<   2009年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

<6> NLP(神経言語プログラミング)

イギリスからマーティン・スタブス先生が来日され、ゴールデンウィークは連日セミナーでした。たくさんの生徒たちが熱心に勉強し、セラピーに利用するだけでなく個人的成長にも有意義なことをたくさん学ぶことができました。7日間の日程で多様なセミナーをしましたが、とても人気があり和気あいあいと楽しく、たくさんディスカッションをしたり笑ったりしながら授業を進めました。“五行説とアロマテラピー”は中国の数の意味から始まり、5つのエレメントである火、水、木、金、土の性質の理解や道教哲学、私たちの持っているいろいろなエネルギーについて伝統的な中国の見解を学びました。このような見解で人間やエッセンシャルオイルを見てみると、今までとは違った理解ができ、ブレンドやトリートメント法も変わって来ます。先天の気や後天の気についても考えさせられることがよくあり、どのような状態だとより先天の気が充実しているか、後天の気を充実させて行くためにはどうしたらいいかなどを再確認しました。

他にクラニオセイクラルや自己啓発セミナーをいくつかしましたが、日程の最後の2日間で行ったNLP(神経言語プログラミング)の2日間セミナーは大変興味深いものでした。たくさんの専門用語があり、テキストの翻訳にも手間取りましたが、セミナーの用意を夜な夜なしているうちに自分が大学で学んだ心理学の懐かしい用語がちりばめられているのが解り、すっかり嬉しくなりました。特に学んでいて理解するのが難しかったCognitive Psychology(認知心理学)の授業内容と重なる部分があり、再び教科書を出して来てじっくり多くの理論を思い出しました。

人間は情報を感知してから自分なりの認知方法で自分の脳に取り入れ、短期の記憶、長期の記憶として保管しておきます。それをどのように取り出すか(または上手に取り出せないこともあるのですが)そしてどのように人に伝えていくか・・・・伝言ゲームを思い出してしまいますが、人は情報を自分なりのフィルターにかけて省略したり、ゆがめたりして自分のものにするわけです。大学の授業を選択するときでも、人によって教授や授業の印象が違うので、何人にも感想を聞いて必要なときは実際教授に会ったりメールをして、できるだけ多方面から情報を集めてから決断しました。合う合わないもあるので、誰かがその教授やコースに文句を言っててもそれが本人に問題がある場合もあるので、自分の見解の中心に持ってこないようにして、ひとつの情報として片隅に置いておき、できるだけ客観的に判断するようにしたのを覚えています。

NLPの授業では、自分の見解を変えて方向性をしっかりと設定することで自己成長の度合いが格段に変わってくることも学びました。モチベーションの設定のしかたがこんなに大切なのは知りませんでしたが、自分にも思い当たる節があるので今日からしっかりと実行しようと思います。

b0164641_11282647.jpg

[PR]
by lsajapan | 2009-05-11 11:30 | LSAについて