「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

<3> 南仏プロヴァンスにて

ネリー・グロジャン博士との交友関係のおかげで、私は地元の方たちでないと行けないところへたくさん連れて行っていただきました。畑や蒸留所だけでなく、いろいろな仕事をしている人々のご自宅や素敵なレストラン、お祭りや朝市(それもオーガニックのものだけを扱うところがあるのです)、小さな港町やスイスへ長距離ドライブして行ったり、コルシカ島への旅も忘れられません。昨年は約20人の生徒たちと共に南仏をまわり、コートダジュールやモナコまで行って来ました。本当に素晴らしい旅で、存分に楽しみました。グロジャン博士の「香りと香水の博物館」でセミナーを受けたり、蒸留所を見学したり、ご自宅で異例のパーティーをしてくれたりで、生徒たちはたいへん喜んでいました。エクサン・プロヴァンス、カンヌ、ニースとグループ・ツアーは続き、私はその後いつものようにグロジャン博士のご自宅にしばらく滞在して、仕事を手伝ったり、休暇ついでにデトックス・プログラムを実践したりして過ごしました。

夏はとても気温が高く、太陽も強く気をつけないとすぐ真っ黒に焼けてしまいます。そんな太陽の下でラヴェンダー、セージ、ヒソップ、ローズマリー、サントリナ、アルモワーズ、ゼラニウム、ローズ、サイプレス、グーズベリー、イチジク、アーティチョーク、ひまわり、オリーブなどのたくさんの植物が元気に育ちます。夏は10時過ぎまで明るいので、夕食はよく庭のテーブルで冷たいロゼワインと共にベジタリアン・ディナーを楽しみ、プールやジャクジーに入ってとりとめのないおしゃべりをして楽しみます。 夏は常にいろいろなところから友人が遊びに来ており、男性たちはガゼボで寝泊まりしていたり、離れのゲストハウスで林間学校風の生活を楽しんでいるようです。私はグロジャン博士のロフト付き書斎にいつも泊まります。たくさんのアーティストの描いた絵が飾られている中で眠り、ふっと気がつくと香料の古典と言われている貴重な19世紀の革張りの本が目に入り、飛びついて中を見たりします。

グロジャン博士のご自宅と博物館のある2ヘクタールの土地の半分近くはラヴェンダー畑で、その中でも何種類かのトゥルー・ラヴェンダー、ラヴァンディンがあります。三日月型の鎌で必要なだけ刈って、大きなシーツのような布にくるんで家に持って行き、3日間ほど日陰で干してから蒸留器に入れます。そうするとより多くのエステル分の含まれたエッセンシャルオイルが採れるのだそうです。このような経験ができることを本当に幸せに思います。

b0164641_21563076.jpg

[PR]
by lsajapan | 2009-03-31 21:59 | 海外にて

<2> LSAの教育メソッド

LSAは他の学校とどこが違いますか?とよく聞かれます。IFAの認定校はすべて基本的な時間数や講師の条件、設備などの規定があり、定期的に本部のインスペクション(視察調査)が入りますし、毎年の卒業生のIFA認定試験結果が出ますので、かなり厳しくモニターされています。このような十分な監視のもとで責任を持って運営されている認定校ばかりなので、教育レベルの差が大きくあるとは思えません。ただ、講師の経験や専門により多少メリットや個性はあると思います。それと講師のパーソナリティーや生徒の教え方には、かなり違いがあるかもしれません。

LSA本校で講師のトレーニングを受けていた時には、先輩のイギリス人講師と組んで教えました。日本では通訳を兼ねて長年に渡って本校の校長と共に教えて来ました。助けすぎてもよくないし、厳しすぎてもよくないという、絶妙のさじ加減を伝授されました。パトリシア・デーヴィス式の美しい姿勢でのトリートメント方法は全く疲れず、腰や背中の問題のある生徒たちにも安全に施術することを教えることができます。腰を守るためには他の部分の筋肉を鍛える必要もあるのです。あとは立ち位置や体重移動についても1年間しっかりと指導します。これがどのくらい大切か知らないセラピストが多いのも知っています。ある過去の生徒が声楽を習っていて、あるレベルから進歩がなくなり途方に暮れていたときに、アメリカによい先生がいると紹介されて留学して学ぶことになったそうですが、そこで最初に指摘されたのは姿勢だったわけです。その後、彼女の悩みは嘘のように消えたそうです。このように身体の使い方一つで大きな違いがでると同時に、それをきちんと指導してくれるかどうかが分かれ道になり得るのです。

教科の方は伝統的なイギリス式に加え、新しい化学的な情報はアメリカ在住でドイツ出身のカート・シュナウベルト博士、ナチュロパシー(自然療法)はフランスのネリー・グロジャン博士が教育顧問として、しっかりとサポートしてくれています。来日される時は少人数で在学生にクラスを教えてくれることもあります。そして帝京大学の微生物研究室の所長で薬学博士の安部茂教授は医学部の解剖生理学も教えていらっしゃいます。私たちには化学、解剖生理学、病理学について年間通して丁寧に教えてくれます。ファンクラブもあるという噂を聞いてます!

そして最後に私自身ですが、講師としてもアロマテラピストとしても長いキャリア(もうすぐ20年になります)があり、一般的なクラス以外にすでに300名以上のIFA認定セラピストを直にトレーニングしてきた経験が、いろいろな個性のある生徒の長所を上手に伸ばすことに活かされています。やはり楽しく頑張るというスタンスで生徒たちが勉強してくれることを常にサポートしています。しっかり勉強する気持ちで一生懸命やれば、皆一様に卒業する頃には十分な知識とテクニックを身につけることができると自信を持って言えます。中には緊張したり、自信のない方たちもいるのですが“Confidence is half a battle”(自信が勝負の半分を決める)という言葉で励ましています。私は厳しくしても、生徒の自信をなくさせるようなコメントは言いません。必要ないことですし、本人が伸びて行くのに邪魔になります。アロマテラピーの勉強はセラピストとして、また一人の人間としての成長を促すものであるべきで、決して苦悩であってはならないと思っています。試験前の辛さはあると思いますが、クリアできたときの爽快感に変わるものはありません。

私自身は多くの素晴らしい先生方に恵まれて感謝しており、彼らから受けたようなインスピレーションを自分の生徒たちに伝えて行きたいと常に思っています。
[PR]
by lsajapan | 2009-03-20 22:57 | LSAについて

<1> Enchanteé はじめまして

こんにちは!皆に長年言われ続け、やっとブログを始めることになりました。皆さんにLSAを知っていただくためと、楽しいアロマテラピーとヒーリングの世界を紹介する目的でいろいろなトピックに触れて行こうと思います。何かフィードバック(感想、コメント、質問など)がございましたら、contact@lsajapan.comの方へ是非送って下さい。LSAジャパンのウェブサイトはwww.lsajapan.com です。合わせてご覧ください。
[PR]
by lsajapan | 2009-03-12 18:31 | はじめまして