<78> 南フランスとスイスの旅 その2

b0164641_2113144.jpg
南フランスを訪ねるときは、わりとネリーの誕生日にかぶることが多く、毎回誰かがどこかに連れて行ってくれて、楽しいミニパーティーをした覚えがあります。でも今年は泊まりに来ている何人かで庭で食事をしていました。
b0164641_2282168.jpg
ブラジルから来た有名ファッション誌の編集長が「ネリーはサプライズを期待しているんではないかしら?」と囁きます。「ええ!?私お土産ゼーンブすでに渡しちゃったもん。どうしよう・・・」皆同じで考えが甘かったと、後悔しつつフ〜ンと考え込んで食事を続けていると、突然暗闇の中サイプレスの林の陰からゴソゴソと音がして、誰かの声が聞こえます。ちょっと怖くなって固まっていると、急に10名程の人達がネリーのお母様のイレーヌさんを中心に、バースデーソングを歌いながらキャンドルに火がついたケーキ(もちろんローフードのケーキです)を持って来てくれました。初めて聞いたフランスのバースデーソングは可愛くって、探してみたら簡単。そのままBon Anniversaireという歌でした。
https://www.youtube.com/watch?v=tUdKbUlLNvs
b0164641_211342.jpg
イレーヌさんはとても歌が好きなんですね。毎回何かしら機会があると美声を聞かせて下さいます。どうやらネリーとお母様は最近ちょっと何かあったようですが、親子ですもんね。すっかり仲直りして肩を抱き合って祝っていました。良かった良かった。イレーヌさんと共にやって来た人達は、5日間のローフードのセミナーの参加者たちです。モロッコやスイス、パリから来た方がいらっしゃいました。ケーキを食べた後は「今日は満月だからあの特別な石のところに行こう」ということになり、皆がネリーの庭のラヴェンダーの間をぬって歩きます。月がとても明るいのでライトがなくても真っ暗ではないです。
b0164641_2125719.jpg
「あの石」とは・・・ネリーの香りの博物館と住居は元々14世紀の修道院だったので、時々ここに泊まったことのある人々は修道士たちのエネルギーを感じることがあったのですが、ヒーラーたちが集まって5年前に修道士のスピリットを天国に送り出したそうです。皆安心して旅立って行ったそうで、記念に敷地内のパワースポットを探してクリスタルやジェムストーンを埋めて、最後に大きな石を置いて記念碑のようにしました。普通の記念碑と違うのは、そこの上に立って瞑想できるようになっているところです。私も立ってみたら、ビリビリするので驚きました。
b0164641_2433430.jpg
このサイプレスの奥に石が置いてあります。半分以上は埋まっています。
b0164641_835822.jpg
ミュゼ(香りの博物館)の入り口部分です。建物を侵害しないタイプのツタで覆われています。

皆でその“記念石”の周りで手をつないで輪になって、歌ったり、実現したいことを言ったりした後に「皆と各々ハグしよう!」とのことで、全員ともれなく暗闇でハグして誕生会は終了。軽く12時は回っていました。とっても素敵な経験でした。
b0164641_2231228.jpg
ちょうどその頃、金星と木星が近づいていて誰でも気がつくくらい空で目立っておりました。金星と木星は古典占星術ではベネフィックと呼ばれる吉星で、その2つが獅子座でコンジャンクションということになれば、華やかな感じです。同時に月と冥王星も近づいていましたね。その数日前には月と土星がコンジャンクションしていました。月はすごく速く動くのですぐに状況は変化します。「それでどんなことが起こるの?」とネリーは興味津々。もちろん華やかな感じだけれど、結局自分のネイタルチャートと重ねて考えるのが重要です。自分自身のチャートだと獅子座22度となると5ハウスなので、創造性が刺激されたり、とても楽しいことが起こる・・・それはもう本当に楽しい旅行の真っ最中ですから、何も異存はありません。そして5ハウスにあるドラゴンヘッドと2度のオーブでコンジャンクション、パートオブフォーチュンとはトラインです。この2つは感受点で天体ではありませんが、幸運のポイントです。さらに5ハウスは子供のことも関係があるのですが、マシューはこの時にしっかりとインセンティブ(報奨金)を会社からいただいて大喜びです。何か良いことをしたんですね。詳細は知りませんが。何しろ明日はスイスに車で出発です。
b0164641_2391949.jpg
スイスの田園地帯はハイジの世界っていう感じで、とても静かで平和。でもみんな農道を車で思いっきり飛ばすんで怖い!
[PR]
by lsajapan | 2015-07-27 00:31 | 海外にて
<< <79> IFA30周年記念カ... <77> 南仏 とスイスの旅:その1 >>