<99> プラント・ラングエージがもうすぐ翻訳完了

b0164641_1549810.jpg
3年前に出版が決まってから、様々なことがあったこともありますが、今やっと集中して翻訳することができています。カート・シュナウベルト博士の「プラント・ラングエージ」(原題:アメリカで出版された題名は別で写真に出ている通り)・・・・表紙をめくると私のコメントが一番最初に出て来ます。本当にすごい名誉なことと思います。

「シュナウベルト博士は最新鋭のアロマテラピーの見解をこの本の中で見せてくれ、植物と人間の共進化を深く理解させ、私たちにたくさんの答えをくれる」バーグ文子、ロンドンスクールオブアロマテラピージャパン

ついでにもう1人の同じページのコメントは、スザンヌ・カティさんです。「ハイドロゾル」の・・・・彼女もネリーとカートに師事しているんですよね。今まで一度もお会いするチャンスはありませんでしたが。

今月末にシュナウベルト博士が来日されます。皆、とても楽しみにしてくださり、セミナーはすでに定員いっぱいです。(数名は入れるところがあるかもしれませんが、後はキャンセル待ちです)でも、上手くいけば夏には出版になるかもしれませんので、少し内容を紹介します。

『プラント・ラングエージ』より:多少省略、簡略化しています

 もし本当に自然から学ぼうとするのなら、それが我々の場合は精油からというわけだが、その純粋さと正真正銘の本物であることを解明することが、本当に学べるか否かを決定する要となる。商業の多くの領域において、欺瞞が経済の不可欠な部分となっている事実を考えると、精油の領域でも同じようにはびこっているのは驚くことではない。

 標準化した精油を使用していたら、自然から何も学べない。アメリカではアロマテラピーに使われる大部分の精油は調合されたもので、純粋な本物ではないし、1つの植物原料のみからでもない。実のところ、アメリカとイギリスの多様なアロマテラピー協会の最も見逃すことの出来ない不首尾は、真正な精油の問題に取り組まないことであろう。産業的で操作処理された精油を売っている会社がこれらの協会に浸透し、誰が本物の精油を売っているのか見分けがつかなくなっている。

 精油が実際に真正で本物であることを確かめるために、最も簡単な方法はその産地を知ることである。理想的なのは、生産会社の名前を知ることだ。精油のサンプルは生産者の本物のサンプルと比較することができる。販売者の原産国についての不明瞭な説明は、産業的につくられていることを示し、概ねグラースまたはニューヨークの香料原料会社から直接または媒介として供給されているものだ。分析表は甚だしい偽和を感知するために有用ではあるが、一般的には精油が本物であることを証明することはできない。

 有機体論の概念は本物の精油の活性と、対照的に大きな仲買会社による操作された普通の商業製品を理解するために重要な影響を持つ。薬理学は分子現象には限界があり、本物の天然由来のための尺度がない。有機体論の見解では、本物の精油によって誘発された生理作用は、生命体である植物全体が生き残りと繁殖の成功を賭けて闘って来た遺伝子発現によるものであり、ただの成分の組み合わせではない。

 本物の精油は生物学的進化の試練を通して、最も効果があった二次代謝物の組み合わせによって特徴付けられている。本物の精油でさえ、元々の二次代謝物の成分構成は蒸留の間に化学反応によりすでに変化している。しかし、商業的精油の中には、合成ではなく単離した天然由来のものから構成しているものもあるが、それでもローズマリーの植物の象徴である精油をつくりあげた本来の意図である“進化によるデザイン”は失われている。

 それに精油がユーカリプタスやオレンジから単離された成分が、どうやってローズマリーになるかという哲学的な問題点もある。加えて原料植物の表現することに違いがある。ユーカリプタス精油から単離された成分がローズマリー精油を再構成(人工的に構成)するために使われるとき、成分の名前は同じであろうとも立体化学や異性体の存在比率は違うことが多い。結果的に西側のアロマテラピーではほとんどの人が使っている再構成したローズマリー精油は、その中に入っている混合した成分に本来備わっている作用を果たす。しかし、ローズマリーの全生命体に表れている生命をサポートして来た性質は失われている。

***************
まだ校正していませんが、難しい文体ながら心に深く届く内容です。やはり彼のような思考回路と知識を持った方が説明すると説得力があります。日本にいる間はずっといろいろなお話しをして、学ぶことが山盛りです。過去10年間の友情と知識のシェアに感謝・・・・そして一度も「早く訳せ」と言わない奥ゆかしさ。甘えないで頑張ります!!
b0164641_16103434.jpg
これなんでしょう?実はレユニオンの畑からいただいて来た小さなターメリックの根茎を2週間程前に植木鉢に植えて、室内で管理していたら・・・すごい生命力ですね。
[PR]
by lsajapan | 2017-03-10 16:12 | 近況報告
<< <100> シュナウベルト博士... <98> LSA JAPAN ... >>