<105> L’Authentiel サマーレシピ2017

b0164641_13392434.jpg
初夏のFiloliガーデン:サンフランシスコの40kmほど南にあるボーン家がゴールドラッシュで築いた財産を投じて作り上げた素晴らしい邸宅(654エーカー:80万坪)。現在はアメリカのナショナル・トラストが管理しています。様々なスタイルのガーデンがあるので、1日見て歩けます。

ところで、夏のためのアロマテラピーレシピ集を紹介します!一昨日からLSAの生徒対象(セミナー出席者もどうぞ!)のサマーセールを開催しています。まだメールが届いていない場合は事務局にお問い合わせ下さい。今回のセールアイテムを中心に、涼しく身軽に夏を過ごすための取って置きのレシピを集めました!個人的に使って気に入っているものばかりです。簡単で手軽なレシピなので試して下さい!*もしお肌に合わない場合は使用を中止して下さい。
b0164641_13465297.jpg

<暑さ対策>
1.デオドラント:サイプレス(3)、ベイローレル(2)、タイムリナロール(3)、ラヴェンダー(2)
基剤1:無水エタノール30mlに精油を加えて(表示の数字の3倍の滴数:できあがりで3%になります)よく撹拌してから精製水を20ml加える。必要に応じてスプレーする。
基剤2:エプソムソルト大さじ2に沸騰した精製水を50ml加えて溶かしたものに精油を表示の滴数加えてスプレー容器に入れて使用する。完全に精油を溶解させるためには5mlの無水エタノールに精油を混ぜてから、基剤に混ぜる。必要に応じてスプレーし、10秒程乾かす。

2.メントール・ジェル:ペパーミントまたはアルベンシスミント(1)、レモングラス(1)
基剤:アロエヴェラジェル(薬局で売っているもの)50mlに3%加える(30滴:15滴ずつ)
必要に応じて首の後ろや脚に少量塗布する。オイルベースではないので、爽やかに使用できます。

3.リフレッシュスプレーA:ラヴェンサラ(2)、マートル(1)、ゼラニウム(1)、オレンジ(2)
基剤:無水エタノール30mlに精油を加えて(表示の数字の5倍の滴数)よく撹拌してから精製水を20ml加える。ルームスプレーにしてもよく、顔以外ならコロンのようにスプレーできます。

4.リフレッシュスプレーB: スペアミント(2)、バジル(1)、マージョラム(1)、マンダリン(2)
基剤は3番と同じ
b0164641_13473175.jpg

<心身を軽快に> 上記の2番のジェルベースの方法で、精油は3%稀釈で使用して下さい。
1.むくみ:サイプレス(2)、マートル(2)、レモン(1)、ラヴェンダー(1)

2.脚が重だるい、ほてる足:スペアミント(1)、オレンジ(1)、ジュニパーベリー(1)

3.肩こり、背中の痛み:ラヴェンダー(1)、ウィンターグリーン(3)、プチグレン(2)
肩、首、上背部に塗布します。
シアバターバーム:シアバター30g、ココナッツオイル30gを湯煎して溶かした後に精油を上記レシピの4倍加えてクリーム容器に入れて固まるまで待つ。
  ローションバー基剤:コカムバター大さじ2、キャンデリラワックス大さじ1、ココナッツオイル大
  さじ3を湯煎して溶けたら精油を上記のレシピの3倍にし、繰り出し容器にいれて使用する。

4.精神疲労:フランキンセンス(2)、ローズマリー(1)、プチグレン(2)、ベルガモットFCF(1)
こめかみ、首の後ろ、肩、首、上背部に塗布します。
b0164641_13475481.jpg

<夏バテ対策> 
1.食欲不振:ベイローレル(2)、セイボリー(2)、マンダリン(3)、コリアンダーシード(1)
アロエヴェラジェル30mlにローズマリーLLi抽出油10mlに上記の数字をそのまま滴数にして加える。腹部とその背中側に塗布して指圧点(背骨の両側)を押圧。気に入ったら5箇所のフリクションポイントに少量付けてフリクションして下さい。(首の後ろ、太陽神経叢、仙骨、両足の裏)

2.暑さによる頭痛:ペパーミントまたはアルベンシスミント(2)、ラヴェンダー(1)首の後ろに
上記2番のジェルベースを首の後ろやこめかみに少量塗布。または上記3番のリフレッシュスプレーの方法で、精油は3%稀釈で使用して下さい。

3.筋肉のパフォーマンスを高める:ローズマリー(3)、ヤロー(1)、ジュニパー(1)、レモン(1)
  上記2番のジェルベースを脚全体に塗布するか、1番の基剤2に加えてスプレーするのも効果的。
  ローションバー基剤:コカムバター大さじ2、キャンデリラワックス大さじ1、ココナッツオイル大
  さじ3を湯煎して溶けたら精油を上記のレシピの3倍にし、繰り出し容器にいれて使用する。

4.熱中症対策:アルベンシスミント(1)、ラヴェンサラ(1)、ラバンジン(1)
上記2番のジェルベースを首の後ろやこめかみに少量塗布。または上記3番のリフレッシュスプレーの方法で、精油は3%稀釈で使用して下さい。

<スキンケア>
1.あせも:ヤロー(1)、ヘリクリサム(1)、ラヴェンダー(1)
上記2番のジェルベースに1%稀釈(アロエヴェラジェル30mlに2滴ずつ)
かゆみがある時はそこに1滴ペパーミントを入れてもよい。
  子供にはジェルベース30mlにラヴェンダー4滴、スペアミント2滴で。

2.足白癬対策:ティートゥリー(3)、レモングラス(2)、パルマローザ(1)
上記3番の基剤に3%稀釈してスプレーすると効果的です。(合計30滴)
上記2番のジェルベースに3%稀釈(アロエヴェラジェル30mlに合計18滴)

3.日焼け後に:ラヴェンダー(3)、ゼラニウム(1)、スペアミント(1)
基剤1:ヒポファン5ml、ジェルベース45ml、精油20滴(表示の数字の4倍の滴数)
基剤2:パプリカLLi5ml、ジェルベース45ml、精油20滴(表示の数字の4倍の滴数)

4.夏のスキンケアボディースフレ:イランイラン(9)、ロックローズ(1)、サンダルウッド(6)
基剤:コカムバター20g、シアバター20g、ココナッツオイル30g、パプリカLLi油10g
     全部の材料を湯煎にして溶かし、よく混ぜてから半分固まるまで冷蔵庫に入れ、その後電動泡
     立器でホイップする。精油は1%(レシピの数字のままの滴数)

5.アンチエイジング:ゼラニウム(2)、ネロリ(2)、フランキンセンス(3)、パチューリ(1)
基剤1:ローズマリーLLiオイル10ml、アルガンまたはホホバ30ml、精油8滴
化粧水かハイドロレートを使用したあとにフェイシャル、シャワーの後のボディーケアに使用。
基剤2:ローズマリーLLiオイル5ml、ジェルベース35ml、精油8滴
b0164641_13481735.jpg

6.リップサルブ(リップクリーム):ペパーミント(3)、ブラッドオレンジ(2)
  基剤:ホホバ大さじ2、パプリカLLi大さじ2、みつろう小さじ1/2、キャンデリラワックス小さじ1を湯煎して溶けたら精油を上記のレシピ通りの滴数を加え、リップクリーム容器にいれて使用。

ローズマリーやパプリカのLLiは3日以上かかって抽出した力作です。とてもよい香りがするのと色がとても美しく、ホームメイドコスメティックスに少し色を付けたい時に便利です。そして抗酸化作用が優れています!
[PR]
by lsajapan | 2017-07-14 13:52 | ロタンシエル
<< <106> 媚薬香油はいかが? <104> オマーンへの旅:その3 >>