<94> サンフランシスコの夏休み

8月はサンフランシスコ(ベイエリア)で2週間ほど過ごしました。いつものように天気がよくて昼間は25度程度、朝晩は8度くらいまでに下がります。1年中同じような気候ですが、やはり夏はお花がたくさん咲いているし、華やかな感じです。今年は冬場にエルニーニョの影響で雨が多かったそうなので、例年よりも風景がよりグリーンです。でもエサレン・インスティテュートのあるビッグサーの内陸部では山火事が7月22日に発生してすでに7400エーカー(1エーカーは1200坪)を焼き尽くしています。4100人程の消防士が消火活動に従事しているそうで、モントレーの街角や家の前には"Thank you, fire fighters! We love you!" というサインや横断幕を目にします。
b0164641_239527.jpg
モントレーには有名な水族館があり、久しぶりに行きました。でも入場料が49ドル95セント!年間パスかと思っちゃいました。マシューと2人(主人はゴルフ)で100ドルだ〜!それじゃあじっくり見ようと2時間半もクラゲやおいしそうなアンチョビやツナ、レスキューされた海鳥たち(特にパフィンが可愛い!)などから、イゾギンチャク、ウミガメ、スタインベックの小説の裏話の展示までよ〜く見て来ました。
b0164641_2312223.jpg
クラゲたちが美しく有名
b0164641_23401054.jpg
パフィン
b0164641_23133056.jpg
マシューの昼食。ロブスターサラダサンドイッチ・・・巨大です。

オリンピックはアメリカサイドから見るのは何度か経験していますが、中継される部分が全く違うので面白いです。もちろんアメリカの選手が主体となりますが、アフロアメリカンの女性の検討がすごく、体操、陸上、水泳で絶賛されていました。水泳はアメリカではアフロ系の選手はほとんどいないというのが伝統のようですが、今回アフロアメリカンの女性の選手(シモン・マニュエル)が金メダルを取ったので話題になっていました。日本の選手たちの体操や水泳の健闘も讃えられていました。

カリフォルニア大学バークレー校の植物園にも行きました。1万2千種類の植物が世界の地域別に植えられていて、マダガスカルからオーストラリア、地中海地方、南米、アジアの植物まで見ることができました。中国のメディシナルハーブのコレクションもあり、乾燥に弱い種は辛そうでしたが学ぶものが多くありました。カリフォルニアは基本的に乾燥地帯なので、家庭でも水を多く必要としない植物を植えるのが流行っており、ショップには多くのサキュランツ(多肉植物)がハーブ類と共に売られています。素敵なものがいっぱいです。ドライガーデン専門の本も売っています。南フランスと北カリフォルニアの気候は似ているので、ナパやソノマで良いワインが育つわけで、ローズマリー、ラヴェンダー、マートル、オリーブなどの植物もよく見かけます。標高の高い山は少なく、サンフランシスコは坂が有名ですが、ツイン・ピークスでも280メートルくらい。これが大きな違いですね。
b0164641_23184982.jpg
キャー!これ何?マダガスカルに育つカクタスの一種です。
b0164641_23213166.jpg
クラリーセージ
b0164641_2321202.jpg
エキナセア、ラヴェンダーなど
b0164641_232151100.jpg
マヌカ(赤花)

バークレーには大学付属のいろいろな施設が利用できて、ミュージアムにも行きました。チベット仏教のコレクションと中国の水墨画展をしていました。入場者が少ないので、ゆっくり360度眺めることができ、写真も撮ってかまいません。フラッシュはやめて、何枚か取ってiPhoneの壁紙にすることにしました。バークレーは昔から仏教に興味を持つ人達が多く、Shambala Publishingというチベット仏教専門の出版社もあります。チベット僧によるワークショップも年に何回かするようです。タンカやプリントを何枚か過去に購入したことがありますが、今回は仏画の描き方の本(かなり本格的なもの)を参考までに買いました。
b0164641_23225223.jpg

ジャイ・ウッタールというグラミー賞にノミネートされたアメリカ人ミュジシャンですが、インド系の音楽を多く発表しています。随分昔にナパのヨガの先生にCDを紹介されて,よく聞いていました。その彼がバークレーのナマステヨガスタジオで子供のためKIRTAN(キアータン)セッションをするというので、即申し込み。マシューとカイラとラナも一緒に参加して、楽しいミニコンサートでした。彼のようなレベルのミュジシャンがヨガスタジオで気軽に子供相手にインド神話をお話ししながら、一緒に歌って踊るなんて信じられないです。奥様(インドの方でした)も息子さんもいらっしゃっていました。他の参加者も小さな赤ちゃんから5才くらいの子供まで「ナマシバーヤ、ナマシバーヤ」と一緒にノリノリで歌いました。ガネシャやハヌマン、ゴーパラなどの物語を語り、踊ったり,歌ったり。最後はシャバアサーナのよう、皆で静かにお昼5分間。本当に魂に栄養を与えるような豊かな時間でした。
b0164641_23244470.jpg

Jaiuttal.com でジャイの活動を知ることができますが、私たちのコンサートの2日後にはサン・クエンティン刑務所(刑務所の中でも重罪犯が多く入っているので有名)でのコンサートがあったようです。ブログに書いてありましたが、凶悪犯もいる中で何回かコンサートをしてきたらしいのですが、通常は数人が一緒に歌って、踊る人は10数人、後は表情を変えずに座っているらしいです。でも8月8日のコンサートではマントラのドキュメンタリーフィルムを見た後だったらしく、全員が歌って踊ってくれたらしいです。宗教的なバックグラウンドも様々な中、すごいことと思います。
b0164641_23242829.jpg

日本でもエコロジカルな取り組みは進んでいますが、こちらでは1年前よりもさらに進み、お店では買い物をしても袋に入れるというのは、完全にオプションになっていました。「袋いります?その場合は10セントです」とか、店によっては「レシートいります?」「お願いします」と言ったらアイパッドにメールアドレスをインプットさせられて「はい、送りました」と完全にペーパーレス。「プリントアウトしないんですね」「そうです。プリンターはないんですよ」とスパイスショップの若い超ハンサムなインド系の男性。もちろん、それがいいですよね!オークランドのレイク・メリット沿いにあるこのお店はヨーロッパからインド、メキシコ、ジャマイカまで幅広いスパイス・ブレンドを買うことができて、とても楽しかったです。七味唐辛子も量り売りで売っていましたが、ちょっと色合いが違っていましたが・・・・スモークした塩やパプリカが流行しているようです。カプレーゼに振りかけてみたら、何とも言えない深い味わいがします。
b0164641_23252557.jpg
レイク・メリットの周りに植わっている木は皆ユタジュニパーのようにねじれています。調べてみたらオーストラリアンティートゥリー(Leptospermum laevigatum)だそうです。フトモモ科ギョウリュウバイ属、もしくはネズモドキ属と日本語では呼ばれているグループの木で、マヌカの一種です。ジュニパーはセイヨウネズなので、なるほどと思いました。
b0164641_23352236.jpg

バークレーにある“シェ・パニーズ”というレストランはご存知の方も多いと思いますが、オーガニック素材を使った料理、そしてカリフォルニア・キュイジーヌの発祥の地と言われています。オーナーのアリス・ウォータースの本は日本語版も何冊か出ていて、センスの良い健康的な料理を紹介しています。“食育”に関しても昔から取り組んでいて、小学校で野菜を育てて、実ったもので料理を作ると言うプログラムを行なっています。アメリカでも野菜はスーパーマーケットからやって来ると思う子供が案外多いそうです。そして日本では当たり前ですが、“旬の素材があって、それをどう食べるか考える”という姿勢です。だからシェ・パニーズではレストランの方では、その季節に合ったひとつのコースだけを日替わりで提案しています。カフェの方ではアラカルトもいくつかありますが、毎日仕入れたものでメニューを考えるスタイルです。お料理も美味しいですが、そこの根底に流れている精神がよいです。人気が出ても決して他に店を出しません。ウェイターもウェイトレスも料理人たちも、皆そろってグッドルッキング。そして仕事をとってもシリアスに捉えて励んでいる姿がよくわかります。素敵。受付業務をしている女性と話したら「30年働いています。とてもラッキーだと思っています」とおっしゃっていました。
b0164641_2336243.jpg

メニューの一例:おしゃれすぎる!!
➢オヒョウ(白身魚)のイチジクの葉での包み焼き、ペペロナータ(焼きパプリカのマリネ)とポテト、マジョラム、アイオリ添え
➢クリスピーポレンタ(トウモロコシの粉を煮てオーブンで焼いたもの)とグリルドズッキーニ、クランベリービーンズ、チリオイル添え
➢ロブスターラビオリ、シャンテレール(杏茸)、スクワッシュの花
➢ワイルドネトルのパッパルデッレ、マッシュルームとパルメジャン
➢夏野菜のミネストローネ、マージョラムペスト添え
b0164641_1202775.jpg
         クランベリービーンズ・・・・可愛い!
b0164641_23372048.jpg
           シェ・パニーズのエントランス

シュナウベルト博士とは家族ぐるみでお付き合いさせていただき、特に私の主人と息子さんのジュリアンが話が合う!特に車とファッション?いつも二人はちょっとだけジュリアンのスポーツカーでその辺をドライブに出かけます。前はカマロだったけれど、最近はムスタングにしたそうで、その型がマニアにはたまらないようで、よく知らないですが。私たちは精油の話や南フランスの今年の状況などを話しました。珍しいプロヴァンス産のヘリクリサムやフレッシュなイタリア産オーガニック・レモンなど、たくさん仕入れて来ました。今月末までセールをやっていますので、ショップサイトを見るかcontact@lsajapan.comにお問い合わせ下さい。シュナウベルト博士は11月に来日予定です。
b0164641_23382622.jpg
目の前の巨大ピッチャーに注目!これお代わりしていましたが、誰も顔は赤くならないし、何も変わらない。どうして?
[PR]
# by lsajapan | 2016-08-27 23:42 | 海外にて

<93> 熊本・大分 震災のためのチャリティーセール

4月14日以降、断続的に続いている熊本県・大分県の震災におきまして、遅ればせながら
犠牲になられた方々に心からの哀悼とご冥福をお祈り致します。また
、先日最後の行方不明者が見つかったという報道も聞きました。ご遺族の方々に心よりお悔やみ申しあげます。
そして被災された皆様にはお見舞い申し上げます。

すでに皆様も様々な義援活動をされているかと思いますが、2014年のマダガスカルへの旅行の際にご一緒したメンバーに九州在住の方々が数名いらっしゃり、すでに有志で行なった献金の他に何かできないかと考えておりました。しばらく参加者と共にメールのやり取りをした後、マダガスカルの旅行に同行された当校のPEOTコースの香料と調香のクラスを受け持たれている調香師の吉原正明先生が、香料会社での長い経験と天然精油の調香のノウハウの詰まったフレグランスベースを調香してくださることになりました。
b0164641_12385367.jpg

このフレグランスベースの特徴は、ただ使用するだけの製品ではなく、好みの精油を加えてバランスをとりながらオリジナルのコロンを作ることができるところです。決してランダムに精油を加えるのではなく、吉原先生が提案されている数種の精油を許容範囲内で加えることにより、バランスの取れたコロンが失敗なく出来上がります。ブレンド法は吉原先生のプリント3枚と、その解説プリントが説明書として付き、本格的なコロン作りを学ぶことができます。

自分たちではどんなに努力してもバランスの取れにくいコロンやパルファンですが、0.01gまで計量して作ったプロの作品を参考にすることにより、納得することも多いかと思います。
b0164641_1246734.jpg

フレグランスベース(精油5%)2種
b0164641_12394545.jpg

<ラヴェンダー・ウォーター・ベース> 50ml  ¥4,320(税込)
フレッシュなラヴェンダーの香りを基調としたクラッシックでエレガントな香りです。オーデコロンの基本的なシトラスノートとフローラルノートのブレンドにアンブレットシードとレジノイドが少量加わって、天然精油だけでここまで洗練された香りが出来上がるということで、感激する香りです。
そのまま使用してもよく、少量の精製水を加えたり、他の精油を加えて使用することもできます。どのようにバリエーションをつけてオリジナルのコロンにしていくかは、説明書を参考にして下さい。
b0164641_12401994.jpg

<フゼア・フレグランス・ベース> 50ml ¥4,860(税込)
ラヴェンダー、オークモス、クマリンを基調としたシダの香りをイメージした香りです。華やかで重厚感があり、メンズフレグランスとして有名なタイプですが、ここにジャスミンを加えるとシプレ調になります。今回、このベースにはオークモスは入れておらず、ヴァージニアシダー、パチューリ、トンカビーンズで個性を出しつつ使用しやすい香りになっています。レモンやグレープフルーツ、またはローズマリーやタイムリナロールなどを加えればフゼア・フレッシュ、サンダルウッドやオークモスを加えればフゼア・ウッディ、シスタスを少量加えればフゼア・アンバーになります。

フゼアのコロンにはオークモス(今回のフレグランスベースには含まれていません)やトンカビーンズ、アンブレットなどが含まれますが、追加でブレンドしたい方のために、各種コンセントレ(5%アルコール稀釈、コロン作成用)も期間限定で発売します。(オークモス、シスタス、アンブレットシード、トンカビーンズ、ヴァニラ)
b0164641_12504868.jpg
フゼアとは1882年発売のフゼア・ロワイヤルから始まった有名な香調です。フゼア調は主に男性向きですが、ジャスミンなどを加えたら女性向きのシプレ調になります。今回のフレグランス・ベースの5ページに渡る説明書には、より詳しく記述しています。参考にして下さい。
b0164641_12404476.jpg

さらに復興に向けまして、少しでもお役に立てることを願ってLSA Japanではロタンシエル・スプリングセールのラヴェンダーファイン2015の売上金を半額義援金として寄付したいと思います。さらにご賛同いただける方は、引き続きどうぞご協力お願いします。義援金(熊本県と熊本の末廣様に半分ずつ寄付します)の最終的な金額の報告はLSAのfacebookとショップサイトのトップにセール終了後(8月21日)の1週間後には発表致します。
b0164641_1241977.jpg
昨年の7月初旬です。今年は全く同じ時期にニースでテロがあり、とてもショックを受けています。

ラヴェンダーファイン2015 Lavandula angustifolia
シソ科 南フランス産 10ml ¥2,720(税込)
南フランスの高地ソーで有機栽培したラヴェンダーファインです。これはポピュラシオン(population)で種子から育てた栽培種なので、成分にバリエーションが多いためにより繊細で穏やかな香りが特徴です。通常高地ラヴェンダーとして販売しているメイエット(クローン)のビビッドな香りと比較してみるのも良いかと思います。特に昨年のこの精油は特別で、価格が少し高いのですが、シュナウベルト博士のご配慮で価格を通常の高地ラヴェンダーと大きく変わりない設定にできました。限定品です。今回のフレグランスベースにはこのラヴェンダーファインを使用しました。「このラヴェンダーはすごく香りがいいですね!」と吉原先生のお墨付きをいただきました。価格の半額を義援金とさせていただきます。

末廣勝也様は炭焼き技術を持っている農家を営んでおり、谷田貝教授の指導の元に東南アジア(ラオス、ミャンマー、ネパールなど)やアフリカ(マダガスカルなど)の国々の放置竹林問題や環境問題に全力で取り組んでいます。豊かな資源を元にして炭焼きの技術を教えて収入の道を助けたり、子供たちの識字率を上げて希望の持てる将来のために役立つよう、文具の寄付などの援助活動をされています。今回の地震で五機あった様々な種類の炭焼き釜がほとんど壊れてしまったということです。震災後もすでにラオスでの活動をされているそうですが、資金源にもなっている炭焼き釜など一刻も早く復興して下さるようにご協力下さい。
http://www.takesumi.net/
[PR]
# by lsajapan | 2016-07-29 12:46 | イベント

<92> ラジオ出演

ラジオの生番組に出演するために半蔵門のTokyo FMに行ってきました。皇居の目の前です。
b0164641_2337862.jpg
19日のお昼からの番組で「Simple Style-オヒルノオト」というのがあり,その中での15分枠のインタビューでした。

出演の30分前にスタジオに行くことになっており、遅れないように緊張しながら7階のスタジオに行くと、打ち合わせをしている人やラップトップのコンピューターを覗いている人達などがいて、まるで蔦屋家電かスターバックスのよう。その奥には生番組を放送中です。
b0164641_23472382.jpg
放送中の番組の内容が聞こえ、ちょうどル・コルビュジェが設計した国立西洋美術館がユネスコ世界遺産に決定したことが話題になっていました。何しろDJ("パーソナリティー"とか"ナビゲーター"と言うのが今風ですが)の板井麻衣子さんの声が落ち着いて明確で、とっても良い感じです。

打合せを待っている間にニュースの時間になりました。ものすごく素敵な声の男性がニュースを読んでいます。後ろ姿しか見えません。和製ジョージ・クルーニーみたいな方なのでしょうか?そんな声です。あんなに素敵な声だったら、声に保険かけておいた方が良いのではないかと思うくらいです。風邪引かないように気をつけないと・・・・ありゃりゃ?短パンはいているんだ・・・

そんなんことをしている間に打合せの時間となり、アシスタントディレクターの方とインタビュー内容を一通りリハーサルがてら話し合いました。そして彼がササッとメモ書きした書類を出演数分前に板井さんに渡して、私は曲のかかっている間にスタジオに入ります。「うわ〜いきなり本番なのね」と心の動揺を隠し、緊張でゲホゲホ言ったらどうしよう・・・どもったらどうしよう・・・などと数秒間パニック。でももう始まってしまいました。先程のアシスタントディレクターの方たち3人がガラス越しのコントロールルームでニッコリ笑って見ています。アイコンタクトしたり、画面に様々な表示が出て、それを見ながら板井さんが私のことを紹介します。「よろしくおねがいしま〜す」という感じで和やかに会話が始まり、80年代のアロマテラピーとの出会いから質問が始まりました。

板井「バーグさんが感じるアロマテラピーの魅力は何ですか?
私「芳香植物の利用は古代から長い歴史があって自然療法だけでなく、香料としてや美容や宗教儀式に使用してきたので多種多様な使い道があるところです。それと世界中の人々が身近な芳香植物を利用して来たので民族の智慧がつまっています」
板井「すごいですね!世界中の芳香植物と言うと、精油はいくつくらいあるんですか?」
私「天然精油としては300種程が市場に出ているそうです。でも主にフレーバーやフレグランス産業に使用されるものが多く、アロマテラピーでは60種くらいが一般的に使用されます」

そして私の最新の著書『アロマテラピー精油事典:150の精油全ガイド』の紹介になり、どのようなことにこだわったか、なぜこの本を書こうと思ったか、夏のお勧めレシピ、保存法や注意するべきことなどを聞かれました。質問は本当に適切で的を得ていて、15分間でスッキリとアピールできたと思います。

板井「最後にアロマテラピーを通じてバーグさんが伝えたい思いを教えていただけますか?」
私「世の中にはお手軽な"これだけ使えばやせる"とか"年取らない""きれいになる"などの1〜2種類のサプリメントや簡略化されすぎたダイエット法などがマスコミで話題になり,皆がワーッと試してみては廃れて行く。でも、やはり人は皆それぞれ個性があり、体質、気質、遺伝、ライフスタイル、好みなどがあるので、その時の自分に一番合ったものを使って行くべきで、それを面倒だけれどしっかりと勉強して見つけて行く。それが大切なんです。精油もラヴェンダーとローズマリーだけでなく、ここには150種紹介しました。必ず今の自分にぴったりと合うものが見つかるはずです。この本で勉強して下さいね!」

わーうまくまとめたぞー!!音楽がかかっている間に少し雑談して板井さんと写真を撮ってお疲れさま〜となりました。とっても楽しかったです。今まで2回程ラジオ出演したことがありますが、どちらも収録だったので、今回のような緊張感はなかったです。でも実際の放送を間近で見ることができて,とっても刺激的でした!

Simple Style ーオヒルノオトー ウェブページです。
http://park.gsj.mobi/news/show/25276
b0164641_0481266.jpg

[PR]
# by lsajapan | 2016-07-22 00:49 | イベント

<91> 出版セミナー

b0164641_0472514.jpg
新刊本の出版セミナーをしました。懐かしいお顔や馴染み深いお顔、そして初めてお会いする方など,たくさんの皆様にお会いできて嬉しかったです!参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。午後の部の一番最後に残っていた方々で写真を撮りました。この本はきっとお役に立つと思います。アマゾンのアロマテラピー部門で5位になっていました。まだ画像も入っていない状態ですが・・・
b0164641_0482021.jpg
7月31日にもう1回出版セミナーをしますので、お時間が合いましたら是非ご参加下さい。珍しい精油の数々を紹介したり、よく知っている精油の深〜い話もしました。古典的な精油の抽出法の貴重な写真や、最新の精油の研究(アルツハイマー型認知症やアンチエイジングが断然多いですが)も紹介させていただきました。皆様の研究のきっかけになると良いです。

次のプロジェクトも控えています。ワンダ・セラー氏のアロマテラピー時代小説です。もう翻訳は終わっているので、後は注釈やレシピを打合せして入れていく作業が残っています。その後はシュナウベルト博士の本です!今年中に片付けるように一生懸命取り組もうと思います。
[PR]
# by lsajapan | 2016-07-09 00:56 | イベント

<90> アロマテラピー精油事典:150の精油ガイド

この半年間、せっせと取り組んで来た本がもうすぐ出版されます。オールカラーでとても素敵な本です!150種類はたくさんなので、ユーカリの近縁種を1種ずつにして・・・と最初は考えましたが、そんな悠長なこと全く無理で、入りきらない精油もまだまだありました。

イラストはサンフランシスコ在住のアーティストのミシン刺繍です。雰囲気があり質感もよく出ていてうっとり。
b0164641_23152087.jpg
スィートオレンジ
b0164641_23145429.jpg
ヤロウ
b0164641_23104753.jpg
表紙の写真はスタイリストの石井さんが四国のハーブガーデンから取り寄せたものや、私のマダガスカルやコルシカから持ち帰ったベティバーやヘリクリサムをアレンジしてくださいました。
b0164641_23101165.jpg
フォトグラファーは下村さん。作品を見ると、女性ならではの繊細な雰囲気がとっても心惹かれます。前に雑誌の記事の撮影でフォトスタジオに行った時にも見ましたが、昔のように光の加減を時間をかけてチェックしなくても、ポラロイドを使って試し取りしなくても、すべてコンピューターがやるので、時には被写体を見ずにコンピューター上に映し出された画面を見ながらシャッターをキーボードで切っているので、不思議な感じでした。

今回は出版社からの企画で、一般の方も手に取る本ということで、言葉の説明や表現もわかりやすく書きました。思えばずっとアロマテラピーをよく知っている、少なくとも頑張って勉強して行きたいという意気込みあふれた人々に囲まれた人生だったので、一般の人々はどのくらい理解できるかできないかが、自分はもうわからないのでは・・・と途中で行き詰まりそうでした。今までは本を書く時もアロマテラピーを良く知っているスタッフと仕事をして来たので、その辺もとても楽であったということに今更ながら気がつきました。
b0164641_23121420.jpg
いつも授業をしているクラスルームが2日間だけスタジオに変身。まるでパリのフリーマーケットのように様々なおしゃれな小物に囲まれ(すべて撮影小道具)、試し取りの写真を並べて貼ったりと楽しい雰囲気。

でも150種もの精油の本を一般の人が読むかな〜という一抹の疑問もあります。そしてあまりに親切すぎると予めデザインされた限られた字数に書きたい情報が入りきれない部分もあり、心穏やかでいられずに「2、4、6、8・・・」とひたすら字数を数えて表現を変えたり苦労しました。そして私が入れたい情報が、難し過ぎて(決して難しくないのですが)初心者の読者にはアピールしないのではというような場面もあり、これも今までになかった経験で勉強になりました。

私のネイタルチャートのMCに冥王星がコンジャンクションしている最中の仕事で思ったよりも大変でしたが例の如くリサーチは楽しくて、毎日がアドベンチャー!という感じでした。イブン・スィーナの本をもう一度読み直したり、過去に行った各国の農場からの資料やガスクロマトグラム、1960年代の本からピエール・フランコム先生が去年出版された本も取り寄せて、仏和辞書を引きながら読み進めて勉強しました。多くの研究論文や企業の研究成果などにも目を通しましたし、どんなに調べても学名が混乱しているものは専門の先生にお聞きしたり、化学も丸山先生にチェックしていただきました。

出版は少し早まったようで、6月下旬です。本屋にも並びますので、見に行って下さいね!出版セミナーもします。書ききれなかったことなどもプロジェクターを使って紹介しますね。様々な精油を紹介しながら、レシピも交えて進めて行くので、今からいろいろ考えています。
[PR]
# by lsajapan | 2016-06-09 23:27 | イベント