<13> 湖水地方 — The Lake District

学生時代からずっとお友達の美貴ちゃんはもう18年もイギリスに住んでいます。ロンドンに行けばいつも甘えて長期間泊めてもらい、一生かかっても返せない恩があります。それなのにまたまた甘えてしまい湖水地方への家族旅行に連れて行ってもらいました。今回のイギリス行きのことをメールでやり取りしていた時に「一緒に行く?」と聞かれた時、心の中で「これを逃したら一生行けないかもしれないよ」という囁き声がし、すぐに「行きます!!」と返事。よくよく地図で見てみると湖水地方はイングランドの北の端でスコットランドは目と鼻の先の位置です。今月洪水があったので新聞で読んだり,テレビで見た方もいらっしゃると思います。

平地の多いイングランドの中では珍しく山(1000m以下の丘以上山未満、Fellと呼びます)の多い地方で何百年も変わらない町並みや風景が多くのファンを引きつけるわけです。美貴ちゃんのご主人のデイヴィッドのご両親はここに住んでいたこともあり、愛着のある場所ということもあり秋には毎年旅行に来るそうです。「天気は悪いわよ」とクギをさされ、トレッキングシューズやウォータープルーフのジャケットなど用意して行きました。車で4人家族プラス私で高速にのって6時間・・・のはずが混んでいて8時間。でも自分が運転しないとなんて楽。あっという間でした。途中オックスフォード、バーミンガム、マンチェスター、ブラックプール、リヴァプールなど知っている地名が続々と目につきます。イギリスは案外小さい国なんだということを改めて認識しました。周りの車をよく見てみるとこちらと同じく、アウトドア用品、皆の荷物、食べ物や日常用品を車に詰め込んですごいことになっていて、皆家族旅行をしているようです。

私たちが滞在したのはBowness of Windermereで、風景は素晴らしく、心が洗われるようです。初日のトレッキングはずっと険しいスレートの岩がごろごろしている上り坂で、7割くらい行ってリタイアしてしまいました。昔ワンダーフォーゲル部の方々がごつい靴を履いてトレーニングしていた意味がやっとわかりました。ずっと険しい階段を登っているような感じで、おまけに雨と風・・・これはわりとハードです。皆構わずトレッキングを楽しんでいるようで、他の人たちもセッセと山登りしています。デイヴィッドに言わせると「この天候の中にいると自然を感じるので好き」だそうです。私にとっては新しい自然の楽しみ方とでも言いましょうか・・・私が挫折してしまったFellは“伝説のFellwalker”の本によるとHelm Cragという名前で、頂上の石に”ライオンと羊“という名前がついています。下からその巨大な石は見えました・・・・

今回の旅行でひとつずっと試してみたかったエッセンシャルオイルの使用法をやってみました。サウナにある石にかけてみるという方法です。美貴ちゃんのご家族に便乗させていただいて滞在したベケーションハウスには地下にサウナがあり、毎日夕食前にはサウナに入りました。フィットネスクラブやスパのサウナだと勝手なことはできませんが、ここなら大丈夫。水の入った桶にエッセンシャルオイルを5〜6滴たらしてから付属の木製のおたまのような特大スプーンで熱くなった石にかけます。すぐに蒸気になって何とも言えず良い香り。ベイローレルやブラックスプルースでやってみました。ジュニパーもよかったですよ。毎日日替わりで楽しみました。他のご家族もすっかり気に入ってくれたようです。

有名なブラックプディングも本格的に朝食でいただきました。通常は朝は浄化の時間としてフルーツしか食べない私も旅の間は少し自由にしてみるのもいいと思い、本当に真っ黒に焼き上がった豚の血入りのソーセージを恐る恐る食べてみました。冬場に雨が多く、大変寒い地方は体力もいるということで、このような食べ物が生まれたそうです。セロリシードの味が利いており、小麦粉も入っているので案外食べやすい不思議な味、食感でした。

貴重な体験をさせていただきありがとう。美貴&デイヴィッド。
b0164641_2358732.jpg

[PR]
by lsajapan | 2009-12-02 00:00 | 海外にて
<< <14> Merry Chri... <12> 大英博物館 — Br... >>