

次の日の朝、惺山和尚を訪ね禅寺へ。彼のお寺は一般公開していないので、とても静かで現実離れした空間です。お庭は常に手入れを欠かさないので、いつも芸術的な風景です。一番最初にお会いしたときも彼は庭掃除をしていました。去年の9月、東京で会ったのが最後だったので話に花が咲きます。

3年前に主人が怪我をして入院した時に、あまりの苦痛で病院から「ヒーリングエネルギーを送って下さいますか?」とその半年ほど前に知り合った惺山和尚にメールを書くと「私は毎朝6時からお経をあげます。その時に毎日ヒーリングエネルギーを送りますから、あなたも毎朝6時に瞑想してそのエネルギーを受け取って下さい」との答えが帰って来て、それから毎日2人のテレパシー通信が始まります。主人は瞑想の間に惺山和尚とたくさんのことをしたそうです。あるときは空を飛び、あるときは吊り橋を渡り、あるときは一緒にゴルフをしたり・・・・・そして2ヶ月に渡る入院が終わり、退院して家に着いたらすぐ電話が鳴りました。それは退院の日を全く知らなかった惺山和尚からだったのです。「それからどうなったかな〜と思って」と言われるのですが、やはりテレパシーなんだと私たちは信じてます。

今回は坐禅を組むのが目的なので、まず座り方から教わります。「丹田を意識して座ってみてください。丹田を感じて収まりのいいところを探してみるのが大事です」彼自身、歩きながらも丹田の位置を意識し、丹田を強化する運動をよくするそうです。丹田はおへその少し下に位置するポイントですが、惺山和尚が感じているのは球の形で、それがくるくるとその位置で回りバランスを取るイメージだそうです。お坊さんたちの間では戦前からの方法で特別な丹田強化法などもあるそうです。彼は剣道をしていたので体格がよく、お経を唱える時の発声法を聞いていると心身の鍛錬に余念がなく気力やバイタルエネジーの充実、しっかりとした心構えの上に成り立っているのを感じます。

修行中は1週間座り通しのこともあったそうです。かなり続けて座っていると幻想や幻覚を見ることもあるそうですが、座禅を続けると、あるときスーッと視界が開けてもやが晴れるようになり、無の境地が訪れるわけです。この状態が目標で、いろいろ浮かんで来ているときはまだ夢うつつの状態で警策(臨済宗では“けいさく”と読みます)で叩かれる可能性が・・・・

それでは惺山和尚はどのように坐禅を組んでいるかと言うと、彼は眼を開けたまましっかりと1点を見つめる様子で行います。日本とイギリスの研究者がやって来て、頭に電極を50箇所ほど付けられて坐禅の最中の脳波の様子を計測したそうですが、開眼時でシータ波(入眠時の脳波)が現れ、それはものすごく珍しいことで大変驚かれたそうです。1回の呼吸も50秒くらいでするそうです。

私たちも瞑想をしますが、プロはこのようにするのかと関心してしまいました。そのあと精進料理をごちそうになったのですが、後でそのときの写真を見てみるとなんと惺山和尚はフルロータスで座り、食事をしています。日常のすべてが意識的で“心構え”がしっかりしているのがわかります。私も見習わなくては。

今年はかなりお忙しく、パリのカテドラルでパーカッショニストと共にお経を使ったコンサートを秋にするそうで、LSAでのセミナー(説法?)は来年には実現するといいなと思っています。


b0164641_1035597.jpg

[PR]
by lsajapan | 2009-07-02 10:08 | インスピレーション