「ほっ」と。キャンペーン

<67> PEOTコースを募集します!

申請書類を作成するのに時間がかかり、開講が遅くなってしまいましたが、やっとPEOTコースをご紹介できます。マッサージがないIFA認定コースです。マッサージをしなくてアロマテラピーに関わる仕事はできますし、本家本元のフランス式ではあまり重要視されていません。そしてエッセンシャルオイルの作用や植物としてのバックグラウンド、心理や脳との香りによる研究の最新情報などを専門家の先生をお招きしながら1年半じっくり勉強できます。解剖生理学も免除制度がありますので、ご利用下さい。

PEOT: Professional Essential Oils Therapy
プロフェッショナル・エッセンシャルオイル・セラピー 

エッセンシャルオイル・セラピー・コース(PEOT)は、英国IFAがフランス人の理事の提案により7年以上もかけて温めて来たエッセンシャルオイルについての深い知識を得るためのコースです。精油の効果や香り、自然療法についてさらに幅広く学び、マッサージはカリキュラムに含まれません。現在のIFAのコースよりも難易度の高い全国職務基準(NOS)のレベル4のプログラムです。よりしっかりと勉強して理解し、企画や研究ができる人材を育てるという目標を持っています。

80種類のエッセンシャルオイルをさらに詳しく研究し、基剤についても34種類学びます。リサーチ研究をし、商品開発や個人セッション(コンサルテーションとフォーミュレーション)ができる人材を育成します。文章の書き方も勉強するので本や記事を執筆するなど、たくさんの可能性が広がります。常に新しい情報をアップデイトして勉強します。

環境問題や植物学についても勉強をし、エッセンシャルオイルの化学成分と作用だけでなく、生物学的な理解も深めます。一流の講師陣を揃え、アップデイトした最新の情報を学ぶことができます。

プログラムの特徴である「嗅覚を使ったセラピー」という、本来のアロマテラピーの意義を振り返るというのも、このコースの特徴です。経皮吸収だけでなく、やはり香りを楽しむことを重要視するべきだということで、ブレンディングや調香の技術もカリキュラムに取り入れます。

卒業に関しては筆記試験2回、全課題提出、ポートフォリオ:研究プロジェクト、ケーススタディー60症例、ビジネス・プロジェクト

IFA認定試験は2時間のPEOT、1時間の解剖生理学、ポートフォリオ、フォーミュレーションのプレゼンテーション録画審査があります。

講師
バーグ文子:IFAプリンシパルテューター、「アロマティック・アルケミー」など著作、翻訳多数
安部茂:薬学博士、帝京大学医真菌研究所所長、帝京大学医療技術学部教授
外池光雄:工学博士(嗅覚誘発電位の測定と解析に関する研究)、藍野大学教授
カート・シュナウベルト:ミュンヘン工科大学化学博士、「アドバンスト・アロマテラピー」など著作多数
丸山奈保:薬学博士、帝京平成大学准教授、IFA認定アロマテラピスト、IFA認定講師
鷺島誠一郎:カイロプラクター(解剖学)
徐学忠:中医師(東洋医学)

入学基準
➢アロマテラピーを学んだことがあり、実際にある程度使用した経験のある方
➢自然療法やホリスティック療法に興味がある方
➢心身共に健康で学習意欲がある方

コース・スケジュール
エッセンシャルオイル・セラピー 月2回 土曜日:18ヶ月 35日間 
解剖生理学           月1回 日曜日:11ヶ月 11日間
試験日は別に前期後期各半日(PEOT2時間、解剖生理1時間)

医療従事者(国家資格)* IFAセラピスト免除:IFAの解剖生理学テストも免除
* 医師、看護師、保健師、助産師、理学療法士、鍼灸師、柔道整復師
その他の特定の資格保持者**に付いては学内テスト(¥10,000税抜)にて75%ポイント以上を取得した場合免除:学内テスト、IFAテストは受験要(試験料、教材費¥20,000税抜) 

**目安は解剖生理学50時間以上習得:ITEC(解剖生理), CIDESCO, IFPA, AEAJ(アロマテラピスト)など対象

contact@lsajapan.com 宛にお申込みをご一報の上、上記を事務局まで募集締切日までに到着するよう郵送してください。
選考のうえ、ご案内を発送します。
b0164641_1058216.gif

[PR]
by lsajapan | 2014-03-05 11:02 | LSAについて
<< <68> 北海道医療大学を訪ねて <66> Costa Rica... >>