カテゴリ:インスピレーション( 21 )

<108> 蒸留の歴史

フレグランスジャーナル社のアロマトピアに蒸留の記事を書きました。かなりリサーチして、なかなか手に入らない文献も参考にしてまとめたので、良い記事に仕上がったと思います。全文ではありませんが、良いところを抜粋しました。参考にしてくださいね!
b0164641_23054153.jpg
イブン・スィーナの”Cannon de Medicine"より


蒸留の歴史

はじめに

蒸留は古代からの技術であり、純粋な物質を取り出す方法として実践されてきました。精油を抽出するだけでなく、アルコール飲料にも密接に関わり合いがある上に、錬金術から始まる化学の発達にも重要な役割をし、常に文化的背景や歴史が深く関わりました。

蒸留の初期の目的として以下のものがあげられます:

(1) 海水から真水をとる(船員などが飲料水を得るため)

(2) 穀類やフルーツからアルコールを蒸留する(アンブロージア、オー・ド・ヴィーなど)

(3) 固形物を乾燥した状態で蒸留する(松やに、金属など)

(4) 物質から第五元素を取り出す(不老不死の薬、エリクシール、精油など)


蒸留器について

基本的には液体を熱により気化し、その蒸気を集め冷やし凝縮させる器具ですが、様々な名前が付けられました。ククルビット(cucurbit)はフラスコに当たり、原料を入れる耐熱容器で、アランビック(alembic)は蒸気が集まる部分を指します。レトルト(retort)はククルビットとアランビックが一体になったものを指すようです。アパラタス(apparatus)とは、現在の化学実験器具の原型で特定なものを指すのではなく、実験器具全般のことを意味します。これらは古代から存在しましたが、中世の錬金術で盛んに使用され改良が加えられていきました。

中世の錬金術では"賢者の石"を抽出し、これにより尽きることのない生命力と財力に恵まれると考えました。賢者の石を創造する、または取り出す工程は"大いなる作業"と呼ばれ、燃焼(乾いた道)と蒸留(湿った道)という2種類の方法がありました。湿った道の方法は、フラスコに材料を入れて密閉した後にアタノール(athanor)というかまどで数十日間加熱しました。蒸留に際して大切なのが火加減と水の量、そして冷却水ですが、昔は十分に冷やすことが出来なかったため、冷却器を使用する現代と比較すると能率が悪かったようです。


先史時代

蒸留の歴史は紀元前にさかのぼり、最古の蒸留器はパキスタンのタキシラ博物館にある約5000年前のインダス文明のテラコッタ製のものだと言われています。これは沈香木や白檀、ベティバー、パンダナス属の花などから芳香蒸留水を抽出したと考えられています。

b0164641_22421140.jpg


アフリカやインドでは瓢箪と竹でできた蒸留器が昔からあります。インドは特に地方によって様々な形態の蒸留器が見られます。中でもマイソール地方(南インド)のものは最も良質で、蒸留技師は特定のカーストに限られていました。ククルビットは土の中に埋められ、別の穴を横に開けて加熱し、中には様々な発酵した植物原料(米、モラセスなど)の液体を入れて密閉し、上部の器には冷たい水を注ぎ続け、脇に伸びた管から凝縮した液体が出て来る仕組みです。素材は金属か土器でした。
b0164641_22194786.jpg

古代

古代ギリシャでは紀元前4世紀にアリストテレスが"気象論"に水が空気に触れていると次第に量が減り、最後には消失すると説明しています。太陽は水を目に見えない気体にすることを早め、温度が下がると空気から湿気が戻って来て目に見えるようになるため、海からのぼる蒸気は雲や雨、霧、露などの根源だと記述しています。また、蒸留のことを"ワインの蒸発気体に関するプロセスである"とも書いており、すでに蒸留酒の存在が伺われます。"沸騰させる”という言葉は古代ギリシャでは蒸留を表す言葉であり、その時代の自然科学者たちは海水を沸騰させて真水を採取する方法として蒸留を提案しました。


1世紀の博物学者/政治家プリニウスは"博物誌”において、各国のワインを始めとした飲み物について詳細に記述しており、発酵酒から造り出した"水"が酩酊させることに言及しています。プリニウスはスペインの総督をしていたので、貿易で有名なフェニキア人の前の植民地であったスペインにはすでに蒸留酒があり、それを実際に見たのだと思われます。同じ時代に医師/植物学者ディオスコリデスは"蒸留とは辰砂(しんしゃ)から水銀を抽出する方法である"と描写しています。


その後、アフロディシアス(現在のトルコ)の哲学者アレクサンドロスが3世紀ごろに研究をし、蒸留水に関しては知られるようになりました。3〜4世紀のアレクサンドリアの錬金術師ゾーシモスは"神聖なる水について"や"器具と炉に関する論文"などの著書があり、その中には水銀や蒸留器の記述があります。このように錬金術師たちにより研究は続けられ、アレクサンドリア学派の学者たちの中にはヒパティア(液体比重計を考案)やエジプトのマリア(湯煎を考案)などの女性も存在しました。この研究者の中にはキリスト教に改宗することを拒絶したために、全ての著書を焼き払われるというような迫害も受けました。その後、アレクサンドリアはイスラム支配となり、蒸留の技術やアレクサンドリア図書館の知識はアラブ人たちの手に渡ります。


中世

8世紀の自然哲学者/錬金術師ジャービル・イブン・ハイヤーンは貴金属を溶かすアクア・レジーナ(塩酸と硝酸の混合物)を考案したことで有名ですが、アランビックと呼ばれる蒸留装置を考案したとも考えられています。


著書である"黒き地の書(Kitabal-Kimya)"には硫黄・水銀説が説かれ、この本の“al-Kimyaは"アルケミー(錬金術)"または"ケミストリー(化学)"の語源となりました。

9世紀にはアラビアの哲学者/錬金術師アル・キンディがアルコールを初めて蒸留したと言われています。また、医師/哲学者アル・ラジィはイブン・ハイヤーンの生徒であり、著書"秘密の中の秘密の本(Kitab sirr al-Asrar)"にはローズウォーターについて記述していますが、自分1人で見つけ出したのではなく、世代としての成果だと書かれています。イブン・スィーナの本にも蒸留器の説明が見られます。抽出したものは"スピリット"または"魂(nafs)"と呼び、残渣を"物体(Body)"と呼びました。アラビアの化学が発達は、硫黄・水銀説の影響により、蒸留が最良最速で純粋な物質が得られると考えられ、様々な実験が試みられたことが背景となっています。


古代ギリシャ/ローマでの発明をイスラム支配により、それまでの各国の蒸留の知識と実践を無視して、蒸留はアラビア人が初めて発明したと書いた本は真実を語っていないという主張をする文献も何冊か見られます。一般的には"イブン・ハイヤーンが蒸留を発明したというのは真実でない"と書かれています。一方、アロマテラピーのテキストでも頻繁に"蒸留法を考案したのはイブン・スィーナ"との記述がありますが、正しくは"蒸留法の詳細を本に記述した1人がイブン・スィーナ"ということでしょう。最初に発明したのではないことは確かです。

10世紀のビザンティン(東ローマ帝国)の書物には"ロドスタグマ"という精油について記述がありますが、これはローズの葉を蒸留したものです。この頃はすでにアラブ世界ではローズの花精油も蒸留していました。アラビア人やムーア人がスペインに侵入するのと共に、蒸留技術や科学がヨーロッパに伝わりました。12世紀にはコルドバの医師アルブカシスがローズウォーターやワインの蒸留法について、器具を含め詳細に書き残しています。蒸留の技術はスペインからフランスに伝えられ、裕福な家では家庭内での蒸留を行なうようになります。蒸留した"スピリッツ(精)"は薬用として使用されました。

同時期のイタリアでは医師でボローニャ大学教授のタデオ・アルデロッティが分留を考案します。これは原料から蒸留の過程により必要な成分だけを取り出す方法です。14世紀には修道院で蒸留酒の製造が許可され、"アクア・ヴィタエ(生命の水)"と呼ばれます。この頃の修道院は病院の役割もしており、ハーブガーデンでは薬草が栽培され、特別な治癒作用のある蒸留酒の処方に使用し、現在のベネディクティーヌやシャトルーズとして残っています。

フランスではアクア・ヴィタエの商業的な生産も1313年には始まります。イタリアではアクア・ヴィタエを一般向けに1378年に販売を始めています。法的な書類ではイギリスにおいて最初にアクア・ヴィタエをモルトから蒸留したのは1494年となっていますが、実際の蒸留はもっと昔から行なわれていました。"ウィスキー"も語源をたどるとケルト語の“usique-beathaという言葉から来ており、これも同じく"生命の水"という意味です。

15世紀にはドイツの外科医/植物学者/錬金術師ヒエロニムス・ブルンスウィグは蒸留の技術をLiber de Arte Distillandi de Simplicibus(簡単な蒸留技術についての本)と言う題名の本にまとめました。

b0164641_22204442.jpg
この本の特徴は最も初期の印刷本であったということと、植物性と動物性の物質からの蒸留技術や濾過、再留についても書かれている点です。この時代、フランスのプロヴァンス地方では精油の抽出が始まっており、貴族が買い求めて贈り物にしました。

イタリアの学者ジョヴァンニ・デラ・ポルタは1535年頃には凹面鏡を使って、太陽光線を集約させて効率よく太陽蒸留を行ないました。抽出物の純度を高めるために5回蒸留することを勧め、この方法で蒸留した特別なワインから抽出したアルコール飲料は薬としての価値があり、"無限の病に効果がある"と書いています。

フィレンツェのメディチ家がグラースに目を付け、油脂産業と皮革業を発展させて行きます。その後に豊富なオリーブオイルと動物性油脂を使った石鹸工場と化粧品工場がつくられました。それらの製品と革製品に香り付けするために香水産業が発達しました。添加する精油は地元の花やハーブに留まらず、周辺の丘陵地帯やプロヴァンス地方にも及び、ラベンダーを始めとした精油の蒸留が盛んに行なわれるようになります。

スペイン人たちは南アメリカに渡り植民地政策を拡げる際に、ペルー人たちが蒸留器を使っているのを観察し、過去のフェニキア人からの伝播と理解します。さらには日本や他の国々も蒸留器を使用していることを記録しています。これも各民族が蒸留をしていたのではなく、交易と共に蒸留技術が世界に伝わったということです。

17世紀にはアルコールは英語圏で"ブランドワイン"または"ブランディーワイン"と呼ばれ、これが現在のブランディーになります。ブランド(brand)の語源は燃えることや焦がしたことを指し、蒸留に使う火を表しています。日本でも日本酒を蒸留したものを"焼酎"と言いますが、これも"焼く"という字が入っています。フランスでは蒸留酒は"オー・ド・ヴィー(生命の水)"と呼ばれています。

1651年にジョン・フレンチの書いた"蒸留の技術"は英語圏で最初の蒸留についての本でした。"蒸留は四元素の粘液質からスピリチュアルでエッセンシャルなものを抽出する技術である"と書かれており、数々のレシピは植物の蒸留だけでなく、浸出油、チンキ剤、アルコ−ル濃度を高くするための再留などについても記述があります。

b0164641_22212544.jpg

ボイルの法則で有名な物理学者ロバート・ボイルは、錬金術師でもありましたがアルコールに含まれるスピリット(精霊)の存在は否定し、より実質的なアルコールの精留や木から精油を採る方法について記述し、液体比重計の改良品を発明しました。19世紀まではアルコールは粗野に蒸留され、35%のアルコール分と質の悪いフレーバーしかとれず、60%のアルコールにするには再留が必要でした。1817年にはドイツのビール醸造所を持つヨハネス・ピストリウスが近代的な蒸留器をデザインし、85%のアルコールを1回の蒸留で抽出できるようになり、現在では96.8%を1回で抽出できるようになりました。芳香植物の精油や生薬の成分抽出では常に改良が行われ、素材によって経験的な知識による適切な蒸留法を開発して行きます。ここに科学技術の発展が大きく寄与しています。


[PR]
by lsajapan | 2017-11-02 23:15 | インスピレーション

<97> 2017年明けましておめでとうございます!

旧年中は大変お世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いします。

クリスマスパーティーでLSAの年内行事は終了し、年末にマシューが戻り、伯母の家を訪ねたり、父たちを含めた家族皆でお正月を祝いました。お正月は静かでほっとする数日です。よくあることですが,年末風邪を引いてしまいました。家でのんびりして美味しい物を食べながら家族でいろいろな話をしたりするのも楽しく、さらに年賀状やメッセージが世界のあちこちから届き友情を確認する良い時間です。

深大寺に初詣に行った帰りに空を見上げれば、金星と月が近づいている・・・チャートをみたら水瓶座でコンジャンクション。月はボイドなので、何かするわけもいかず・・・でも夜になった現在では月がすでに魚座に移行しています。明日には金星も魚座に入りますが、月との距離は離れてしまいますね。
b0164641_233314100.jpg
今年はスカイプを併用したクラスをしっかりとレギュラーで行なって行く予定です。遠くに住んでいる方も、毎回東京まで来なくても学習できるシステムです。ブレンドに関してはやはり同じ空間での授業が必須と思いますが、スカイプを使ってディスカッションもできますし、精油のサンプラーがあれば、それぞれ香りを試しながら話を進めて行くことができます。

実は約2年後にはベイエリア(サンフランシスコ周辺)に活動拠点を移そうと計画しています。LSAのクラスは東京で続けようと思いますが、どのくらいの頻度で東京に戻るか、どのように運営して行くか、まだすべてが流動的です。レユニオン、コルシカ、プロヴァンス、ミュンヘン、ノーフォーク、コスタリカ、ジャワ、バリ、エジプトなど様々な地方の農場へ出かけて感じたことは「自然の中で植物を育てて暮らしたい。」東京生まれで東京育ちの私がそんなこと言っても笑われますが、ベイエリアだと中心から車で1時間行けば牧場があります。自然がすぐ近くにある生活が過疎地帯に行かなくてもできるので、様々な活動ができるかなということと息子のマシューや主人側の親戚が揃って住んでおり、シュナウベルト博士もいるので、そろそろ移動する時期かなと考えています。今年はLSA Japan開校20周年、結婚30周年ということで、良い方向転換の区切りと考えています。

ベイエリアには体験型の学習施設も整っているので、パーマカルチャーやシュタイナー農法の研究をしながら、様々な植物(薬草、芳香植物、果樹、野菜など)を実際に育てることの出来る広めの土地を探しています。永住権も申請して1年かかるそうで、やはり2年越しの計画です。
b0164641_061891.jpg
この仕事に関わってから常に植物を30〜40種育てています。地植えの経験もあり、あまりの育ち方の違いに腰を抜かしました。アーティチョークなどは葉が1mくらいになります。レモンヴァーベナもあっという間に私の肩の高さにも届く草むらになり、茎は木質化しました。昔、キューガーデンのハーブガーデンのセクションで観察した状況が、地植えをすればかなり同じように再現できるというのに感動した覚えがあります。(中にはどうしても消滅してしまう日本の土壌に合わない植物もありますが)蒸留や養蜂などもやりたいと思っていますが、肩肘張らず、シリアスガーデナーもしくはホビーファーマーという位置づけでやってみようと思います。兄はソノマカウンティー(カリフォルニアワインの産地、南フランスと気候が似ている)に住んでいますし、姪はホーティカルチャーのプロですし、アドバイスがもらえそうです。
b0164641_051995.jpg
春にはワンダ・セラー氏の初めての小説「ペトラ」がフレグランスジャーナルから出版される予定です。翻訳が終わってからかなり時間が経ってしまいましたが、やっと出版となります。これは紀元前300年頃の時代小説ですが、メインの登場人物たちはフィクションです。時代背景はワンダ・セラー氏が何度もヨルダンに出かけては研究したことを基礎にしています。ストリートチャイルドのライラが、その時代の町医者に弟子入りするのですが、ラクダの商隊がフランキンセンスやミルラを運ぶ様子やペトラの様子などが活き活きと描かれています。小説の中に出て来る植物に関する事典も巻末に付け、調合物に関してはわかる範囲内でレシピを紹介しています。ペトラにも出かけてみたいのですが、現在の情勢ではどうしても難しいですね。世界が平和になりますように。

アインシュタインの言葉を年頭にご紹介します:
「自然を深く観察すると,全てを理解することができるはずだ」
[PR]
by lsajapan | 2017-01-02 23:10 | インスピレーション

<88>スピリチュアリティとは:その4

b0164641_343554.jpg

再びHubblesiteより。これは3つの月の陰が写っている木星です。きれいですね。

今回でこのトピックは完結です。

スピリチュアルだけれど宗教的ではない
「スピリチュアルspiritualだけれど宗教的religiousではない」という言葉をよく聞きます。目に見える物質世界を超えたものに意識的で、決してひとつの信仰に捕われないことを指します。日本人の多くはこのタイプだという認識される方が多いのではないかと思います。でもよく考えてみれば、やはり仏教思想は根強く、死んだらおしまいとは考えない方が多いのではないかと思います。

人生は修行であり、困った時には神頼み、初詣に行き、お墓にお骨を収め、仏壇に位牌を置いて亡くなった家族や先祖のために花を飾りお供えをし、祈り話しかけると言う習慣は身に付いているものです。ひとつの厳格な宗教に縛られていないとは言え、個々がスピリチュアルだという社会文化背景が日本にはあります。言って見れば、ひとつに縛られない多種の宗教を受け入れられる態度が本当のスピリチュアルなのかもしれません。
b0164641_3213946.jpg
ホワイトターラー:チベット仏教の穏やかな女性の神様です。私はよくこのターラー神のことを考えますし、絵も飾っています。

おしまいに
人間の永遠の疑問: 私たちはどこから来て、どこに行くのでしょう?なぜこの世に生を受けたのでしょうか?この答えを出すために私たちは自らのスピリチュアリティを発展させて行く必要があります。この誰もが持つ疑問に理論的に取り組んでも答えは出て来ませんし、誰も立証できません。

数年前、京都の禅宗のお寺に置く小冊子を頼まれて英語に翻訳しました。その中に同じ質問がQ&Aのセクションにあり、答えが「わかりません。誰も見たことがないので」というのがお坊さんからの答えで驚いたことがあります。とても率直、正直ですごいと思いましたが、その後その部分はディスカッションの対象になったようです。

この問いには結局、各自が答えを一生かけて見つけて行く必要があるのではないかと思います。真のスピリチュアリティはその人の人生への向き合い方、世界観に関わります。ホリスティックに1人の人間を見るのなら、身体と心と同じくらい重要視してその人のスピリチュアリティを垣間みる必要があります。

参考文献:The Secret Language of the Soul   Jane Hope
     World’s Religions      Huston Smith
    The Sacred Paths of the East    Theodore Ludwig
[PR]
by lsajapan | 2016-04-13 03:23 | インスピレーション

<87> スプリチュアリティとは その3

Hubblesiteより「カリナ星雲」
b0164641_1553137.jpg
地上では桜もきれいですが、やっぱり宇宙はすごいですね。

精油150種類とキャリアオイル30種類を書き終えました!まだレシピのページや最初の基本的な部分がこれからですが、メインの部分を書き上げて一安心です。出版するころにはまたセミナーをして、今回見つけ出した面白い精油の話をできればなと思います。本当にリサーチは楽しいです。それと共にワンダ・セラー氏の「ペトラ」という小説も校正の段階に入りました。翻訳が終わったのが1年以上前なので、少し時間がかかってしまっていますが・・・こんな感じなのでなかなか毎週ブログをアップできませんが、今回シリーズでご紹介して来たトピックを続けます。あともう1回続けて終了になりそうです。

************************************
<86>からの続きです:

中世
中世ではキリスト教が広まり、宗教心のあり方や信心深さをスピリチュアリティとしました。信者たちは三位一体の考えで神と子と精霊(Holy Spirit)の存在に祈ります。神はヤフウェ、子はキリスト、そして精霊とはミステリアスで強い風のような存在だと言われています。宗派で見解が違いますが、個人的に手助けしてくれる存在であったり、必要な時に囁いてくれる力を表すこともあります。精霊は人々と常に一緒にいて、心を自由に楽しく幸せに保つ助けをしてくれます。11世紀になるとスピリチュアリティは、より精神的なものを指し、物質や官能的な人生の側面と相反するものという考え方に変化して行きます。13世紀には社会的、心理学的な意味合いを持ちます。社会的には聖職者の領域を指し、心理学的には内面にある純粋な意図や動機、愛情、その性質などを意味しました。辛い時代を乗り越えるためには信心深さが必要で、それがその人のスピリチュアリティであり、神との関わりが強いヒーリング効果をもたらしました。
b0164641_1632220.jpg
ミュンヘンの教会にて
b0164641_1634282.jpg
これはミュンヘンの別の教会ですが、黒死病の時の恐怖を描いています。

近代
18世紀に科学が発達する前は、世の中の事象は物質世界を超えた天界や天使や悪魔の影響で起こると信じられて来ました。重力や細菌などの科学的な見解が出て来ることで、今までの考え方が大きく覆されます。それでもスピリチュアリティは人間社会の重要な精神性として残りますが、個人の考え方により迷信的にとらえられるようになってきます。一方、19世紀の終わりの世紀末には降霊術や交霊術などが流行し、エマヌエル・スウェーデンボルグ(17〜18世紀の科学者、神秘主義者)やヘレナ・ブラヴァツキー(19世紀の神智学者)などの著作がもてはやされました。神や天使との会話や死後の霊魂の存在、霊とのコミュニケーションなどを扱います。欧米社会でのスピリチュアリズムはキリスト教との兼ね合いが重要で、聖書の教えに背くことがあると、人々が離れて行ったり、協会側から弾圧される危険性は常にありました。この動向は「スピリチュアリズム」として扱われていますが、現在の日本での「スピリチュアル・ブーム」で扱われているのは、この「スピリチュアリズム」と「スピリチュアリティ」の両方が混在しているようです。意識をどこに置くかで次元が変わると言えるでしょう。
b0164641_154489.jpg
エマヌエル・スウェーデンボルグ
(私はサンフランシスコで1987年に結婚しましたが、結婚式をしたのがスウェーデンボルゲン・チャーチだったんですよ!すごく素敵なパシフィックハイツにある小さな特別な教会です…30年前なんて信じられません)

現代
1960年代のニューエイジ運動では、宗教色とスピリチュアリティが少し異なる意味合いに使用され始めます。内面の探究、精神世界との関わりが大きくとりあげられ、東洋文化を代表とする様々な異文化の様式を取り入れて悟りや目覚めを求めて瞑想や内省に励む人々が増え、一種のブームとなりました。流行ものには常に質の悪いグループがおり、ビジネスとしての悪用や新興宗教なども台頭して社会問題にまで発展しました。スピリチュアリティは他から与えられた形式で集団催眠的、自己陶酔的なものでも、雰囲気に流されてファッション的に行なうものでもなく、自分の内面との深い関わり合いが重要であることが理解されて行きます。でも人間は常に弱いもので、人生の辛い局面では高次の存在と思われるものに飛びつきたくなるものです。

********************************
それでは次回は最終回です。1週間〜10日くらいでアップする予定です。今回の一連の「スピリチュアリティとは」の記事は現在発売中の「アロマトピア」に載っています。他にも様々な終末医療に関する記事やグリーフケアについて、現場のお医者様たちのお話がたくさん載っており、じっくりと読めます。やはり生命や魂についてよく考えてみるのは大切なことですね。特に自分や家族が重大な病気にかかったときや、死と向き合わなくてはならないときのことなどが書かれています。

私も母との会話をたくさん思い出し、亡くなる1ヶ月くらい前に「亡くなった両親や兄さん、姉さんが皆一緒にいて、その家を訪ねて来たのよ」とその前夜に見た夢を話してくれました。今日は帰るからと言って、帰って来たのだけれど、お姉さんが門のところまで一緒に送りに出て来てくれて、いつまでもいつまでの心配そうに見ていたと話してくれました。そしてちょっと遠くを見て「みんな一緒にいるのかしらねえ・・・」と懐かしそうな顔をして言っておりました。思い出しても泣いちゃいます。でもきっと今頃、末っ子なのでみんなに甘やかされているんだと思います。

本当に面白いなと思いますが、母の法事が終わったあとや、父の事を手伝ったあとに必ず天国からプレゼントをくれるんです。父が弟家族と住むことになって(至近距離ですが)引越しを手伝った最後に父が「そうだそうだ、これいる?ママが昔から持っていた北斎の東海道五十三次の版画コレクション」昭和40年くらいの朝日新聞社発行のフルセット。すごい。「パパいらないの?」「持って行きなさい」一番喜んでいたのは主人でしたが。そして三回忌が終わった後、父が「高島屋から電話があってリフォームのために預かっている宝石どうしますかって。3年くらい前に預けてそのままだったらしいよ。とってくれば?」素敵なアクアマリンでした。あといくつかあるのですが、どう考えても空を見上げてニッコリしてしまいます。
[PR]
by lsajapan | 2016-03-31 15:56 | インスピレーション

<86> スピリチュアリティとは その2

寒さと暖かさが交互にやって来て、何だかいつもハズレの服を着てしまう今日この頃です。精油の本もまだまだ書き上がらないのに締切は近く、ベッドできちんと眠りたい・・・です。それでは先週の続きの記事をアップします。今回はスピリチュアリティの歴史の前半を紹介します。
b0164641_0202149.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたスワン星雲(HUBBLESITEより)現実とは思えない美しさ。コンピューターグラフィックスではありません。現実の世界です。

スピリチュアリティの起源
歴史として見ると、最初はアニミズム(精霊信仰)から始まったと考えられています。アニミズムとは生物、非生物を問わず全ての存在にはスピリットが宿るという考え方です。日本でも「八百万の神」という考え方があり、世界各地の先住民たちはその土地それぞれの信念体系に基づいたスタイルでアニミズムを実践して来ました。ネイティブアメリカン、インディオ、アイヌ、チャモロ、マオリ、アボリジニーたちなどに見られ、共通することは自分たち以外の存在に敬意を持ち、超自然的な見解を日々生活の一部にしていたことです。そしてシャーマンの存在が欠かせず、特別な力を持ち変性意識のもと高次の存在と交信したり、憑依させて自分の身体を通して目に見えない存在に語らせました。シャーマンは儀式や占いをし、病気は邪悪なスピリットが起こすと考えたので、薬草や特別な石などを使ってそのようなスピリットを祓い、ヒーリングを行ないました。結局この考えは科学が発達して病原菌などの病因が理解されるまで、世界中で続きます。
b0164641_0112279.jpg
女性のシャーマン。1880年頃(米国のグラフ雑誌:ライフ・マガジンより)

ネイティブアメリカンの青年期に入る男性はビジョン・クエストという精神修行を行ないます。他の文化圏でも別の呼び方で様々な方法で成人になる通過儀礼があります。ここでは最初の4日間は絶食し、1人で落ち着く場所を探して瞑想に入ります。この時にビジョンに現れて来た精霊やパワーアニマル(狼、鷹、ヘビなど自分に特別な親和性と力を与えてくれる動物)に向かって祈り、語りかけます。この期間に人生の目的や社会に貢献する一番良い方法を見いだします。しっかりと自分のスピリチュアリティを意識して見据えるパワフルな経験となるのではないかと思います。

古代文明
古代文明では神官、僧侶、巫女などが神や精霊と交信し、儀式を執り行ったり、異次元の世界からのメッセージを受け取り、予言をしたりヒーリングをしたりしました。日々の生活において自分たちを守り、手助けをしてくれる存在を信じて祈りを捧げることは世界中のどんな時代の人々も共通して行なってきたことです。目の前の物質的なものだけに捕われず、自分たちよりも高次の存在を自然現象や動植物の中に見いだしました。これらの存在を意識し崇め、相互作用することがスピリチュアリティの実践でした。世界の宗教の特色に見られるスピリチュアリティは、その宗教の発達した背景が深く関わっていると考えられています。砂漠の民たちは一神教で神と自分の関係性を突き詰め、他の神の介入を許しません。自然環境に恵まれ、山や谷、森やジャングル、海や川などがあるところでは多神教が発達します。
b0164641_094085.jpg
日本の仏閣の緑の深さは比較するとよく理解できます。外国から帰ってくると、成田の上空から緑一杯の日本の土地を感謝する気持ちで一杯になることがよくあります。この写真は数年前に訪ねた京都の鞍馬山のふもとにある貴船神社です。
b0164641_0123720.jpg
ムスリムの礼拝風景
b0164641_0131535.png
ユダヤ教の嘆きの壁
b0164641_0141838.jpg
コーランに書かれている言葉で「この世の終わりには親も子もなく、頼れるのは神と自分だけ」という究極の教えがあります。この環境ならそう考えるかも知れません。

来週は中世から近世へと話を進めますね!
[PR]
by lsajapan | 2016-03-11 00:22 | インスピレーション

<85> スピリチュアリティとは:その1

b0164641_7434172.jpg
ハッブル宇宙望遠鏡がとらえたオリオン星雲 (HUBBLESITEより)

2月も今日で終わりですね。春の気配も感じつつも朝晩はまだまだ寒い日が続きます。私は現在150種の精油の本を執筆中です。ピエール・フランコム氏のフランス語の文献も取り入れてリサーチを重ねています。今回は頸椎症が再発しないように、本気で体力作りしながらの執筆です。少し遅れ気味で心配ですが頑張ります!

今回は次号のアロマトピアに寄稿した記事の一部を紹介します。長いので、3回に分けて少しずつ載せることにしました。毎週アップしていこうと思います。「スピリチュアル」に関する特集で、私は「スピリチュアリティの歴史ーーヒーリングとの関わりと過去から現在までの変遷」というタイトル記事を担当しました。その最初の出だしのところです。

「スピリチュアリティとは」

スピリットとは人間や動物に宿る生命力であり、語源はラテン語の”spiritus” (スピリトゥス、呼吸、活力、勇気)から来るもので、その形容詞が「スピリチュアル」ということになります。名詞にすると「スピリチュアリティ」で、一般的には「霊性」や「精神性」と訳されます。

定義は様々で、宗教的、文化的にも違う概念でとらえられています。神とのつながりから見いだすもの、自分の中から禅や瞑想,内省によって見いだすものなどその道も多岐に渡ります。現在、一般的にとらえられている「スピリチュアリティ」の意味合いは、その人の精神世界との関わり方を示し、「スピリチュアル」であることは精神世界や輪廻転生、高次の存在を信じるタイプの人々を指します。ちなみに「スピリット(霊性)」と「魂(ソウル)」とは完全に一致するものではありません。
b0164641_654117.jpg
魂は特に東洋思想では輪廻転生するその生物に宿った人格を持つ永遠の存在を指します。古代エジプトでもスピリットはカー、ソウルはバーと分けて考えています。「カー」(スピリット)は生命力を象徴します。人間が生まれる時にカーは吹き込まれ、死ぬ時に身体から離れます。一方「バー」(ソウル)は魂や個性を表し、身体が死んでも生き続けます。バーは人間の頭部と鳥の身体を持つ存在として墓から飛び立ちます。そして来世でカーと合流して再び人間として機能します。
b0164641_6534684.jpg
写真の「口開けの儀式」はミイラを墓に入れる前に神官が行う儀式のひとつで、親族や友人の前で死者のミイラの口を開ける動作をして、感覚を呼び戻して呼吸ができ言葉をしゃべれるようにします。さらに供物を飲食できる能力が与えられます。困ったことがあると亡くなった家族に手紙を書き,助けを願いました。日本の先祖供養と少し似た考えを持っていたのではないかと思います。

この続きは来週に続きます・・・次回は「スピリチュアリティの起源」
[PR]
by lsajapan | 2016-02-29 07:50 | インスピレーション

<84> 歴史に見る世界の香りの媚薬と効果

もう1月も終わり・・・信じられなほど早いペースで日々が過ぎて行きますね。この分だと春ももうすぐと思いたいところです。私は現在150種類の精油の本を書いています。今回の本はフォーマットデザインなどが先に決まっており、写真も多く入る今までになかったタイプなので、とても楽しみにしています。6月出版なので2月はかなり集中しなくてはなりませんが、頸椎症を再発させないように気をつけて取り組んで行こうと思います。

ちょっと先走り気味ですがバレンタインデーにちなんで、今回は去年「アロマトピア」に寄稿した媚薬の記事を紹介します。リサーチは前々から少しずつしていたので、ネタはいっぱい。ロマンティックなレシピものせてみました。ホロホロ鶏など少し珍しい鳥類は、ナショナル麻布マーケットで売っています。
b0164641_22394929.jpg

世界中で愛されてきた媚薬
全ての文化圏にはいつの時代にも“媚薬”や“惚れ薬”の類いは存在し、人々は昔から常にどのようにして愛する人の気持ちを向けることができるかを研究してきました。”Love Portion(媚薬)”と言うと古典の文献では魔法の薬と考えられており、手に入れるのが難しいサイの角、ツバメの舌、ドラゴンの血、ベラドンナやマンドレークなどが材料に入っています。基本的にその時代において貴重でエキゾティックなスパイス類や刺激物、強壮作用のあるものや香り高いもの、甘くカロリーのあるものが多く、珍しいもの(もしくは実際には存在しないものを本物のように見せかけたもの)はより珍重されたようです。また、砂糖やチョコレート、ブラックペッパー、ヴァニラなど現代の生活ではもはや刺激物とは感じられないほど日常的に使用するものも含まれています。古来より媚薬には人々を陶酔させる成分や秘薬的なストーリーがあるだけでなく、香りが重要な役割を担っているようです。
媚薬の概念は様々で、大きく分けると以下のようになります:
*ロマンティックな気分にさせるもの
*暗示作用を通じて心の抑制を解くもの
*心身をリラックスさせるもの
*興奮剤、刺激活性剤
*健康増進作用、滋養強壮作用のあるもの
*中枢神経を刺激し、性的な強壮作用を持つもの

中国では陰(女性)と陽(男性)が結合すると気(スピリット、エネルギー)が生まれると考えました。宇宙との関係でも同じく陰と陽の均衡が完全にとれれば、宇宙の波動と一体化できるとされています。
Kama Sutraには幸せなカップルになるためのアドバイスが以下のように書かれています。「食べ物や飲み物でお腹いっぱいにしてはいけない。さもないと卒中や関節炎を起こす。男性は強壮作用のある食べ物:芳香植物や肉、卵などを食べると良い。健康で活発な身体は女性を惹き付けるために必須である」
アリストテレスも「自分自身がある程度の体力がなければ、媚薬は役立たない」と記述しています。このように健康という前提の元に媚薬を勧めています。

香りの媚薬的使用
古代エジプト人は香を霊的体験と結びつけ、香の神ネフェルトゥムを香の煙により喚起することができたと言われています。そして古代ギリシャ人は香の使用法をエジプトから学び、祭礼にはフランキンセンスとミルラを使いました。神聖な香であるはずなのに、ディオニュソス神の祭礼では集団催眠的に利用され、陶酔状態をつくりだしました。さらにローマ帝国でのバッカス神の不道徳な祝宴へと発展して行きます。使用されたフランキンセンス、ミルラ、オニカ、ガルバヌム、ナタフ(蘇合香)は樹脂で、植物ステロールが含まれており、生化学的にはヒトのホルモンと酷似しています。これにより媚薬的な働きをします。

タントラ儀式では女性はパチューリを首、アンバーグリスを乳房、ムスクを鼠径部、ジャスミンを手、サフランを指に塗り、男性はサンダルウッドを額、胸、腋下、鼠径部に塗りました。肉体の基底に宿る眠れる蛇(クンダリーニ)を覚醒させ、精神性へと昇華させる神聖な儀式でありながら、快楽的で媚薬的な香りが使われます。ここではヒトまたは動物の分泌物:ステロイドを想起させるもの、またはそのものが多用されています。
b0164641_2212445.jpg
          ジャワ島のボロブドゥール遺跡のレリーフ

インドをはじめとする南アジア地域ではナツメグとメースを宗教儀式や媚薬として使用した歴史があります。少なくとも11世紀から使用されている有名なCNS活性による向精神作用のあるスパイスです。パウダー状にしたナツメグは中程度〜強度の抗精神作用、幻覚を引き起こす作用があります。意識を失う、社交的になる、気分が変化する、喉が渇くなどの反応が出て、ドラッグ類と似た反応だと言われます。精油中のミリスチン3.3~13.5%とエレミチン0.1~4.6%で、MAO(モノアミン酸化酵素)を抑制することにより幸福感を説明できるのではないかとされています。ミリスチンは神経伝達物質であるセロトニンをラットの脳の中で増加させるので向精神作用があるのではないかという報告もあります。
b0164641_22122138.jpg
              ナツメグとメース

クレオパトラは全身にジャスミンとサンダルウッド、またはフランキンセンスとローズを使用して政治的交渉をしたと言われています。その船の紫色の帆はローズウォーターに浸されました。シナモン、ジュニパー、フランキンセンス、ミルラ、サイプレスなどをブレンドした香料キフィがたくさん積まれ、この香りで「風まで恋に落ちた」と博物学者のプルタルコスが記述しました。古代の文献を紐解くとギリシャ、ローマ、中近東の女性は樹脂を使用することが多く、それが女性に似つかわしいとの記述も見られます。但し、使用でできる人々は限られており、階級によって使用する香りも違いました。階級や職業が違うと匂いの違いが激しいので、できるだけ同じ階級の中で社交をしたという報告もあります。
b0164641_22495535.jpg
              クレオパトラのレリーフ

マルグリット・モーリーは「生命と若さの秘密」に以下のように記述しています。「魂が神秘に近づく時、薫香は常にあります。世界中の寺院や教会は薫香やローズの香りに満ちています。・・・・恋に落ちた人々は香りに力を借ります。匂いのない媚薬はありません。旧約聖書のエステル記の主人公、エステルは香油につかり、クレオパトラの髪はミルラの香りがしたそうです」

17世紀の医師ニコラス・カルペパーは「マデラワインにジンジャー、シナモン、ルバーブ、ヴァニラを入れると媚薬的効果がある飲み物になる」とCulpeper’s   Complete Herbalに書いています。甘い食前酒のような感じですが、ジンジャーはセロトニン受容体に働きかけることにより、副交感神経を優勢にします。シナモンは加温作用、中枢神経の興奮を鎮静する作用があります。

一方、南の島々ではココナッツの甘い香りと熱帯の花々が媚薬として有名です。特に画家ゴーギャンをタヒチから離さなかったのは、モノイオイルだったとも言われています。モノイとは“芳香”という意味ですが、ココナッツオイルにティアレ(タヒチアン・ガーデニア、Gardenia tahitensis)という白い花を入れて浸出したオイルです。他の材料も加えることもあり、家々によって独自のレシピがあります。皮膚と髪を柔らかくし、甘く安心感のある優しい香りがします。女性たちのモノイオイルの香りはゴーギャンの絵から漂って来そうです。源流をたどるとタヒチにはマオリ人たちが約2000年前に移住して来て、儀式用に使用したものと言われています。ここでも媚薬と宗教儀式のオーバーラップが見られます。
b0164641_22124324.jpg
                 ティアレ

また、ミクロネシアの小島ナウルでは、女性たちが良い香りの花とココナッツミルクをブレンドしたものを擦り込み、芳香植物をブレンドした生薬を飲むと何日も身体の内側から良い香りを放ち「男たちが山のように寄って来る」といいました。トロブリアンド諸島(パプアニューギニア)では、ミントとココナッツオイルを煮詰めたものを眠っている意中の女性の胸に呪文を唱えながら数滴たらすと、自分のことを深く愛してくれるという媚薬の言い伝えがあります。

アラブ首長国連邦の女性は身体にはサンダルウッド、沈香、サフラン、ローズ、ムスクなどをつけ、髪にはアンバーグリス、ジャスミンなど、耳にはシヴェット、ローズ、サフランなどを混ぜたムカマリヤという赤い香油をつけます。夫と極親しい家族以外の男性がいる場に香油をつけて出るのは不倫と見なされます。男性は沈香、ローズ、サンダルウッドなどを耳の後ろ、手の平、ひげ、鼻孔につけます。イスラム世界ではアルコールは飲用が禁じられているだけでなく、皮膚にも使用できないので、香油の使用が原則です。ドバイでは白装束の男性の近くを通りかかるとほぼ例外なく沈香の深い香りがしました。香水店で売られている商品も圧倒的に沈香ベースのものが多く、暑く乾燥した土地ではとても心地よい魅力的な香り立ちとなっていました。

香りの情動に与える影響
オーストリアの調香師のパウル・イェリネクは以下のようにカテゴライズしています。植物性と動物性が含まれていますが、アンブレットシードやコスタスルート、ラブダナムなどは動物性香料の代用品として使用されている植物性香料です。

催淫:アンブレットシード、コスタスルート、シヴェット、カストリューム
官能的:チュベローズ、ジャスミン、バルサムトゥルー、ラブダナム、ベンゾイン、オレンジフラワー
陶酔させる:ローズ、バルサムペルー、ベンゾイン、イランイラン、マグノリア、ネロリ、カシア
b0164641_22131049.jpg
               イランイラン

さらにイェリネクはプロフェッショナルの香気判定士たちに樹脂と体臭について判定してもらい、やや酸味のある香りのミルラは金髪の人の体臭、甘い香りのフランキンセンスが黒髪の人の体臭、髪の匂いはオニカ、皮膚の匂いはナタフが似ているという結果になりました。この樹脂とフローラル系のオーデコロンをブレンドすることにより催淫性の強い香りができあがりました。これは体臭的な匂いと心地よい香りが結びつくことで媚薬的な効果を生み出すと言う例です。

マルグリット・モーリーは各個人の精神状態に影響する香りをブレンドすることを研究し続けました。適切な香りを使用すると知覚能力は明瞭となり。心地よい気分になれると記述しています。嗅覚神経は12の方向に分岐しており、梨状皮質では香りを知覚し、海馬と扁桃体では記憶との照合と情動への直接的な影響を与えることにより、香りが適切であった場合は媚薬的にも働くことになります。理論は介在せず本能的に反応します。香りが閾値に達していなければ本人も気づかないで影響を受けることになります。

このように香りの媚薬的な効果は、意識下で私たちに影響を与える可能性もあり、マインドコントロールや魔法にかけられるという言葉が似つかわしいサブリミナル効果、そして不思議な雰囲気に満ちています。

香りの媚薬の材料
媚薬は麻薬的成分や毒性成分を致死量に行かないくらいの微妙なレベルで使用するものが多く見られました。これらを少量使用することにより薬用として使用できるものも多くあります。ここでは危険なものは避けて、香りの良い媚薬の材料を集めてみました。

<植物性>
高麗ニンジン、ジンジャー、ブラックペッパー、オールスパイス、サフラン、シナモン、コリアンダー、クローブ、ナツメグ、トウガラシ、フランキンセンス、ヤドリギ、ロータス、ローズ、ジャスミン、ワイルド・オーキッド(Orchis mascula)、ヴァニラ、クラリーセージ、バジル、タイム、ローズマリー、セイボリー、オレガノ、ザクロ、イチヂク、アプリコット、マンゴー、バナナ、クルミ、アスパラガス、トリュフ、オニオン、黒糖、チョコレート、コーヒー
b0164641_22412049.jpg
広尾のラ・ビスボッチャのトリュフのフェットチーネ・・・美味しいけれど、いつも食べ終わる頃には鼻血が出そうになります

<動物性>
ムスク、アンバーグリス、シヴェット、カストリューム、蜂蜜、牡蛎、ホロホロ鶏(ギニアヘン)、羊、鳩、鶏卵、ウズラの卵、キャビア、鰻

芳香の媚薬的効果のあるレシピ
<18世紀のポルトガルの媚薬:エンジェルウォーター>
オレンジフラワーウォーター600ml、ローズウォーター600ml、マートルウォーター300ml、ムスクアルコール400ml、アンバーグリス400ml
これを現代版にすると:
ネロリ精油、ローズ精油,マートル精油 各2滴、アンジェリカシード精油、ラブダナム精油 各1滴をスピリタスウォッカ100mlに混ぜて一晩置き、1リットルの精製水に混ぜる
肌水やスプラッシュのように使用する。アンジェリカシード精油には光感作があるので注意。

<媚薬デザート:バナナ・フランベ>
バナナ2本、バター50g、ブランデー60ml、オレンジジュース60ml、ブラウンシュガー20g、ナツメグ1滴、ネロリ1滴、バニラエッセンス1滴
b0164641_2224454.jpg

<媚薬飲料:ローマンウォーター>
ザクロ2つ、ローズウォーター5ml、冷水300ml、レモン汁1/2個分、蜂蜜
b0164641_22201148.jpg

おしまいに
今回の記事を書き進めるにつれて、宗教儀式に使用されるものと媚薬として使用されるものがオーバーラップするという意外な事実に気がつきました。でもよく考えてみると、非日常的な感覚と陶酔に満ちた経験は究極の幸福感を導くものとして結局は似たものなのかもしれません。香りの反応は社会的、民族的、時代的な背景が強く影響するとは言え、甘く深いうっとり陶酔する香りはいつの時代も人々の心を惹き付けて来たと言えるでしょう。
[PR]
by lsajapan | 2016-01-28 23:44 | インスピレーション

<76> The Secret of Coca-Cola: コカコーラの秘密

コカコーラは誰もが知っている飲み物ですが、どのくらいの方がその起源をご存知でしょうか?アメリカでは元々薬局で売っていたことなど、いつか書きたいと思っていたのですが、なかなか実現できませんでした。コカコーラはコカインの原料のコカの葉の成分が入っているとか、他の同種の飲み物のネーミングもドクター・ペッパーとかルート・ビアなど生薬の雰囲気が伝わって来ます。今回はコカコーラの興味深いストーリーと精油を使用したフォーミュラを紹介します。
b0164641_2581871.jpg

ジョージア州出身の薬剤師ジョン・ペンバートンは南北戦争の退役軍人で怪我の後遺症からモルヒネの中毒になり、危険な薬剤に代わるものを探していたところ、ペルーやボリビアの人々が2000年もの間使用しているコカの葉を知り、リサーチを始めます。心理学者のシグムント・フロイトがコカを推薦している文章を読んだり、すでに製品としてあったフランスのコカワイン(Vin Mariani)をヒントにしてコーラナッツとコカの葉を使用したワインをつくり出したのが始まりです。
b0164641_258591.jpg

1886年にアトランタでは禁酒法が施行されたので、アルコールを抜いたレシピを作り直してコカコーラとして商標登録し、ジョージア州の薬局で神経強壮剤として販売を始めました。これは"知的飲料"と考えられ(今の"機能性"と同じような意味と思われます)ノンアルコールでありながら効果的な強壮作用や刺激活性作用を持つことで注目されました。美味しいだけでなく気分爽快にし、リフレッシュさせ、頭脳明晰化作用もあり,実際にカフェインを含むので頭痛や神経痛に効果的で、抑うつ、ヒステリー、吐き気などにも作用しました。

ビジネスは順調で4人のビジネスパートナーに恵まれましたが、ペンバートン自身は基本的にあまりビジネスに長けていなかったため、莫大な財産は手にせずに正式なサインした契約書もなく、癌で亡くなります。息子もアルコールと薬物中毒で早世します。

10年程前に雑誌(“New Yorker”だったと思いますが)に嗅覚についての記事が載っていて「鼻は香りを送り込み、脳(辺縁系)は反応する」という見出しがあり、読んでいるとインタビューしている調香師がレモン、ヴァニラ、ライム、シナモンの香料をムイエットに付けて嗅がせてくれたら脳が「コカコーラ」と囁いた・・・・という内容でした。そして最近読んでいるチャンドラー・バールの”The Perfect Scent”では、エルメスの調香師ジャン・クロード・エレナがオレンジ、ライム、シナモンをトゥッシュ(ムイエット)につけてチャンドラーにコカコーラの香りとして嗅がせてくれたと言うくだりがありました。
b0164641_22554941.jpg

そうそう、前に実際の秘密のレシピ“7X”をどっかで見つけたぞと思い、自分のコンピューターのファイルを探してみると、ありました!これです。

<7Xフォーミュラ> 目安として以下のフレーバー2オンス(約56.8ml)を5ガロン(18・9リットル)のシロップに使用します。
30滴 レモン
20滴 オレンジ
10滴 ナツメグ
10滴 シナモン
10滴 ネロリ
5滴  コリアンダー

これにコカ・エクストラクト、カフェイン、砂糖、ライムジュース、ヴァニラ、カラメルをブレンドします。これがシロップの部分です。このシロップはコカコーラ社が発売し、コカコーラ・ボトラーズが炭酸水で割って瓶詰めすると言ういうシステムです。でもこのフレーバーのブレンドは私たちのエッセンシャルオイルのコレクションでできるレシピですね!
b0164641_2244311.gif

[PR]
by lsajapan | 2015-06-09 22:45 | インスピレーション

<72> 結縁灌頂

結縁灌頂(けちえんかんじょう)・・・・これは一体何のことだか全く知りませんでした。今年の秋までは。でも去年、クリストファー・ワーノック先生と芳垣先生が言っていたような気がしていました・・・・年に数日しか行なっていない密教の儀式らしいのです。

この秋はネリー・グロジャン博士の通訳として、ホテルのスパや製品の販売をしている方たちのためのセミナーなど、大阪にて務めさせていただくことになりました。そしてスケジュールによると、その後少し自由な日程があるとのことで、久々の二人での旅行を企画しようかなと思い、調べることしばし。突然思い立ち「すでに高野山は行ったことある?」とネリーのメールで聞くと「行ったことない。とっても興味あり」との返事。高野山は真言宗の聖地である標高1000メートル程の山々の総称で、レクリエーション施設もなく、宿坊では朝早くから起きて勤行に参加しなくちゃならないし、スリッパをポイポイ脱いでおくと怒られてしまうらしいし、トイレもお風呂も専用ではないところも多く、それにワインなんか出て来ないんだから・・・詳しく説明して大阪から1時間程で行けること、門限がある宿坊に泊まることなど説明すると「パーフェクト!楽しみにしてるからね」と安易な返事。大丈夫かな〜?
b0164641_2257152.jpg
大阪での仕事はとてもやりがいがあり、スパのセラピストの方々も1年半前に開業前のトレーニングに伺って以来でしたが、皆とてもやる気に溢れ、質問などが多く出て活気のあるセミナーになりました。夜のセミナーもたくさんの方が集まり、デトックスの方法、エネルギーの涸渇した人のためのトリートメントや食事のアドバイスなどを指導しました。宿泊先のセントレジスホテルはとても素敵で、12階にロビーやレセプション、日本庭園があり、とても静かでプライベートな空間を楽しめます。後で知ったのですが、一部屋7万円からだそうです・・・・
b0164641_22575680.jpg
次の日は高野山に午後出かけ、宿坊だけ予約して、あとは駅で聞いたりして何とか高野山に上るケーブルカーが出ている極楽橋駅までやって来ました。すごい勾配にあるケーブルカーに乗り込むと顔ぶれがあまりにインターナショナルでさすがという感じです。出発するとすぐに高野山について説明のアナウンスが日本語で流れ、次は何とフランス語でのアナウンス。ネリーは大喜びで「ここって世界遺産に登録されているのね!」言わなかったっけ。すみません。
b0164641_18565690.jpg
b0164641_18573761.jpg
b0164641_22583562.jpg
予約していた宿坊に着くと「明日から3日間、金剛界結縁灌頂を伽藍で開壇しています。今日は奥の院でお坊さんが集まって7時から萬灯会がありますよ。参加されてはいかがですか?」そのとき始めて結縁灌頂の日程を知り、偶然にも年間6日しかない、その日程に高野山に来た偶然に驚き、奥の院の萬灯会にも行こうとネリーと盛り上がります。でも外を見て「暗くありませんか?」「大丈夫。足元は照らされていますし、他の人達も歩いていますよ」とのことで、夕食を6時から予約していたので、早めに済ませて,歩いて30〜40分かかると言う奥の院へ出発。

真っ暗です・・・・もちろん少しは明かりはありますが、参道近くには民家はないようです。おまけに参道に入ってから思い出したのですが、高野山に行った方が奥の院までの肝試しをしたという話があり、何のことだと思っていたら・・・・・コワ〜イのです。奥の院までの長い道のりの参道の両側は迫力のある昔からのお墓だけ。ホーホーやカーカーの鳥の声が響くだけで、あとは徳川家康から松下幸之助までありとあらゆる名士のお墓、お墓、お墓・・・・大変なところに来てしまったと感じ、怯んでしまいました。(写真を撮る勇気もなかったので「高野山奥の院」で検索して下さい)

私「怖くないの?やめる?」ネリー「怖くなんかなーい!怖いのはあなたの頭の中だけ。アヤコ」私「変な人が出て来て危ない目に遭わないかしら?」ネリー「そんなカルマは私たちにはなーい!」相変わらずすごい豪傑。でも、ネリー「ちょっと疲れちゃったから、帰りはタクシー呼んでくれる?」私「ここは参道で、車も入れないのでタクシーは呼べないよ」そんなやり取りをしている間に通り過ぎた人は数える程。誰もいないんじゃないのかしら?私たちは二度と戻って来れないのでは?ここはどこ?このぐらい怖いです。暗くなってからは奥の院に行くのは覚悟しましょう。3人以上だったら大丈夫かな?でも奥の院に着くと、たくさんのお坊さんたちがすでにお経を読み始め、50人くらいの方が見守っておりました。若いお坊さんもたくさんおり、エネルギーに満ちた萬灯会でした。
b0164641_2362444.jpg
帰りは宿坊の門限に遅れないように少し早めに出て来たので、また誰〜もいない両側お墓の参道を脇目も振らず(脇目を振ると何かを見てしまいそうで無理)一目散に宿坊に戻りました。不思議と帰りの方が早く感じられ、ネリーも「タクシーないの〜?」の連発でしたが、無事到着。私たちがギリギリに戻り、その数十分後に表門をお坊さんが静かに閉めている音が聞こえました。ありがとうございます。

次の日は結縁灌頂に参加する前に朝の勤行に参加して、お坊さんが上げ膳据え膳して下さる朝食(何て贅沢な経験)を終えて、伽藍の金堂へ。ここでも感動してしまったのですが、英語の達者なお坊さんが常にいて説明をしてくれたり、質問に答えてくれたりします。さらにお坊さんたちがとてもハンサムでびっくりします。そう言えば美坊主図鑑ってあるんですよね。
b0164641_23265641.jpg
結縁灌頂とは目隠しをして仏様の世界を表す曼荼羅の上で花を投げ、その花の落ちたところの仏様と縁を結ばせて(結縁)いただくことです。その後、阿闍梨様から大日如来の智慧の水を頭の頂より注いでいただき(灌頂)元々私たちの心に備わっている仏心と智慧を導き開く儀式です。最初にお経を阿闍梨様と一緒にしばらくの間一心に唱え、ムドラーを教えていただき、その後、目隠しをされて指に花(または葉)を持たされ、導かれたところで花を落とすとどの仏様と縁を結んだかを教えてもらいます。儀式のすべてを終えるのに1時間半程かかります。偶然に参加できたのですが、とてもよい経験になりました。高野山はある意味、日常とはかけ離れた特別な場所ですね。(奥の院は一の橋より先は人間の世界ではないそうです。)

始めて手に入れた御朱印帳は、伽藍中門再建に使用した檜の材木の残りで作ったものです。香りが良く、軽く、特別な感じがします。そしてさらに書いていただく字がとても美しく、うっとりします。見るだけで惹き付けられるような字を書けるといいなと思いました。

高野山ではトレッキングから瞑想までいろいろなことができるようで、後ろ髪を引かれます。でも明日からのセミナーもあることだし、夕方の新幹線で東京に帰る予約もあるので、数珠や草履をたくさん買い集めるネリーを何とか諭して下界に降りる(という気分)ことにしました。またゆっくりと時間を取って真言密教の世界に触れるために高野山に登りたいです。
b0164641_1845683.jpg
b0164641_18452890.jpg
b0164641_237823.jpg
お坊さんが二人の写真を撮ってくれ「ハイ、ボーズ!」と言っておりました。思わず逆撮りしてしまいました。

今年は後半、国内、海外と移動することが多く、ブログが滞りがちでしたが、来年にも少しずつキャッチアップして行こうと思います。今年もどうもお世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。皆様よいお年をお迎え下さい。
[PR]
by lsajapan | 2014-12-28 23:12 | インスピレーション

<68> 北海道医療大学を訪ねて

忙しいのを理由にブログを3ヶ月も空けてしまいました。1ヶ月に2回くらいはポストしたいところです。ともあれPEOTコースは無事に始まり、たくさんの熱心な方々が集まってくださいました。全力を尽くして良いコースを作っていきます!このコースのためにいろいろな備品を用意したり、勉強のスタイルを工夫したり、講師の先生方を新しくお願いしたりと、17年前にLSAを最初にオープンした初心に戻るような感覚です。テキストも最新のシラバスに沿って編集して、とても楽しい作業です。今までのコースよりもさらに自然環境を意識したり、化粧品についての知識や香りと嗅覚に関する最新の研究も興味深く、自分自身をレベルアップできるはずです。

ところで5月の第3週に北海道医療大学の北方系生態観察園と薬用植物園へ、生徒有志と共に伺いました。それぞれが植物への思いが熱い方たちばかりで、農学部出身や農業に実際に携わっている卒業生やフラワーエッセンスを実践している方たちが集まりました。案内をしてくださった堀田先生も情熱的で、数時間の森での散策はまるで浮世離れした別世界に迷い込んだような経験でした。15ヘクタール以上にも及ぶ森の中に散策路があり、小川が流れ、ボランティアの人たちと共に少しずつ手入れをしているそうです。季節ごとに咲く花も代わり、はびこった笹の葉を取り除くと、そこから様々な自生植物が顔を出すそうで,それを先生は丁寧に写真に記録し、年に何回か写真展を開かれています。植物への愛情が写真を通して感じ取れる“植物エネルギー”という写真集も出版されています。
b0164641_1213015.jpg

堀田先生は薬学博士で、北大で抗癌剤の研究をされていたそうです。あまりに忙しく、ご自分の体調を崩されたそうで、その経験から自然にもっと触れ合うライフスタイルを求めて現職に付かれたそうです。大学の授業も担当され、森の管理運営や来客の案内、写真展などお忙しい中、お時間をいただきました。最初は日本ホリスティック医学協会のセミナーで私は“サトルアロマテラピー”、堀田先生は“植物エネルギー”のレクチャーを担当し、お話しを聞いて是非伺いたいとかねがね思っておりました。実現してとても嬉しいです。

熱く語る堀田先生。右腰に付けているのは蚊取り線香です。付けないと蚊柱(初めて聞く恐ろしい言葉です)が立ってしまうそうです。でも裏返しになっている??
b0164641_12104847.jpg

多くは薬用植物で、アロマテラピーに関係のある芳香植物ではないですが、ミズバショウ、ニリンソウ、クルマバソウ、ヒトリシズカ、エルダーフラワーなどの普段なかなか見られない植物をじっくり観察してきました。多くは薬草または北海道特有種で、自生しているものと栽培されているものがあります。一部は学名と一般名、効能が記載されたプレートが立ててあります。

先生は見る植物見る植物「お〜!いつの間にこんなに育ってきたか〜」などと歓声を上げながら説明してくださいます。「前にはいつ来られたんですか?」と聞くと「昨日」とおっしゃっていました。3日くらい空いているのかと思いましたが、植物は毎日変化しますよね。

ヒトリシズカ
b0164641_122233100.jpg

ニリンソウ
b0164641_12225913.jpg
エルダーフラワー(エゾニワトコ)と北海道で農業を営むLSA卒業生の絵理ちゃん
b0164641_12254655.jpg

北海道で栽培されるホッカイトウキ (Angelica acutiloba) の葉をもらって、肩にしょってハイキングを続ける加藤さんの愛らしい後ろ姿
b0164641_12121743.jpg

フキノトウの雌株の綿毛を堀田先生に見せてもらう。フキノトウって雄株、雌株あるんですね。かわねちゃんが持っています。
b0164641_12223842.jpg

行者にんにく・・・・ニラのような匂いのする葉、食べると3日くらい匂いが消えないそうな・・・行者にんにく入りの冷凍餃子をお土産に買おうとしたら、北海道に住む福田さんに止められました。でも堀田先生に少しずつ葉辺をいただいて食べたところ、とってもおいしかったです!
b0164641_12233282.jpg

和種と外来種のタンポポの見分け方:額が反り返っているのがセイヨウタンポポ(外来種)だそうです。もっと調べてみたところ、春だけ咲くのが和種で1年中咲いているのが外来種だそうです。和種はシロバナタンポポとキバナタンポポに大きく分かれ、最初の西洋種は20世紀初頭に札幌市にアメリカ人の農学校教喩によって野菜として持ち込まれたというこです。タンポポコーヒーやタンポポワイン、葉をサラダにしたりします。利尿、貧血、血液の浄化、解毒に効果があります。西洋種の学名はTaraxacum officinaleと、ちゃんとofficinale(薬用)が入っており、見直してしまいました。

左側が西洋種、右側が和種
b0164641_1225660.jpg
この形が似た大小の葉は、大きい方が毒草(トリカブト)、もうひとつが薬草(ニリンソウ)・・・見分けられますか?ニリンソウの白い花が咲くまでわかりにくいとのことです。勝手に素人判断すると野草もキノコも怖いです。時々ニュースで報道されていますよね。
b0164641_12275433.jpg


堀田先生曰く、森林浴とは漢方の説く病気予防の極意と同じだそうです。石狩の森を歩き、自生植物に触れて新たに植物のエネルギーに触れ、さらにフラワーエッセンスについても考えさせられることが多くありました。それぞれの植物がとても個性的で美しかったです。

スミレ (Viola mandshurica)
b0164641_12153981.jpg
一応「私も一緒に行きました」の証拠写真スリーショット
b0164641_12383552.jpg

[PR]
by lsajapan | 2014-06-05 12:32 | インスピレーション