<47> Aromatic Candle Meditation:キャンドルを使った瞑想

b0164641_23522183.jpg
今年の年末セミナーは瞑想をテーマにして、静かに皆でろうそくを囲んで瞑想してみました。瞑想の指導は臨済宗の禅僧に仰ぎました。また過去にエサレン・インステテュートやチョプラ・センターでのワークショップ、ナパ(カリフォルニア)のヨガの先生について瞑想などを指導してもらった経験をもとに、入りやすい内容にまとめてみました。年末のセミナーは恒例になっており,たくさんの生徒や卒業生が集まってそれぞれの思いを語り、新しい年への決意を固める良い機会になっています。なので企画は毎年力が入ります。

義兄に頼んでカリフォルニアからオーガニック・ソイワックス(大豆由来のワックス:1991年にマイケル・リチャーズ氏によって開発されたそうです)を10ポンド(5キロ弱)と専用ガラス容器4ダースを送ってもらい、ソイワックス・キャンドルを作ってみました。ソイワックスはだいたい60度くらいで液化するので純粋な状態ではコンテナかガラス容器などを使って制作する必要があります。パラフィンワックスなど融点の高いワックスを混ぜれば、型抜きか棒状のロウソクもできるのですが・・・パラフィンは石油由来の材料ですし、煤煙(黒い煙)が出ます。ソイワックスは純植物性です。エッセンシャルオイルは湯煎したソイワックスに5%程ブレンドすれば十分な香りです。合成香料のような強烈な香りではありませんが、落ち着く優しい香りになります。溶けたワックスはマッサージオイルとして使えます。火傷しないように溶けたワックスを少し皮膚に擦り込むと香油のような良い香りです。1つのブレンドは、ヴィクトリア時代に流行ったラヴェンダーとアンバーグリスからインスピレーションを得て、ラヴェンダーとラブダナムを入れてふんわりとした昔のおしろいの粉のような香りを作ってみました。もう1つはヴァニラ・アブソリュートですが、これは濃すぎて色が均一につかずに今ひとつ。香りは抜群ですが・・・他にゼラニウムとオレンジ、イランイラン・エクストラとクラリーセージなどいくつかトライしてみました。エッセンシャルオイルとソイワックスだけで作ったキャンドルは、本当に優しい香りで室内をよいエネルギーで満たしてくれるという話も聞きました。(それでも二酸化炭素は出ますけど)ワークショップ参加者にお土産として出すことに決め、数日前の夜に20個ほど作った後は、香りでヨレヨレになってしまいました。一度に20個は無謀でした。

ところで瞑想は目を閉じて行なう方法、半眼で行なう方法、目を開けた状態で行なう方法とあり、キャンドル・メディテーションは半眼で行なうのがお勧めです。目でじっと見るのではなく,意識を固定する的にします。キャンドルの炎の中に何か見ようとするのではなく、穏やかに気持ちを集中します。日々の生活で慣れている五感を鎮め、心を鎮め、日常を超えた感覚を高めつつ、しっかりと覚醒している状態を目標とします。
b0164641_23541244.jpg
瞑想はいろいろな形態があり、静かに座る方法の他、太極拳や気功、ヨガ、スーフィー教のダーヴィッシュ・ダンス、合気道、生け花などの動きのある瞑想もあります。息子のマシュー曰く「ロック・クライミングしているときは、ほぼ瞑想状態」だそうです。他のことは何も考えず、ある種の集中力を保つ方法です。私もオーストラリアのドライフラワーのアレンジメントを3年ほど学んでいたことがありますが、常に自然の中にあるようにイメージを持って数時間アレンジメントに集中した後は、スッキリとした状態になるのに気がつきました。

禅僧の惺山のアドバイスは丹田を意識すること。座る前に少し身体を温める運動を教えていただき、皆で無理のない程度(かなり高度な方法です。頭の上に石を乗せたり・・・)に実践して、丹田の位置を身体で確認して座ります。やはり静かに座るためには過剰なエネルギーをはらい落とし、落ち着いた状態が必要と感じます。クリスタル・セラピーを学んだカトリーナ・ラファエル氏も瞑想前にはヨガをすることを勧めており、うまく座れない時は30分ほどヨガをしたものです。せめてサンサルテーション5回やってみてください。違います。

今年も後1日を残すところとなりました。深く考えさせられることも多かった1年ですが、いつも明るい方に向いて進んで行きたいと思います。皆様よい新年をお迎え下さい。
b0164641_01258.jpg
これはおまけで、今年のキャンドルの思い出です。サンフランシスコに住むナタリーが仕事で東京国際映画祭に来た時、10月生まれどうしで広尾のレストランで6人でお祝いしてもらった時です。このあとの瞬間2人で願い事を決めてキャンドルを吹き消しました。
[PR]
by lsajapan | 2011-12-31 00:07 | セミナー
<< <48> Devil’s Fo... <46> Christmas ... >>